YOSAKOI

YOSAKOI(よさこい)は、高知県よさこい祭りから端を発した、踊りを主体とする日本のの一形態である。1990年代北海道札幌市YOSAKOIソーラン祭りが成功したことにより、そのノウハウをもとに2000年代にかけて各地に広がった。

2006年・原宿
2012年・姫路

沿革

  • 1950年昭和25年)、南国高知産業大博覧会(高知市)において「よさこい踊り」が披露された。
  • 1954年(昭和29年)、高知市において第1回「よさこい祭り」開催。
  • 1992年平成4年)、札幌市において第1回「YOSAKOIソーラン祭り」開催。
  • 1999年(平成11年)、高知市「よさこい祭り」で第1回「よさこい全国大会」開催。
  • 2011年(平成23年)、東日本大震災を機に、全国組織の「YOSAKOI! JAPAN連絡協議会」発足[1]

特徴

「よさこい系」「YOSAKOI系」の祭は、以下のようなフォーマットを踏襲している。

  • 鳴り物:手に鳴子(なるこ)などを持って、鳴らしながら踊る。
  • 曲:地元の伝統民謡、又はご当地ソングを5分程度にアレンジ(ジャズダンスディスコヒップホップ風が多い)した曲に合わせて踊る。
  • 衣装:おもに和風にアレンジされたデザインのチームオリジナルの衣装を着る。曲中の演出として連続早着替え(衣装チェンジ)等の工夫を凝らす団体も存在する。
  • 化粧:歌舞伎日本舞踊バレエ・等の舞台化粧や、そのアレンジ、フェースペインティング、等、各自で工夫する。
  • 演舞:各チームごとに独特の振り付け(ステージ形式、パレード形式)を織り交ぜた集団での踊り。

この他については、各地域ごとにルールは異なっている。

装置集約型の七夕祭り等は開催する商店街の出費が多いが、YOSAKOI祭りは踊りを主体とした参加者集約型の祭りであるため、主催者側の持ち出しが少ないわりに規模拡大や集客効果が期待出来、短期間に各地に広がった。ただし、踊りに参加する各団体は、練習場代・衣装費・移動費などを自ら出費した上で参加費用を払っており、祭りの主催者の受益と参加者の出費とのバランスの悪さがしばしば問題になる。特に、グッズ販売や参加料の徴収など、主催者側の商業的な面が強い祭りに対しては批判も少なくなく、公益的な祭りを謳っていながら会計が不透明である等の批判を受けている祭りも見受けられる[2]

その他、地域本来の伝統文化とは無縁に組織されることもあり、祭りというよりも実質的には創作ダンスのコンテストとなってしまっているものもある。また、自由にアレンジできる反面、安易に曲の引用をするために、著作権侵害の問題も発生している[3]。また、一部では全国的に「YOSAKOI」が爆発的に増えたがために、よさこいそのものが飽きられる傾向が見られる。「静岡おだっくい祭り」等のようにイベントそのものが終了したり、各地のよさこいチームが解散も増加し、よさこいが衰退、凋落を辿って淘汰される傾向もある。札幌市の「YOSAKOIソーラン祭り」等では前述の金銭的な問題に加え、開催地の地元住民からも参加者のマナーの悪さや騒音問題、そもそも北海道と無縁の「よさこい」が開催されること等に対して批判的な声が上がっている。

主なよさこい祭りの規模

2010年度の実績。ただし、YOSAKOIさせぼ祭り、泉州よさこい、ドリーム夜さ来い、については2010年10月13日現在で未開催のため、エントリー数。

都市名称参加
団体数
踊り手
総数
(人)
観客数
(万人)
開催
日数
開始年典拠
高知市よさこい祭り191チーム19,0004日間1954年[4]
札幌市YOSAKOIソーラン祭り304チーム30,0002185日間1992年[5]
仙台市みちのくYOSAKOIまつり190チーム10,000472日間1998年[6]
坂戸市坂戸よさこい113チーム3日間2001年[7]
東京都東京よさこい113チーム2日間2000年[8]
東京都ドリーム夜さ来い102チーム7,000502日間2002年[9]
浜松市がんこ祭・浜松よさこい124チーム2日間2001年[10]
名古屋市にっぽんど真ん中祭り221チーム23,0002103日間1999年[11]
瑞浪市バサラカーニバル275チーム10,0002日間2004年[12]
京都市京都さくらよさこい124チーム202日間2005年[13]
大阪市こいや祭り117チーム3日間2000年[14]
泉佐野市泉州よさこい ゑぇじゃないか祭り103チーム1日間2004年[15]
神戸市神戸よさこいまつり126チーム3日間2002年[16]
岡山市うらじゃ142チーム6,800552日間1994年[17]
福岡市ふくこいアジア祭り101チーム602日間2000年[18]
佐世保市YOSAKOIさせぼ祭り202チーム3日間1997年[19]

全国のよさこい祭り一覧

日本全国で大小約200以上のYOSAKOIがある。

脚注

  1. よさこい、またこい 来年は宮城で全国大会検討河北新報 2011年10月10日
  2. 第42回社会教育研究会全国集会「若者の学びと文化」分科会・持ち込みレポート「続・YOSAKOIソーランがもたらしたもの」
  3. よさこい祭りに著作権料 日本音楽著作権協会が振興会に請求高知新聞 2008年12月27日
  4. 第57回よさこい祭り 参加チーム紹介(高知商工会議所)
  5. 第19回(2010年)開催結果(北海道のYOSAKOIソーラン祭り)
  6. みちのくYOSAKOIまつり 開催実績【1998年〜2010年】(みちのくYOSAKOIまつり)
  7. 坂戸よさこいチーム紹介(坂戸よさこい)
  8. 平成22年度 第11回東京よさこい 参加申込チーム(ふくろ祭り・東京よさこい)
  9. ドリーム夜さ来い 参加チーム一覧(ドリーム夜さ来い)
  10. 浜よさドットコム がんこ祭参加チーム紹介(がんこ祭・浜松よさこい)
  11. 「にっぽんど真ん中祭り 本祭二日目」(にっぽんど真ん中祭り)
  12. バサラ瑞浪公式サイト バサカニ2010登録状況(バサラカーニバル)
  13. サクヨサ.com 第六回参加チーム一覧(京都さくらよさこい)
  14. 第11回こいや祭り 参加チーム紹介(こいや祭り)
  15. 泉州よさこいゑぇじゃないか祭り(泉州よさこいゑぇじゃないか祭り)
  16. 神戸よさこい2010 参加一覧(神戸よさこいまつり2010)
  17. 参加一覧(第17回うらじゃ2010)
  18. 参加チーム一覧(ふくこいアジア祭り)
  19. 参加チーム一覧(YOSAKOIさせぼ祭り)
  20. 2012年第十回大会をもって終了。翌年「ざぁ静岡 はぐしゃれ夢まつり」として開催されるも、一回のみの開催に終わっている。

関連項

外部リンク

  1. 山内浩司 (2017年6月4日). YOSAKOI、実は札幌市民は嫌ってる?”. 朝日新聞社. 2017年9月10日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.