XTバス

XTバス(エックスティー バス、XT bus architecture)は、1981年発売のIBM PC 及び、1983年発売の PC XT に搭載された、8ビットバスである。

XTバス
XTバスのカード(上)。上から順に XTバス, ISA 16ビット, EISA
XTバスのピン配置

XTバスは8つの割り込みチャネル(IRQ)を持ち、そのうち6つが拡張スロットに引き出されている。また、4つのDMAチャネルを持ち、うち3つが引き出されている。

XTバスを更に16ビットに追加拡張したATバス(ISA、Industry Standard Architecture) とは下位互換性を持ち、共存もできるため、1990年代のISAバス搭載マシンにも搭載されていた。「8ビットISA」とも呼ばれる。なお1987年発売のIBM PS/2モデル25/30もXTバスである。

割り込み
チャネル
拡張スロット 標準で割り当てられた機能
0インターバルタイマ
1キーボード
2汎用(拡張カード用)
3シリアルポート(COM2)
4シリアルポート(COM1)
5汎用(拡張カード用)
6フロッピーディスクコントローラ
7パラレルポート
DMA
チャネル
拡張スロット 標準で割り当てられた機能
0DRAMリフレッシュ
1汎用(拡張カード用)
2フロッピーディスクコントローラ
3ハードディスクコントローラ

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.