WNBAドラフト

WNBAドラフトWNBA Draft)は、アメリカ合衆国女子プロバスケットボールリーグWNBAが実施するドラフト会議である。

概要

WNBAのドラフト会議は毎年4月にブリストルESPN本社で開催される。

指名を受ける資格は22歳以上で4年制大学を卒業した者、高等教育機関を修了した者、あるいは高校卒業から4年が経過した者に与えられる[1][2][3]

ドラフト指名は3巡目まで行われる。NBA同様「ロッタリー」が導入されているが、NBAとは違い3巡すべての指名順において各上位5位まで適用される。

歴史

WNBA初年度である1997年より行われている。第1回は分配ドラフト(国内既存チームの選手対象)とエリートドラフト(他のプロリーグ選手対象)と新人ドラフトの3部構成となっている。エリートドラフトでは萩原美樹子フェニックス・マーキュリーより4位指名を受けている。新人ドラフトは4巡目まで実施された。

1998年、マウゴジャータ・ディデックユタ・スターズより外国人初の全体1位指名を受ける。

2003年ドラフト指名が3巡目まで短縮された。この年には陸上競技のマリオン・ジョーンズがフェニックスよりドラフト指名された。

1位指名

選手 出身国 出身校/クラブ 指名チーム
1997エリートディーナ・ヘッド アメリカ合衆国テネシー大ユタ・スターズ
1997ティナ・トンプソン アメリカ合衆国南カリフォルニア大ヒューストン・コメッツ
1998マルゴ・ディデック ポーランドWychowania Fizycznego (ポーランド)ユタ・スターズ
1999シャミーク・ホールズクロー1,2 アメリカ合衆国テネシー大ワシントン・ミスティクス
2000アン・ワウタース ベルギーベルギークリーブランド・ロッカーズ
2001ローレン・ジャクソン3 オーストラリアキャンベラ・キャピタルズ (オーストラリア)シアトル・ストーム
2002スー・バード2 アメリカ合衆国コネチカット大シアトル・ストーム
2003ラトーヤ・トーマス アメリカ合衆国ミシシッピ州立大クリーブランド・ロッカーズ
2004ダイアナ・トーラジ 1 アメリカ合衆国コネチカット大フェニックス・マーキュリー
2005ジャネル・マッカービル アメリカ合衆国ミネソタ大シャーロット・スティング
2006サイモン・オーガスタス1,3 アメリカ合衆国ルイジアナ州立大ミネソタ・リンクス
2007リンジー・ハーディング アメリカ合衆国デューク大フェニックス・マーキュリー (MINからの交換)
2008キャンディス・パーカー1,4 アメリカ合衆国テネシー大ロサンゼルス・スパークス
2009エンジェル・マコートリー1 アメリカ合衆国ルイビル大アトランタ・ドリーム
2010ティナ・チャールズ1 アメリカ合衆国コネチカット大コネティカット・サン
2011マヤ・ムーア1, 2 アメリカ合衆国コネチカット大ミネソタ・リンクス
2012ネカ・オグウマイク1 アメリカ合衆国スタンフォード大ロサンゼルス・スパークス
2013ブリトニー・グリナー アメリカ合衆国ベイラー大フェニックス・マーキュリー
2014チニー・オグウマイク アメリカ合衆国スタンフォード大コネティカット・サン
2015ジェウェル・ロイド アメリカ合衆国ノートルダム大シアトル・ストーム
2016ブレアナ・スチュワート アメリカ合衆国コネチカット大シアトル・ストーム
2017ケルシー・プラム アメリカ合衆国ワシントン大サンアントニオ・スターズ
2018A'ja Wilson アメリカ合衆国南カリフォルニア大ラスベガス・エイサーズ
2019Jackie Young アメリカ合衆国ノートルダム大ラスベガス・エイサーズ
2020Sabrina Ionescu アメリカ合衆国オレゴンニューヨーク・リバティ

Notes:

  • 1: そのシーズンにて最優秀新人受賞.
  • 2: そのシーズンにてオールスター戦出場。
  • 3: そのシーズンにてオールスター戦補欠。
  • 4: そのシーズンにて最優秀選手受賞。

脚注

  1. Bishop, Greg (2009年6月16日). Rutgers Basketball Star to Turn Pro in Europe (英語). The New York Times. 2009年12月6日閲覧。
  2. Analyzing the WNBA's Mandatory Age/Education Policy from a Legal, Cultural, and Ethical Perspective: Women, Men, and the Professional Sports Landscape See Note #100
  3. Article XIII, Section 1 of the CBA; WNBA CBA

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.