Uniform Resource Identifier

Uniform Resource Identifier(ユニフォーム リソース アイデンティファイア、URI)または統一資源識別子[1](とういつしげんしきべつし)は、一定の書式によってリソース(資源)を指し示す識別子1998年8月に RFC 2396 として規定され、2005年1月に RFC 3986 として改定された。URI はUniform Resource Locator (URL) の考え方を拡張したものである。

URI は http/httpsftp などのスキームで始まり、コロン (:) による区切りのあとにスキームごとに定義された書式によってリソースを示す。また、URIによって示されるリソースはコンピュータが扱うデータに限らず、人や会社、書籍などを示すことも可能である。

URIスキームはIANAによって登録されたものが公式なものとされている。その一方で、 javascript のように未登録ではあるが広く使われているスキームも存在する。

URL と URN

URI, URL, URN の集合図

URI には、以下の2つのサブセットがある。

Uniform Resource Locator (URL)
リソースの「場所」を識別する。ネットワーク内の位置を示してリソースを同定する。
Uniform Resource Name (URN)
リソースの「名前」を識別する。もしネットワーク上にリソースが無くなっても、一意で永続的な識別を行えるようにする。例えば urn:ietf:rfc:2648 というURNは、RFC 2648への参照を示す。

2001年、W3CはRFC 3305[2]内で、上記の考え方を古典的な見解とした。ここで示されたW3Cの新たな考え方により、従来のURLとURNとはすべてURIと呼ばれることになった。URLやURNといった語はW3Cによって非公式な表現とされた。

2012年、WHATWGによってURL Standardの開発が開始された。URL Standardでは、目標の1つとしてRFC 3986 (URI)とRFC 3987 (IRI)を過去のものにすることを掲げている[3][4]。また、従来のURIやIRIを区別する必要が無いとして、すべてURLの語を用いている。さらに、W3Cでも、このURL Standardのスナップショットをワーキンググループノートとして公開している。

関連項目

参考資料

脚注

  1. JIS X 4159:2005「拡張可能なマーク付け言語 (XML) 1.0」日本産業標準調査会経済産業省 9頁
  2. RFC 3305 - URIs, URLs, and URNs: Clarifications and Recommendations 1.0
  3. URL Standard Goals (英語). WHATWG (2017年6月23日). 2017年6月23日閲覧。 “Align RFC 3986 and RFC 3987 with contemporary implementations and obsolete them in the process.”
  4. URL Standard (日本語訳) 目標 (2017年6月1日). 2017年6月23日閲覧。 RFC 3986RFC 3987 を現今の実装に揃わせて、その過程の中でそれらを過去のものにする。”
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.