Undecimber

Undecimber英語読み: アンディシンバー、古典ラテン語読み: ウンデキンベル)は、「13番目の」を意味する語である。日本語での定訳はないが、語源に照らせば「13月」ということになる。

グレゴリオ暦を初めとする通常の太陽暦(あるいは太陰暦)には1年に12の月しかないが、太陰太陽暦には、年によっては閏月のために13の月がある場合がある(日本などでは、通常の月と月の間に「余計な月」が入るという扱いである。ユダヤ暦では12月の後に月が入る)。その他にも提案された暦法などいくつかにあるのだが(13の月の暦)、コンピュータでそのような暦を扱う場合には、第13の月を取り扱う必要があり、プログラミング言語Javaのライブラリなどで使われている[1]

語源

Undecimber という言葉は、ラテン語で11を意味する undecim に由来している。この数のずれは、12月の英語名 December がラテン語で10を意味する decem に由来するのと同様である(詳細は「12月」冒頭部を参照)。

暦の例

ヘブライ暦の12番目の月はアダル月 (Adar) だが、閏年にはアダル月が2回あり、第1アダル月 (Adar I) と第2アダル月 (Adar II) となる。

Java

java.util.Calendar抽象クラス内の整数定数として、JANUARY~DECEMBERと同様にUNDECIMBERが定義されている。

javaでは、1月~12月を0~11で表し、1ずれている(この混乱を避けるため、月を指定するには数値ではなくJANUARY~DECEMBERの数値定数が好ましいとされる)。このため、UNDECIMBERの値も12である。

Undecember

Undecember という語が、13月を表すユーモラスな語とされる[2]

ユリウス暦紀元前44年に導入されたとき、年始を67日遅らせるため、12月の後に2ヶ月の閏月が挿入された。この2つの月を当時は intercalaris prior(前の閏月)・intercalaris posterior(後の閏月)と呼んだが、これを現在、UndecemberDuodecember と呼ぶことがある(たとえば世界暦協会[3]アシモフ[4])。

参考文献

  1. Philipp K. Janert, Ph.D. (2007年6月4日). Making Sense of Java's Dates”. On Java (O'Reilly). 2007年12月13日閲覧。
  2. Glare, P.G. (2002). Oxford Latin Dictionary. Clarendon Press. ISBN 0198642245
  3. Jézéquel, Jules (1937). “Why the World Needs This Reform”. Journal of calendar reform (New York: World Calendar Association) 7: 64.
  4. Asimov, Isaac; John Bradford (1963). The clock we live on (revised ed.). Collier Books. p. 118. ISBN 0200711008

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.