U字谷

U字谷(ユーじこく、ユーじだに)とは、氷河侵食によって地表がU字状に削り取られて生じた侵食谷のことである。氷食谷ともいう[1]

スイス・ユングフラウヨッホ麓のU字谷Stechelberg-Berneroberland,ヴェンゲン登山鉄道より

アルプス山脈ロッキー山脈ヒマラヤ山脈などの山岳地帯に多く存在する。日本では立山周辺などで観察される。

なお、U字谷に海水が流入して生じた細長い湾のことをフィヨルドという。また、U字谷に淡水がたまってできた湖を氷河湖という。

ギャラリー

脚注

参考文献

  • 岩田修二 『氷河地形学』 東京大学出版会、2011年。ISBN 978-4-13-060756-8。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.