SS寒天培地

SS寒天培地(エスエスかんてんばいち、Salmonella-Shigella Agar)とは、サルモネラSalmonella属や赤痢菌Shigella属を糞便検体から分離するのに優れた選択分離培地である。

画像提供依頼:SS寒天培地の写真(SalmonellaShigellaEscherichia Coli)等の発育が判り易いものの画像提供をお願いします。2009年6月

培地の組成

SS寒天培地の組成
物質
肉エキス5.0g
ペプトン5.0g
乳糖10.0g
デオキシコール酸ナトリウム8.5g
クエン酸ナトリウム8.5g
チオ硫酸ナトリウム8.5g
クエン酸鉄1.0g
ブリリアントグリーン0.00033g
中性紅0.025g
寒天13.5g
1000ml

純水に溶解し、PH=7.0になるように調整する。 なお、作成に当っては加温溶解としオートクレーブ等で滅菌してはならない。[1]

特徴

  • SS寒天培地は、デオキシコール酸ナトリウムなどの胆汁酸塩・クエン酸塩・ブリリアントグリーンの相互作用によりグラム陽性菌を中等度発育阻止し、また、大腸菌(Escherichia coli)などの乳糖を分解する腸内細菌の発育を抑制しかつ、発育してもコロニーがレンガ色に着色する為、乳糖非分解菌である、Salmonella属やShigella属等の無色半透明のコロニーとは容易に分別できる。
  • Salmonella属、Citrobacter属、Proteus属などの硫化水素産生が著名な菌属では、コロニーの中心部が硫化鉄により黒変する事により容易に判別できる。[1]

培養の方法

  • 培地は、平板培地を用いる。
  • 培地は使用する前に、無菌試験等を行ない問題の無い物を用いる。
  • 検体を採取後できるだけ速やかに培地に画線塗末する。
  • 平板培地を好気条件下において、35℃で18-24時間培養する。
  • 24時間で菌の発育を認めた場合には、さらに24時間培養を行なう。[1]

主な菌の発育の性状

SS寒天培地における発育性状
菌名性状
Escherichia coliわずかに発育・桃色又は赤色
Proteus無色・中心部が黒変・Swarming抑制
Shigella無色半透明
Salmonella無色・コロニー中心部が黒変
EnterobacterKlebsiellaわずかに発育・桃色
Pseudomonasわずかに発育・非定型
グラム陽性菌発育しない

SS寒天培地の改良品

一部の組成を変更した、変法SS寒天培地等が販売されている[2]

関連項目

脚注

  1. 岡田淳ほか (1994), 微生物学・臨床微生物学, 臨床検査技師講座, 22 (3rd ed.), 医歯薬出版, ISBN 4-263-22622-4
  2. 関東化学 (n.d.), サルモネラ・シゲラ寒天培地(改良型)(SS寒天培地), http://www.kanto.co.jp/rinsyo/pdf/325.pdf 2009年7月1日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.