SIG SG552

SIG SG552は、スイスシグ社(現スイス・アームズ社)により開発された特殊部隊向けアサルトライフルである。SIG SG550コマンドカービンバージョンSIG SG551をさらにコンパクトにしたもので、ハンドガードと銃身が短くなっている。現在は改良型のSG553にモデルチェンジされている。

SIG SG552
SIG SG552
SIG SG552
種類 小銃
製造国 スイス
設計・製造 シグ
仕様
種別 アサルトライフル
口径 5.56mm
銃身長 226mm
ライフリング 6条
使用弾薬 Gw Pat. 90 5.56mm
5.56mm NATO弾も使用可能
装弾数 20発/30発(湾曲箱形弾倉
作動方式 ガス圧利用(ロングストロークピストン式)、ターンロックボルト
全長 730mm
重量 3,200g
発射速度 780発/分
銃口初速 725m/秒
有効射程 300m
歴史 

概要

SIG SG550と異なり、リコイルスプリングはガスピストン部ではなくボルトキャリアの後ろに設置される。SIG SG550から標準装備であった折りたたみ銃床が引き継がれており、遠距離では照準を確実とする。

室内近接戦闘(CQB)などの超短距離戦では、発射可能な状態のまま銃床を折りたたむことで、銃全体を半分近くまでコンパクトにすることができる。後継のSG553ではリコイルスプリングがSG550同様、ガスピストン部に戻されている。

このモデルは、世界中の軍隊警察特殊部隊などといった法執行機関によって使用されている。

バリエーション

SIG SG552
SG550のコマンドバージョン。
SIG SPORT 552
SG552の民間用半自動バージョン。装弾数が10発になっている。
SIG SG553
リコイルスプリングをガスピストン部に戻したもの。347mmの銃身を持つSG553-LBも存在。
SIG SG553 US
アメリカ市場向けにSTANAG マガジンに対応したモデル。ロアレシーバーが、従来のプレス成型スチール・プレートから鍛造軽合金の削りだしに変更されている。

登場作品

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.