SI併用単位

SI併用単位(エスアイへいようたんい)とは、国際単位系 (SI) には属さないが、SI単位との併用が国際度量衡委員会 (CIPM) により認められている単位である。

SI基本単位やそれを組み立てたSI組立単位は、計算の際に単位の換算をしなくて済むという利点があり、全ての人がSI単位を使用することで、その利点がより発揮されることになる。しかし、実際にはいくつかの非SI単位が科学、技術、通商の分野で使用されており、それらは今後も使われ続けることが予想される。そのため、SIの国際文書ではそれらの非SI単位のうちのいくつかを「SI単位と併用できる非SI単位」として明示している。

SI併用単位

下記に、SI国際文書「国際単位系(SI)」第9版(2019年)第4章「SI単位と併用できる非SI単位(Non-SI units accepted for use with the SI Units )」の表8[1][2]で挙げられている非SI単位の全てを列挙する。この表中の非SI単位は、SI単位との併用が認められる。

SI単位と併用できる非SI単位
単位の名称単位の記号SI単位による値
時間 min1 min = 60 s
h1 h = 60 min = 3600 s
d1 d = 24 h = 86 400 s
長さ 天文単位(a)au1 au = 149 597 870 700 m
平面角 °1° = (π/180) rad
1′ = (1/60)° = (π/10 800) rad
(b)1″ = (1/60)′ = (π/648 000) rad
面積 ヘクタール(c)ha1 ha = 1 hm2 = 104 m2
体積 リットル(d)L, l[3]1 L = 1 l = 1 dm3 = 103 cm3 = 10−3 m3
質量 トン(e)t1 t = 103 kg
ダルトン(f)Da1 Da = 1.660 539 066 60(50)× 10-27 kg[注 1][4]
エネルギー 電子ボルト(g)eV1 eV = 1.602 176 634 × 10-19 J
比の対数 ネーパ(h)Np
ベル(h)B
デシベル(h)dB
(欄外注)ガル(記号Gal)は、加速度の非SI単位である。重力加速度を表す単位として測地学と地球物理学で用いられる。1 Gal = 1 cm s-2 = 10-2 m s-2


(a)国際天文学連合の第18回総会における決定(2012年,決議B2)

(b)天文学のような分野では小さい平面角は,アーク秒(as または ” の記号を使う),ミリアーク秒 (mas),マイクロアーク秒 (μas),ピコアーク秒 (pas) で測られる.アーク秒は平面角「秒」の別名である。

(c) ヘクタールの名称と記号haは1879年の国際度量衡委員会(議事録 1879, 41)で採択された.土地の面積を表すために使用される。

(d) 単位リットルとその記号の小文字のl(エル)は1879年の国際度量衡委員会 (PV,1879, 41) により採択された.もう一つの記号大文字のLは,小文字のlと数字の1との混同による危険を避けるために,第16回CGPM(1979, 決議 6, CR 101,及びMetrologia, 1980, 16, 56-57)で採択された。

(e)単位トン(tonne)とその記号tは1879年の国際度量衡委員会で採択された(議事録 1879, 41)。いくつかの英語使用国では,この単位をときに「メートル系トン(metric ton)」と呼んでいる。

(f)単位ダルトン(Da)と統一原子質量(u)は,静止して基底状態にある自由な炭素原子12Cの質量の1/12に等しい質量の別名(記号)である。

(g) 電子ボルトの大きさは,真空中において1Vの電位差を通過することにより電子が得る運動エネルギーである.電子ボルトは,しばしばSI接頭語を付して使われる。

(h) これらの単位を使用するときは,量の内容および基準とする値を特定しなければならない。

その他の非SI単位の削除

第8版(2006年)のSI国際文書「国際単位系(SI)」(廃版)の第4章の「4.1 SIと併用される非SI単位,及び基礎定数をよりどころとする単位」には、SI併用単位とは別に表7、表8、表9に次の単位が掲げられていた。

  • 表7 SI単位で表される数値が実験的に求められる非SI単位[5]
 SIとの併用が認められている単位  4単位 
 自然単位系  4単位
 原子単位系  6単位
  • 表8 その他の非SI単位[6]
バール水銀柱ミリメートルオングストローム海里バーンノットネーパベルデシベル 9単位
エルグダインポアズストークススチルブフォトガルマクスウェルガウスエルステッド 10単位

  (注)このうちガル(Gal)については第9版表8の欄外注に掲げられており、やや特別な扱いになっている。

以上の単位のうち、天文単位ダルトン電子ボルトネーパベルデシベルの6単位(およびガル)は、第9版の「SI併用単位」に格上げされ、残りの単位は全て第9版からは削除された。

脚注

  1. BIPMによる原表では当初はCODATA2014の数値が掲げられていたが、その後、CODATA2018の数値に差し替えられた。

出典

  1. 国際単位系(SI)第9版(2019)日本語版 産業技術総合研究所、計量標準総合センター 4 SI単位と併用できる非SI単位 表8 SI単位と併用できる非SI単位、p.114
  2. The International System of Units(SI) 9th edition 2019 Bureau International des Poids et Mesures, 2019-05-20, p.145-146
  3. リットル#記号のゆれ
  4. unified atomic mass unit The NIST Reference on Constants, Units, and Uncertainty. US National Institute of Standards and Technology. 2019-05-20. 2018 CODATA recommended values
  5. 国際単位系 (SI) 国際文書第8版 2006年(日本語訳)(廃版) 産業技術総合研究所、計量標準総合センター 4.1 SIと併用される非SI単位,及び基礎定数をよりどころとする単位 表7 SI単位で表される数値が実験的に求められる非SI単位、p.38
  6. 国際単位系 (SI) 国際文書第8版 2006年(日本語訳)(廃版) 産業技術総合研究所、計量標準総合センター 4.1 SIと併用される非SI単位,及び基礎定数をよりどころとする単位 表8 その他の非SI単位、p.40
  7. 国際単位系 (SI) 国際文書第8版 2006年(日本語訳)(廃版) 産業技術総合研究所、計量標準総合センター 4.1 SIと併用される非SI単位,及び基礎定数をよりどころとする単位 表9 CGS単位系およびCGSガウス単位系に属する非SI単位、p.41
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.