SBS (韓国)

株式会社SBS(エスビーエス)は、韓国ソウル首都圏を放送エリアとするテレビラジオ兼営放送局である。純粋な民間放送局「ソウル放送」として1990年に設立、2000年に現社名に変更した。本社をソウル特別市陽川区に置く。

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(韓国語ハングル文字)が含まれています。
SBS(ソウル放送)
各種表記
ハングル 에스비에스
漢字 -
発音 エスビーエス
英語表記: SBS (Seoul Broadcasting System)
주식회사 에스비에스株式会社エスビーエス
SBS (Seoul Broadcasting System)
種類 株式会社
市場情報 KSE 034120
略称 SBS
本社所在地  韓国
07996
ソウル特別市陽川区木洞西路161(木1洞920)
設立 1990年11月14日
業種 放送業
代表者 代表理事社長 ハ・グミョル (하금열)
資本金 912億6300万ウォン(2010年)
売上高 6,821億3800万ウォン(2010年)
純利益 3,752,000,000円(2010年)
総資産 659,738,000,000円(2010年)
従業員数 単独 935人(2010年)
決算期 12月末日
主要株主 SBSメディアホールディングス 30.31%、国民年金管理公団 6.98%、韓国投資証券 8.11%、大韓製粉 5.56%、ミレアセット資産運用投資諮問 5.55%
主要子会社 SBSニューステック、SBSアートテック
関係する人物 ユン・セヨン(윤세영、会長、初代社長)
外部リンク http://www.sbs.co.kr/
에스비에스미디어홀딩스 주식회사SBSメディアホールディングス株式会社
SBS Media Holdings, Ltd.
種類 株式会社
市場情報 KSE 101060
本社所在地  韓国
ソウル特別市陽川区木洞西路161(木1洞920)
SBS放送センター19階
設立 2008年3月4日※1
業種 サービス業(放送持株会社)
代表者 代表理事副会長 ユン・ソクミン (윤석민)
代表理事社長 ウ・ウォンギル (우원길)
資本金 699億ウォン(2008年9月30日時点)
従業員数 単独 12人(2008年12月)
決算期 12月末日
主要株主 テヨン建設(泰榮建設)60.86%、キトラミ 5.72%※2
主要子会社 SBS、SBSプロダクション、SBSコンテンツハブ、SBSドラマプラス
外部リンク http://www.sbsmedia.co.kr/
特記事項:※1SBSの投資事業部門を分割し「SBSホールディングス」として設立。2009年2月27日の定期株主総会で現名称への商号変更を議決。※2キトラミグループ合計で10.97%保有。

ソウル特別市、仁川広域市京畿道を放送エリアとするが、その後開局した他地区の地域民放局と協定を結んだ。

コーポレートスローガンは「함께 만드는 기쁨(一緒に作る喜び)」。また、現在使用している二重丸のようなCIは制作当時(2000年)、「生命と文化の種子」をイメージ化したものであったが、現在は「知恵の目」というイメージに変えた。

サイトにあるキャッチコピーは「私が作る新しいメディアの世の中내가 만드는 새 미디어 세상」。

概説

本社はソウル特別市陽川区木洞(ヤンチョンく モクトン)にあり、韓国放送公社(KBS)や韓国文化放送(MBC)のように独自で地方局は持たず、韓国の地方民放局9社との提携でネットワークを形成している。日本側から見れば、純民間放送局の全国ネットワークのキー局と見られているが、法律上はソウル首都圏を放送エリアとする「地域民間放送局」である。MBCのような、その他の地方民放局との直接の資本関係はない。ただし、SBS筆頭株主の泰栄はKNN株式の10.9%やG1 (江原民放) 株式の4.9%を保有し、SBS第2位株主のガス機器メーカー・キトラミ(귀뚜라미)は大邱放送 (TBC) 株式の24.2%(系列のキトラミ精密工業、キトラミボイラー持ち分との合計で)を保有する筆頭株主である。

株式韓国証券取引所(現:韓国取引所株式市場部)に上場している(証券コード:034120)。筆頭株主は建設会社の泰栄(テヨン, 태영)。泰栄はSBSの設立発起人的立場にあり、ユン・セヨン(윤세영) が両社の会長を務めるなど、資本・人事上の関係が深い。

プロバスケットボールチーム、安養SBSスターズを保有し、韓国バスケットボールリーグ (KBL) に創設時から参加させてきたが、元国営タバコ会社 KT&Gに譲渡、安養KT&Gカイツとなった。またアメリカ合衆国PGAツアーLPGAツアーともかかわりが深く、2005-2009年には女子のSBSオープン、2011年と2017年には男子のSBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ大会の協賛スポンサーにも就任している。

ケーブルテレビや衛星デジタル放送(Skylife)を通じて、SBSドラマ、SBSスポーツ(※一時期アメリカESPNと提携し「SBS ESPN」と名乗っていた)、SBSゴルフ、SBS CNBCの各チャンネルを放送している。そのうちSBSスポーツでは、2006年から2010年まで、日本プロ野球読売ジャイアンツのホーム試合の生中継を日テレG+からの映像提供を受ける形で行なっていた。これはイ・スンヨプのジャイアンツ入団によるもので、試合終了まで音声はSBS側で付ける「カラ出張」形式を取っていた。2011年からはイ・スンヨプとパク・チャンホが加入したオリックス・バファローズの主催ゲームの放映権を獲得し放送していた。

日本との関係

日本の放送局とは日本テレビ (NTV) と開局以来提携関係にあり、テレビ開局当日には「NNNきょうの出来事」の桜井よしこキャスターがSBSのニューススタジオから放送を行った。日本テレビや系列の福岡放送 (FBS) などから特派員を受け入れている。またアメリカNBCロシアRTR中国北京電視台などとも友好関係にある。なお、SBS東京支局は汐留の日テレタワー内にあり、東京発のニュースでは新橋駅付近を走る東海道新幹線などを背景に特派員がリポートを伝えている。

2004年11月からは「モバHO!」へ、ドラマ・バラエティ・ラジオ番組の供給を開始したがその後、停波したことに伴ってサービスを終了した。

会社概要

  • 正式社名:株式会社SBS (주식회사SBS
  • 所在地:
    • 本社(SBS放送センター):ソウル特別市陽川区木洞920
    • SBS公開ホール:ソウル特別市江西区登村洞58-1
    • 一山(イルサン、일산)制作センター:京畿道高陽市一山西区炭峴洞140
  • 代表者:代表理事社長 アン・グクジョン(대표이사 사장 안국정
  • 資本金:1,304億ウォン(泰栄 30.0%、キトラミ 13.2%、大韓投資信託運用 9.5%、国民年金管理公団 6.5%、大韓製粉 5.6%、個人 9.5%、その他 25.7%、2004年12月31日現在)
  • 株式上場:韓国取引所株式市場部(旧 韓国証券取引所)証券コード:034120
  • 国内支局:釜山大邱大田晋州江陵
  • 海外支局:ワシントンニューヨークパリ東京北京
  • 海外提携局:日本テレビ、NBC(アメリカ)、ロシアテレビ (RTR)、北京電視台 (BTV)、電視廣播有限公司(香港無線テレビ、TVB)、八大電視(GTV、台湾)、ホーチミンテレビ(HTV、ベトナム)
  • 関連会社・団体:SBSコンテンツハブ、SBSニューステック、SBSアートテック、SBSスポーツチャンネル、SBSゴルフチャンネル、SBSドラマプラス、SBS文化財団、ソアム学術奨学財団

歴史

  • 1990年11月14日 - 「株式会社ソウル放送 (주식회사 서울 방송)」設立
  • 1991年3月20日 - KBSラジオソウル(旧:東亜放送)を移管する形でAMラジオ局を開局 792kHzコールサイン:HLSQ
  • 1991年12月9日 - テレビ開局、呼出符号(コールサイン):HLSQ-TV
  • 1993年7月1日 - AMラジオ、ステレオ放送開始
  • 1995年5月14日 - この日の4社開局を皮切りにネットワーク開始
  • 1995年11月14日 - 一山制作センター(イルサン - )竣工
  • 1996年11月14日 - SBS POWER FM開局 107.7MHz、呼出符号:HLSQ-FM
  • 1997年1月28日 - 安養SBSスターズ創立
  • 1999年1月1日 - SBS LOVE FM(標準FM放送=AMと同一内容)開局 103.5 MHz、呼出符号:HLSQ-SFM
  • 1999年5月12日 - コスダック(韓国店頭市場)に登録、言論統廃合以来初のマスコミの上場
  • 2000年3月17日 - 「株式会社SBS」に社名変更
  • 2000年10月19日 - 平壌からニュースの生放送を実施
  • 2001年10月26日 - 地上デジタルテレビジョン放送本放送開始(韓国初、リモコンキーIDは全国の民放局含め11で統一。)
  • 2002年5月30日 - 済州国際自由都市放送の開局を以って民間放送全国ネットワーク完成
  • 2003年6月25日 - 韓国証券取引所に上場
  • 2003年10月7日 - 鄭周永体育館開館記念、統一バスケットボール試合を平壌から生中継(韓国のテレビ中継車が初めて平壌入り)
  • 2004年3月1日 - 開局以来汝矣島に構えていた本社を木洞へ移転
  • 2005年2月25日-27日 - 米LPGAツアー、SBSオープンをオアフ島で主催
  • 2005年3月28日 - 地上波デジタルマルチメディア放送 (地上波DMB) 事業者として放送委員会から選定(申請10社から6社選定)
  • 2005年6月10日 - 日本語サイト開設(提携先の日本テレビも韓国向けサイトを開設)
  • 2005年7月29日 - KT&Gに安養SBSスターズの経営権を譲渡することで同意
  • 2005年12月1日 - 平日昼(12時-16時)のテレビ放送開始。地上波DMB「SBSu」開局
  • 2006年8月2日 - IOC2010年から2016年までのオリンピック放映権を単独で獲得する契約に調印。契約総額、7,250万ドル。朝鮮半島全域の放映権となっており、北朝鮮への映像提供権も含まれる。2008年までは日本(ジャパンコンソーシアム)同様、3大放送局が合同で契約するプール制を取る。
  • 2012年12月31日 - 韓国時間午前4時(日本時間でも午前4時)をもってアナログテレビジョン放送を停波。但しSBSはテレビの24時間放送をしていないため、前日分の放送終了を以って実質的に終わっていた。

送信所・中継局一覧

デジタルテレビ

  • リモコンキーID6-1
  • 呼出符号(コールサイン):HLSQ-DTV
送信所物理チャンネル空中線電力
冠岳山K-16ch2.5 kW
南山K-44ch5 kW
坡平K-29ch90W
東豆川K-37ch20W
龍門山K-29ch1 kW
桂楊山K-35ch100W
仁川K-51ch90W
仏光K-29ch90W
白蓮K-34ch90W
長位K-39ch90W
光明K-31ch20W
光教山K-31ch200W
城南K-29ch20W

アナログテレビ

2012年12月31日4時で停波。

  • 呼出符号:HLSQ-TV
送信所物理チャンネル空中線電力
南山K-6ch50 kW
冠岳山K-43ch10 kW
東豆天K-21ch100W
龍門山K-55ch10 kW
仁川K-47ch500W
仏光K-57ch500W
杏堂K-60ch10W
長位K-51ch500W
始興K-39ch10W
光明K-44ch10W
城南K-46ch100W

ラジオ

SBS LoveFM
送信所周波数空中線電力呼出符号
一山AM 792 kHz50 kWHLSQ
冠岳山FM 103.5 MHz10 kWHLSQ-SFM
利川FM 98.3 MHz不明無し
SBS PowerFM
送信所周波数空中線電力呼出符号
冠岳山FM 107.7 MHz10 kWHLSQ-FM
東豆川FM 100.3 MHz100W無し

地上波DMB

SBS(u)
  • 呼出符号:HLSQ-TDMB
送信所物理チャンネル(周波数)空中線電力
冠岳山K-12Cch (208.736 MHz)2 kW
南山2 kW
坡平20W
抱川20W
龍門山1 kW
河岾100W
仏光90W
桂陽山1 kW
満月90W
安山20W
光敎山1 kW
雲中20W
広州20W
龍仁90W
二東90W
安城90W

主な番組

(特別番組の放送や系列局によっては、番組差し替えがあるので事前に確認することをお勧めする)

ドラマ

ニュース

情報・教養番組

音楽・バラエティ

アニメ・映画・海外ドラマ

放送事故・不祥事

SBSでは、過去にも放送事故や不祥事が起きている。

  • 2006年8月20日に放送された『SBS人気歌謡』におけるステージ中、バックダンサーの1人が突然発作を起こして倒れるという事故が起きた。(詳しくはSeeYaを参照する事。)
  • フィギュアスケート選手のキム・ヨナが2009年3月14日に韓国SBSで放送されたインタビューにおいて「競争相手の選手に試合直前の練習を妨害されました」と述べた。この時、ヨナは具体的な選手名を挙げていなかったが、SBSはヨナの練習を妨げたのが「いつも日本人選手だった」というナレーションを挿入し、他の韓国メディアもそれに追随したため、韓国では日本選手に対するバッシングが起こり、日韓のスケート連盟を巻き込んでの大騒動(詳細は金妍兒による練習妨害発言を参照)となった。ヨナに上記のインタビューをしたSBSのリポーターは、東京スポーツの取材に対し「『日本人に〜』というのはSBS側が付け加えたもの」と答え、今回の報道は「(マスメディアが)韓国ファンの反日感情を煽り、対決ムードを盛り上げようとしただけ」と述べた[1]
  • 2009年7月22日、バラエティー番組の『驚くべき大会スターキング』内で放送された「3分出勤法」が日本の番組の盗作だったことを認め謝罪した[2]
  • 2011年11月17日、ニュース番組の『SBSナイトライン』で、同局のチョン・ソングンアナウンサーが朴元淳ソウル特別市長がインターネットを利用したオンライン就任式を行ったことに対して、「趣のある就任式を期待していた市民も明らかに少なくなかったのではないでしょうか。そのような点では市民の権利を奪ったので、これが進歩でないことを望みます。」と発言し顰蹙を買った[3]
  • 2014年3月5日、集団お見合い番組の「チャク」で番組収録中に出演していた29歳の女性が首つり自殺した。同番組は振られた出演者には外で食事を取らせるなどして、出演者を心身共に傷つけていると批判された。なお、この事件を受けて同番組は打ち切りとなった。
  • 2017年5月17日、時事風刺番組において盧武鉉元大統領がTIME誌で表紙を飾った際の画像を放送したが、表紙の文字が日刊ベストストア利用者の手により「Hello,Mr.Roh」から「Go to Hell,Mr.Roh」へ書き換えられたパロディ画像であった。SBSが日刊ベストストアの画像を使って生じた放送事故は10回目とされ、局側は遺族らに陳謝したうえで幹部社員を処分している[4]

民放ネットワーク

略称放送局名放送対象区域開局日
SBSSBSソウル特別市·仁川広域市·京畿道1990年11月14日
KNNKNN釜山広域市·慶尚南道1994年4月
TJB大田放送大田広域市·世宗特別自治市忠清南道1994年4月9日
JIBS済州国際自由都市放送済州特別自治道1994年4月10日
TBC大邱放送大邱広域市·慶尚北道1994年8月10日
kbc光州放送光州広域市·全羅南道1994年8月10日
CJB清州放送忠清北道1996年7月5日
ubc蔚山放送蔚山広域市1996年9月4日
JTV全州放送全羅北道1997年1月25日
G1G1江原道1999年11月16日

SBS以外のネットワーク局は地上波テレビ放送とFMラジオ放送を展開している。KNNはSBSと同様に2系統のFMラジオ放送を有する。その他の局のFMラジオ放送は日本の地方ラジオ局と同じように自主制作番組とSBS POWERFMからのネット番組の混成編成となっている。中波(AM)ラジオ放送は行われていない。

脚注

  1. 捏造・改変なんでもあり! やっぱり変わらない韓国メディアの「反日無罪」 副題「キム・ヨナ発言、日の丸映像、日本製アニメ……どんどん変えちゃう」西村幸祐SAPIO』2009年5月27日・6月3日号掲載、2009年6月8日(月)配信、同日閲覧
  2. SBS、日本の番組のパクリ認め正式謝罪『朝鮮日報』2009年7月23日更新、同日閲覧 元ネタは3月にTBSが放送した『時短生活ガイドSHOW』の「5分出勤法」
  3. SBS앵커“서울시장 취임식, 시민권리 뺏어” “오늘의 유머…”(京郷新聞、2011年11月17日)
  4. SBSプラス、盧武鉉氏中傷のネット写真を放送で流し波紋 東亜日報(2017年5月19日)2017年5月19日閲覧

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.