SBクリエイティブ

SBクリエイティブ株式会社SB Creative Corp.)は、ソフトバンクグループ傘下で、デジタルコンテンツ事業、出版事業、営業支援事業を行う日本の企業。IT関連書籍やライトノベルなどの出版、ハーレクインコミックの電子書籍配信[3]デジタルサイネージ、ビジネス関連サイトを手掛ける。

SBクリエイティブ株式会社
SB Creative Corp.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本
106-0032
東京都港区六本木2-4-5
六本木Dスクエア
北緯35度39分57.6秒 東経139度44分12.7秒
設立 1999年3月24日
業種 情報・通信業
法人番号 3010401041317
事業内容 デジタルコンテンツ事業
出版事業
営業支援事業
代表者 土橋康成 (代表取締役社長)
資本金 1億円
純利益 15億8944万1000円(2020年03月31日時点)[1]
総資産 145億2620万8000円(2020年03月31日時点)[1]
従業員数 180名[2]
主要株主 SBメディアホールディングス株式会社 100%
主要子会社 ツギクル株式会社
外部リンク www.sbcr.jp

概要

創設当時の日本ソフトバンク(現、ソフトバンクグループ)の出版部がその前身となっており、「Oh!PC」などに代表される、当時は珍しかったパソコン機種別の雑誌を発行。以後も「Beep」「C MAGAZINE」などの雑誌を発行してきている。

2005年に、ソフトバンクパブリッシングソフトバンク・メディア・アンド・マーケティングなどが合併し、ソフトバンク クリエイティブ株式会社となった。2013年に現在の社名に商号変更している。(詳しくは、沿革を参照)

2006年には、GA文庫ライトノベル)とソフトバンク新書(一般新書)、サイエンス・アイ新書(科学新書)、2007年にはソフトバンク文庫(一般文庫)を発刊するなど、当初のコンピュータ系出版社から総合出版社への転身を図った。

沿革

  • 1981年 - 孫正義によってパソコンソフト卸会社、日本ソフトバンクとして設立。
  • 1982年 - 出版部を設立、「Oh!PC」「Oh!MZ」を創刊。
  • 1990年 - ソフトバンク株式会社に商号変更。
  • 1999年
    • 3月 - ソフトバンク株式会社の出版事業部の分社化によりソフトバンク パブリッシング株式会社を設立。
    • 12月 - 100%子会社としてソフトバンク・ジーディーネット株式会社(現・アイティメディア株式会社)を設立。
  • 2000年
    • 3月 - 米LaunchMedia社、ヤフー株式会社、株式会社東京放送との共同出資で音楽情報サイトを運営するロンチ・ジャパン株式会社を設立[4]
    • 3月 - ソフトバンク・メディア・アンド・マーケティング株式会社に商号変更し、出版事業をソフトバンク パブリッシング株式会社(二代目法人)に分社して、純粋持株会社へ移行。
    • 5月 - 本社を赤坂に移転。
    • 7月 - 米ウェブエムディ社との共同出資で医療情報サービスを提供するウェブエムディ株式会社を設立[5]
    • 7月 - 米Rivals.com社との共同出資でスポーツ情報サイトを運営するライバルズ株式会社を設立[6]
    • 10月 - ソフトバンク パブリッシング株式会社と株式会社オービスの共同出資で会員制競馬情報サービス提供する合弁会社株式会社ジャジャ・エンタテイメントを設立[7]
  • 2004年3月 - ソフトバンク・メディア・アンド・マーケティング株式会社を存続会社として子会社株式会社コンパス、ライバルズ株式会社、株式会社バークスを吸収合併。
  • 2005年
    • 8月 - 株式移転により完全親会社、ソフトバンク メディアマーケティング ホールディングス株式会社(現・SBメディアホールディングス株式会社)を設立。
    • 10月 - ソフトバンク パブリッシング株式会社及びSBMMクリエイティブ株式会社と合併し、ソフトバンク クリエイティブ株式会社に商号変更。
  • 2006年
  • 2007年
  • 2009年8月 - 韓国でハーレクインコミックスの電子配信を開始。
  • 2010年
    • 5月 - 「2010 FIFAワールドカップ」の日本国内における携帯電話向け動画の独占配信権を取得。
    • 8月 - 日本と韓国のデジタルサイネージ事業に関する韓国2社との基本合意。
  • 2011年
    • 6月 - 本社を六本木に移転。
    • 6月 - オリックス株式会社とデジタルサイネージ事業の戦略的パートナーとして業務提携。
  • 2012年03月 - 「ゲーマガ」を休刊し雑誌出版から撤退。
  • 2013年10月 - SBクリエイティブ株式会社へ商号変更。
  • 2014年1月 - インテル株式会社の協力を受け、小売店向けデジタルサイネージ「インテリジェント・シェルフ」を開発。
  • 2016年4月 - 子会社としてツギクル株式会社を設立。
  • 2017年2月 - 鹿児島県錦江町とサテライトオフィス利用促進のための環境整備に関する共同研究を開始。
  • 2018年2月 - 女性向けの総合電子書籍サイト「ロマンスブックカフェ」を株式会社アクセルエンターメディアに譲渡[8]
  • 2020年
    • 10月 - Brain Power Studio Rights Inc. が提供する映像コンテンツ「ハーレクイン・シリーズ」を日本配信開始
    • 11月 - 新型コロナウイルスの感染リスクの低減を目的とした「密回避サイネージ」[9]、AIを活用して非接触でデジタルサイネージのコンテンツを切り替えることができる「タッチレス コミュニケーション サイネージ」を提供開始[10]
    • 12月 - 韓国Mr.Blue社が制作した電子コミックの日本国内取り次ぎ配信を開始

主な発行物

発行・発売書籍

過去に刊行されていたレーベル

過去に発行されていた雑誌

  • Oh!PC(1982年6月号で創刊、2000年8月号で休刊)
  • Oh!98(Oh!PCの別冊として刊行。1986年 - 1988年)
  • Oh!88(Oh!PCの別冊として刊行。1987年 - 1988年)
  • Oh!MZ→Oh!X(1982年6月号で創刊、1987年12月号から改題、1995年12月号で休刊、1998年~2001年まで復刊)
  • Oh!FM→Oh!FM TOWNS(1983年冬号で創刊、1991年10月号から改題、1996年2月号で休刊)
  • Oh!HC(1982年冬号で創刊、1986年夏号で終刊)
  • Oh!55(1983年創刊、1984年休刊)
  • Oh!PASOPIA(1983年創刊、1987年休刊)
  • Oh!16(1984年創刊、1987年休刊)
  • Oh!Hitbit(1984年創刊、1987年休刊)
  • THE COMPUTER(1987年創刊。1992年9月号で休刊))
  • Oh!Dyna(1990年創刊、1994年2月号で休刊)
  • THE SOFTBANK(1982年春号で創刊、1984年冬号で休刊)
  • パソコン・マガジン
  • 月刊PC
  • PC music(1996年創刊、1997年休刊)
  • MacUser日本版
  • Beginners'Mac
  • ゲーマガ(旧:Beep→BEEP! メガドライブ→SEGA SATURN MAGAZINE→Dreamcast Magazine→ドリマガ、1984年創刊、2012年5月号で休刊)
  • Theスーパーファミコン→スーパー64
  • ザ・プレイステーション→ザ・プレイステーション2
  • GAME BLAST
  • アーケードゲームMagazine
  • RASPBERRY
  • ビジネススタンダード
  • PC WEEK日本版(1990年創刊、1999年休刊)
  • 暮らしとパソコン (2005年12月17日発売号で休刊)
  • DO YOU?(2005年10月27日発売号で休刊)
  • PC USER(旧:Hello!PC、2005年12月24日発売号で休刊)
  • PC Life
  • iモードSTYLE
  • モバイルi(旧:モバイルPC)
  • パソコン購入ガイド(2006年3月発売号で休刊)
  • C MAGAZINE(1989年10月号で創刊、2006年4月号で休刊)
  • 月刊少年ブラッドモビーダ・エンターテインメント発行、2006年10月に休刊しウェブコミック誌「Web★ブラッド」と統合)
  • コミデジ+ブロッコリー編集、モビーダ・エンターテインメント→フレックスコミックス発行、旧:季刊デ・ジ・キャラット(角川書店)→コミックデ・ジ・キャラット(ジャイブ)→コミデジ(ジャイブ)))
  • オープンソースマガジン(旧:UNIX USER、2007年1月号で休刊)
  • ネットランナー(2007年11月号で休刊、株式会社にゅーあきばより「ネトラン」に改題・新装刊)
  • Yahoo! Internet Guide(2008年5月号で休刊)
  • PC JAPAN(旧:PC Computing日本版)
  • DOS/V Magazine(1992年1月号で創刊。月刊(1992年1月号 - 199?年)→隔週刊(199?年 - 2004年11月15日・12月1日合併号)→月刊(2005年1月号 - 2008年2月号)と変遷した。2008年2月号で月刊誌としての発行は終了。今後は不定期刊誌として存続すると発表されている)
  • OS/2 MAGAZINE(DOS/V magazineの別冊として刊行。1994年 - 1999年)
  • ねっため(旧:ヤフー!BBマガジン)
  • ケータイBEST(不定期刊行のムック扱い)
  • デジタルフォト
  • N+I NETWORK Guide(旧:INTEROP MAGAZINE)
  • Hi-Player
  • Neo genesis
  • 韓国ドラマ通信
  • 月刊ホークス福岡ソフトバンクホークスオフィシャル球団誌、ジャパンプリントシステムズより制作発行が移管。2010年5月よりジャパンプリントが編集・発行を行う)
  • GA文庫マガジン(GA文庫情報誌、電子書籍として刊行。2012年~2015年)

運営Webサイト

かつて運営していたWebサイト

  • BARKS
  • COM-PATH[11]
  • jaja-uma.com
  • スポニチプラス(スポーツニッポンとの共同運営)[12]
  • おはなし絵本クラブ[13]
  • Flipbook
  • SBPストア→SBCrショップ[14]
  • SOFTBANK V
  • GA Graphic
  • にゅーあきば.com
  • プチたび[15]
  • creative people:photo(クリエイティブピープル フォト)[16]※写真共有サイト
  • あ~ゆ~あ~くりえぃたぁ?(サイエンス・アイ編集長運営)

関連会社

脚注

  1. SBクリエイティブ株式会社 第22期決算公告
  2. SBクリエイティブ株式会社”. 株式会社リクルートキャリア. 2018年6月26日閲覧。
  3. ハーレクイン日本上陸40周年記念「増刊ハーレクインめちゃコミック号」発売! (日本語). www.atpress.ne.jp. 2020年3月30日閲覧。
  4. 音楽情報サイト「Launch.com」が日本でサービス開始”. インプレス. 2018年6月27日閲覧。
  5. ソネット・エムスリー、ウェブエムディの事業を統合”. 角川アスキー総合研究所. 2018年6月27日閲覧。
  6. ソフトバンク子会社、米Rivals.comとスポーツ情報サイトの合弁会社”. インプレス. 2018年6月27日閲覧。
  7. ソフトバンクら、エンターテイメントコンテンツの新会社設立”. インプレス. 2018年6月27日閲覧。
  8. 「ロマンスブックカフェ」運営会社変更のお知らせ”. ロマンスブックカフェ. 2018年6月26日閲覧。
  9. 週刊BCN+. SBクリエイティブ、新型コロナ感染予防を目的とした「密回避サイネージ」 (日本語). 週刊BCN+. 2020年12月23日閲覧。
  10. SBクリエイティブ、「タッチレス コミュニケーション サイネージ」を提供開始 (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年12月23日閲覧。
  11. パソコン関連製品の販売仲介サイト「ショッピングゲートウェイ」6月実験開始”. インプレス. 2018年6月27日閲覧。
  12. スポーツニッポンとSBMM、有料サイト「スポニチプラス」オープン”. インプレス. 2018年6月27日閲覧。
  13. パソコンで絵本を配信する「おはなし絵本クラブ」が正式サービスを開始”. インプレス. 2018年6月27日閲覧。
  14. SBCrショップ サービス終了のお知らせ”. SBクリエイティブ. 2018年6月27日閲覧。
  15. “[http://www.softbankcr.co.jp/ja/news/press/2006/1201_002244/ 1,000箇所以上の観光スポット情報をブログ形式で紹介する旅行情報サイト 『プチたび』 プレオープンのご案内]”. SBクリエイティブ. 2018年6月27日閲覧。
  16. ソフトバンク クリエイティブ、写真雑誌と連携した写真共有サービスのβ版を開始”. 角川アスキー総合研究所. 2018年6月27日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.