QuEChERS法

QuEChERS法(キャッチャーズほう)は、食品中の残留農薬を検査するための手法で、固相抽出を利用し、分析化学者にとってより簡便でより安価な簡素化された手法である。名称は「Quick(迅速), Easy(簡単), Cheap(安価), Effective(効率的), Rugged(頑健), and Safe(安全)」から作られたかばん語である[1]

応用

QuEChERS法は、多くの残留農薬分析者によって受け入れられやすい[2][3]。pH依存的化合物(例えばフェノキシアルカン酸類)を効率的に抽出するため、壊れやすい化合物(例えば塩基や酸に弱い農薬)の分解を最小するため、対象となるマトリクスの範囲を拡大するために、元のQuEChERS法に対するいくつかの修正が導入されている。

分析者は試料(果実野菜タバコ等)をブレンダー中でホモジナイズし、試薬と共に遠心チューブに入れ、1分間激しく撹拌する。使用される試薬は分析される試料の種類に依る。その後、試料は気-液クロマトグラフィーによる分析の前にクリーンアップカラムに通される。

脚注

  1. F. J. Schenck and J. E. Hobbs (July 2004). “Evaluation of the Quick, Easy, Cheap, Effective, Rugged, and Safe (QuEChERS) Approach to Pesticide Residue Analysis”. Bulletin of Environmental Contamination and Toxicology (New York: Springer) 73 (1): 24–30. doi:10.1007/s00128-004-0388-y. PMID 15386067.
  2. “Analysis of pesticide residues using the Quick Easy Cheap Effective Rugged and Safe (QuEChERS) pesticide multiresidue method in combination with gas and liquid chromatography and tandem mass spectrometric detection”. Anal Bioanal Chem 389 (6): 1697–714. (November 2007). doi:10.1007/s00216-007-1610-7. PMID 17909760.
  3. A Novel Sample Preparation Approach to Increase the Throughput of Pesticide Analysis by LC–MS-MS Archived August 7, 2009, at the Wayback Machine.
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.