PocketStation

PocketStation(ポケットステーション)は、1999年1月23日に発売された小型の携帯型ゲーム機。発売元はソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE) (現:ソニー・インタラクティブエンタテインメント (SIE) )[1]。型番は SCPH-4000 。通称「ポケステ」。累計出荷台数は490万台[2]

PocketStation

PocketStation
メーカー ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE)
種別 携帯型ゲーム機
発売日 1999年1月23日
CPU RISC CPU ARM7T
対応メディア CD-ROM XA
対応ストレージ フラッシュメモリ
コントローラ入力 内蔵
外部接続 (メモリーカード互換)

概要

PocketStationは、PlayStationと連携する携帯型ゲーム機として[3]開発され、周辺機器として販売された。PlayStation用メモリーカードとほぼ同じ大きさのボディに、32ビット RISC CPUを内蔵する。

画面は32ドット四方の反射型モノクロ液晶ディスプレイで、画像でも確認できる通りPlayStationのロゴタイプがうっすらと浮かび上がっている。操作ボタンは上・下・左・右の4つの方向ボタンと決定ボタンがひとつ付いているのみである。上部には赤外線通信ポートを搭載し、PocketStation同士での通信が可能となっている。だが、ごく一部のサード製PSソフトでは、任天堂のゲームボーイカラーやバンダイのワンダースワンとPocketStationを介した赤外線通信ができるものがある。電源としてコイン型リチウム電池を1個必要とする。使用環境にもよるが電池の消耗が早く、頻繁に交換する必要があった[1]。開発者側もそれを自覚していたのか、電池のフタのネジを外せるドライバーと予備の電池が収納できるポケットドライバーが発売されていた[1]

主にPlayStationのゲーム本編に付随するミニゲームを遊ぶのに使用された。ファイナルファンタジーVIIIのブームに乗って商業的成功を収めた機器であるが、どちらかと言うと『たまごっち』を意識したデザインと性能になっている[4]

PocketStation上でゲームをプレイするためには、まずゲームデータをPlayStationから転送する必要がある。そのためPocketStation単体での使用はできない。操作パネルを上に90度持ち上げ、PlayStation本体のメモリーカードスロットへ挿入する。挿入すると赤外線通信ポートに内蔵されたLEDが赤く光るとともに、電子メロディが鳴る。システム上、ミニゲームは通常のセーブデータと同じ扱いであり、最低1ブロックを利用してセーブを行う形式となる。当然ではあるが通常のPlayStation用メモリーカードとしての使用も可能。また、メモリーカードとしてセーブデータを記録している場合、PS上で表示されるセーブデータアイコンを表示できるのだが、タイトルによってはPocketStationでの表示用に用意されたアイコンが表示される。

また、ミニゲームはセーブ用の領域が許す限り、いくつでも導入することができる。メニューでプレイしたいゲームを選ぶ事で自由に変更することが出来た。

本体には時計が内蔵されておりアラーム機能付きの時計として利用できるほか、カードスロット経由でプレイステーションから時刻を参照することもできた。一部のソフトではゲーム内で時刻を連動させたり特定の日時にイベントを発生させるのに使用されている。

発売当初は光沢のあるホワイトモデル (SCPH-4000) のみだったが、後にスケルトンボディのクリスタルモデル (SCPH-4000C) も発売された。また、『遊☆戯☆王 真デュエルモンスターズ 封印されし記憶』の限定版にはクリスタルブラック、『ときめきメモリアル2』の限定版にはクリアピンクのPocketStationが同梱された。

非公式に、インターネット上でPocketStation用ゲームソフトの開発ツールが出回っており、一部では自主制作ソフトも公開されていた。パソコン上で開発したゲームソフトをPocketStationに転送するためには、PlayStation用メモリカードのリーダー・ライターが必要となる。

また、その形状や色使い、使用方法など、本機以前に発売されていたドリームキャストのビジュアルメモリに非常に良く似ている。特にPocketStationで最初に採用された純白の塗装は当時のPlayStationのカラーバリエーションには無く(白色のPS oneが出たのは2000年代に入ってからである)、あえてビジュアルメモリと同等の色に設定するなど、非常に意識しているのを感じさせた。 また、2020年7月10日には、トロとパズルにて、本機を再現した、アイテムが登場した。

実機版は2000年代までに生産されたテレビのリモコンなど、旧式の規格の赤外線発生装置にしか反応しない。

スペック

  • CPU:32ビット RISC CPU ARM7T
  • メモリ:SRAM 2キロバイトフラッシュメモリ 128キロバイト(PS1専用メモリーカード領域と兼用)
  • 画面:32×32ドット 反射型モノクロ液晶ディスプレイ
  • サウンド:小型スピーカー(10ビットPCM)
  • 通信:赤外線方式(双方向・IrDA準拠)
  • 電源:ボタン型電池(CR2032)×1
  • 付属品:ストラップ

歴史

  • 1998年10月9日~11日 - 東京ゲームショウ '98 秋 でPocketStationが初公開
    3000円の価格と12月23日の発売日を発表した。開発者の岡本伸一は「"身につけられるコンピューター”をコンセプトに、わずか30グラムのボディーに機能を詰め込みました。さわるすべての人にエンターテイメントとは何かということを教えてくれるマシンです」と述べている[5]
  • 1999年1月23日 - PocketStation発売
    PocketStation用ミニゲームが付属するPlayStation用ゲームソフト『どこでもいっしょ』がヒット。供給量の不足と重なり一時期は入手困難な状態となった[1]
  • 2002年7月19日 - PocketStation生産終了
    『どこでもいっしょ』以降、目立ったヒット作は生まれなかった上に、ほとんどがPlayStationのおまけ要素のミニゲームどまりのものだったため、荒すぎたドットがユーザーの不評を買ったこともあって、やがて対応ソフトもほとんど開発されなくなり、発売から約3年半で生産終了となった。ゲームハードとして使わなくなってからはメモリーカードとして使用するプレーヤーもいた[1]
  • 2013年12月3日 - PSVitaアプリとして復活[1]
    PlayStation Vita用無料アプリ『PocketStation for PlayStation Vita』を配信することを11月5日に発表。このアプリを使うことでゲームアーカイブスで配信されているPocketStation対応ソフトをPSVita上で楽しむことができるようになる。PocketStationがなくては動作しなかったためこれまでゲームアーカイブスで提供できなかった『どこでもいっしょ』も同日に配信開始となる[6]

対応ゲームソフト一覧

50音順に記載。

PlayStation ソフト

PlayStation 2ソフト

関連項目

脚注

  1. M.B.MOOK『懐かしゲームボーイパーフェクトガイド』 (ISBN 9784866400259)、54ページ
  2. 約490万台を売り上げた「ポケステ」再び!? 謎の動画が緊急公開!”. GAME Watch (2013年11月1日13時0分). 2019年5月12日閲覧。
  3. ascii.jp (1998年11月11日). 開発者インタビュー『プレイステーションと連携して楽しむ携帯ゲーム機です。』 (日本語). 2012年10月27日閲覧。
  4. 株式会社QBQ編 『プレイステーションクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2018年。ISBN 9784865118346 p57
  5. 週刊ファミ通 No.515. 株式会社アスキー. (1998年10月30日). p. 10
  6. SCEJA、PS Vitaで動作するポケットステーションアプリを配信へ - 2013年11月5日 Cnet JAPAN

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.