PCCS

PCCS (Practical Color Co-ordinate System) とは、財団法人日本色彩研究所が、1964年に発表したカラーシステム。日本名「日本色研配色体系」。カラーハーモニーの問題をシステマティックに解決することを主な目的として開発しているため、配色調和を求めるのに適している。

PCCSは、「色相」「明度」「彩度」の三属性で色を表す方法の他に、「明度」と「彩度」を融合した「トーン(色調)」という概念を持っており、「色相」と「トーン」の二属性で表すことができる。 「色相」と「トーン」によって体系化されたカラーシステムであることはPCCSの大きな特徴となっており、このシステムは「ヒュートーンシステム」とも呼ばれている。

PCCSの色相 PCCSの色相環は、24色相の最高彩度の色を知覚的に等歩度に移行するように配列したもの。 24色相は、以下のように定められている。 心理四原色と呼ばれる、赤、黄、緑、青のそれぞれの中心と考えられる色相を色相環に示す(赤-2:R、黄-8:Y、緑-12:G、青-18:B)。

先に決定した基本となる4色相の心理補色色相を色相環の対向位置に示す(青緑-14:BG、青紫-20:V、赤紫-24:RP、黄みのだいだい-6:yO)。

各色相の間隔が知覚的に等歩度に移行するように上記の8色相に4色相を加え、12色相を定め、さらにその中間色相を内挿して24色相としている。 PCCS HUE ○:心理四原色(赤・黄・緑・青) ▲:色材の三原色(C・M・Y) △:色光の三原色(R・G・B)   配色を計画するための色相環は、2色、3色、4色の配色が規則的に選びやすいように、2、3、4を約数として含む12または24分割の色相環がよく採用されるが、PCCSもそれにならって24色相環としている。  色相環の中で、16:gB、24:RP、8:Yの3色は、色料(染料や印刷インキ)の三原色であるシアンマゼンタイエロー色相にあたる(減法混色の三原色)。また、色光の三原色(加法混色の三原色)の赤、緑、青を色票で示すことは無理ではあるが、減法混色の三原色と混色すると無彩色になるような物理補色に相当する色相を色光の三原色の色相として選べば、色相環の中では、3:yR、12:G、19:pBの3色がそれらに近い色相として上げられる。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.