N95マスク

N95マスク(Particulate Respirator Type N95)とは、アメリカ合衆国労働安全衛生研究所( NIOSH)のN95規格をクリアし、認可された微粒子用マスクのこと。

3M製のN95マスク

歴史

N95マスクにはいくつかの前身があります。一例は、「満州ペスト(1910-1911)」中に伍連徳が使用したマスクでした。[1] 別の例はガスマスクでした。

1970年代に、米国鉱山局と「NIOSH」が使い捨て呼吸器の規格を開発し、最初の使い捨てN95呼吸器(粉塵用)が3Mによって開発され、1972年に承認されました。[2]

1992年、台湾系アメリカ人の材料科学者蔡秉燚と彼のチームは、N95マスクのフィルターを発明しました。[3][4] 新しい材料は、正電荷と負電荷の両方で構成され、粒子(ほこり、バクテリアウイルスなど)を引き付けます。フィルタは、粒子がマスクを通過する前に、偏光によって粒子の少なくとも95パーセントを停止できます。[3][4][5] この技術は1995年に米国特許を取得し、すぐにN95マスクの製造に使用されました。[3][5]

N95規格

N95 規格は、NIOSHが定めた9種類(後述)の基準の中で最も低いもので、「N」は耐油性が無いことを表し(Not resistant to oil)、「95」は試験粒子を 95% 以上捕集できることを表している。

NIOSH規格で用いる試験粒子は、フィルターで最も捕集しづらい、つまりフィルターを通過しやすいサイズの粒子状物質で、空力学的質量径でおおよそ0.3µmの粒子であり、この粒子径で95%以上捕集できなければならない。なお、N規格の試験粒子は、塩化ナトリウム(NaCl)、DOPが用いられる。試験粒子は、ろ材のタイプにより選択される。

日本の厚生労働省国家検定規格では、DS2区分マスクがN95マスクに相当する能力を持つ。

N95とはフィルター自体の性能を示すもので、装着後のマスクと顔との密着性は保証していない。市販されているN95マスクの多くは密着性を高めるためカップ型となっており、ズレにくくするため2本のゴム紐で固定するタイプもある。ただし使用にあたっては、正しい装着を実施する必要があり、サイズの確認のため、最低年1回のフィットテストが必要で、息の漏れが無いかを確認するシールチェックは、マスク着用の度に行う。

用途

装着した状態

粒子状物質の吸入防止に用いる。元々は製造・建設現場など粉塵の多い場所で使用するマスクとしてであるが、結核SARSなどの感染症防止に効果を上げたことから、医療業界でも利用されるようになった。またPM2.5やそれら有害物質を含むヘイズにも有効である。

手術用のサージカルマスクなどとは区別し、レスピレータ(respirator)、呼吸用保護具、防じんマスク、などとも呼ばれる。

なおサージカルマスクは装着者の側から発する飛沫の拡散を防ぐために用い、レスピレータは装着者を空気中の微粒子(有害物質やウイルスなど)から防ぐために用いるという解釈は誤りであり、サージカルマスクの基準は日本国内では厳密に規定されてはいないが、米国のASTMが規定するASTM-F2100-11という規格において、PFE:Particle Filtration EfficiencyとBFE:Bacterial Filtration Efficiencyが設定され、前者は装着者を守るための指標、後者は患者に細菌を飛沫させない為の指標が存在し、規格の違いはあれど濾過機能においては、医療用サージカルマスクとN95規格のマスクとの差異は大きくはない。

NIOSHによる規格区分

米国労働安全衛生研究所(NIOSH)による規格には、以下の計9種がある。3種の耐油性イニシャルと、3種の性能数字とを組み合わせる。

NIOSHによる9規格
95 99 100
N N95 N99 N100
R R95 R99 R100
P P95 P99 P100
  • N:Not resistant to oil(耐油性なし)
  • R:Resistant to oil(耐油性あり)
  • P:Oil Proof(防油性あり)
  • N95/R95/P95:0.1~0.3µmの微粒子を95%以上除去できる性能
  • N99/R99/P99:0.1~0.3µmの微粒子を99%以上除去できる性能
  • N100/R100/P100:0.1~0.3µmの微粒子を99.97%以上除去できる性能

脚注

  1. Meng, ZHANG (2021-01-13). “From respirator to Wu’s mask: the transition of personal protective equipment in the Manchurian plague”. Journal of Modern Chinese History 0 (0): 1–19. doi:10.1080/17535654.2020.1845529. ISSN 1753-5654. https://doi.org/10.1080/17535654.2020.1845529.
  2. Wilson, Mark (2020年3月24日). The untold origin story of the N95 mask (英語). Fast Company. 2021年2月18日閲覧。
  3. Meet the U.S. scientist who invented the N95 mask filter (英語). U.S. Embassy in Georgia (2020年8月12日). 2021年2月18日閲覧。
  4. Andrew, Scottie. He invented the N95 mask filter. Then the coronavirus pandemic hit and he was called to help once again”. CNN. 2021年2月18日閲覧。
  5. The Man Behind the Mask (英語). テネシー大学 (2020年4月17日). 2021年2月18日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.