Lotus Symphony

Lotus Symphonyロータス シンフォニー)は、2007年にIBMが発売したオフィススイートである。後に無償提供となり、2013年にApacheソフトウェア財団に寄贈し開発終了した。

Lotus Symphony
開発元 IBM
初版 2007年9月18日 (2007-09-18)[1]
最新版
3.0.1 / 2012年1月18日 2012-01-18
対応OS Linux / Mac OS X / Windows
サポート状況 開発停止
種別 オフィススイート
ライセンス プロプライエタリ(フリーウェア)
公式サイト IBM Lotus Symphony

Lotus Symphonyは、ワープロソフトの Lotus Symphony Documents、表計算ソフトの Lotus Symphony Spreadsheets、プレゼンテーションソフトの Lotus Symphony Presentation から構成され、OpenOffice.orgとほぼ同等の機能を備え、英語・日本語・フランス語・中国語など26カ国語に対応した。

OpenOffice.orgとEclipseを基にIBMが改良した製品で、各種プラグイン用の開発キットも提供された。

2011年7月14日、IBMはLotus SymphonyのソースコードをApache OpenOfficeプロジェクトへ寄贈することを発表[2]2013年の初頭には既在の使用者にIBM版Apache OpenOfficeへの移行を促す発表がされ[3]、開発は事実上終了した。

特徴

対応OS

Lotus Symphonyは、下記のオペレーティングシステム (OS) において動作する。[4]

開発

バージョン 3.0
2010年10月21日、OpenOffice.org 3のソースコードに基づくバージョン 3.0をリリース[5]VBAスクリプトおよびODF 1.2標準、Office 2007 OLEに対応した[6]
バージョン 3.0.1
2012年1月18日、バージョン 3.0.1をリリース[7]。いくつかの不具合が修正された[8]

関連項目

脚注

  1. IBM Releases Office Desktop Software at No Charge to Foster Collaboration and Innovation”. IBM Corporation (2007年9月18日). 2010年10月29日閲覧。
  2. IBM Donates Lotus Symphony Source Code to the Apache OpenOffice Project (英語). IBM Corporation (2011年7月14日). 2011年8月17日閲覧。
  3. Buzzmaster1 (2012年2月3日). IBM's plans for the future of Lotus Symphony combining the best of Lotus Symphony with the new Apache OpenOffice Project. (英語). 2012年2月19日閲覧。
  4. IBM Lotus Symphony - Installation Guide”. IBM Corporation (2010年). 2010年10月29日閲覧。
  5. Lotus Symphony Version 3 is NOW AVAILABLE”. IBM Corporation (2010年10月21日). 2010年10月29日閲覧。
  6. IBM Lotus Symphony リリース・ノート”. IBM Corporation (2010年). 2010年10月29日閲覧。
  7. Lotus Symphony 3.0.1 is HERE !!!!!”. IBM Corporation (2012年1月18日). 2012年2月2日閲覧。
  8. IBM Lotus Symphony Release Notes”. IBM Corporation (2012年1月18日). 2012年2月2日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.