Java Platform, Micro Edition

Java Platform, Micro Edition (Java ME) は携帯電話PDAテレビのようなリソースが制限されたデバイスにおけるJavaの小型セット。JSR 68 で規定されている。当初は、Java 2 Platform, Micro Edition (J2ME) という名称だった。

Javaのエディション
Javaカード
Java ME (Micro)
Java SE (Standard)
Java EE (Enterprise)
JavaFX

コンフィギュレーションとプロファイル

様々なデバイスに対応するため、コンフィギュレーションとプロファイルと呼ばれるものでAPIを定義している。コンフィギュレーションには次の2つがある。

Connected Limited Device Configuration (CLDC)

携帯電話のような非力なCPUを対象とする。 Java VMから新たにKVM (Kilobyte Virtual Machine) を開発し、Java Platform, Standard Edition (Java SE) とは一部互換性がないものの最小限の機能で動作するようにしたもの。 次のようなプロファイルがある。

Mobile Information Device Profile (MIDP)

携帯電話で最も広く普及しているプロファイル。最新の仕様はJSR 271: Mobile Information Device Profile 3、3世代目のMobile Information Device Profile (MIDP3)。そのなかで、全体的な機能拡張の他、デバイス間の相互接続性も拡張されている。MIDP3では、MIDP2の後方互換性も保たれている。

MIDP上で動く、高レベルなUIライブラリとして、Lightweight User Interface Toolkit (LWUIT) も提供されている。

DoJaプロファイル、Starプロファイル

NTTドコモ社の携帯電話上で実行するJavaアプリケーションのためのプロファイル。

Information Module Profile

Information Module Profile (IMP) は、自動販売機や組み込み向け産業機器、セキュリティシステム、シンプルでディスプレイを持たず、ネットワークへの接続が限定されているような組み込みデバイスのためのプロファイルである。もともとは、Siemens MobileNokiaによって、JSR-195として導入され、IMP 1.0は、MIDP 1.0からユーザインターフェースAPIを除いたサブセットである。

Connected Device Configuration (CDC)

Connected Device Configurationは、Java SEのサブセットで、その中には、GUI関係を除く、ほとんど全てのライブラリが入っている。CLDCよりもリッチな仕様である。 カーナビやセットトップボックスなどの中程度の能力をもったCPUを対象にする。

Foundation Profile

Foundation Profileは、Java ME Connected Device Configuration (CDC) プロファイルのひとつである。 このプロファイルは、Java Platform, Standard Edition API全てが実行できるJava仮想マシンを必要とするデバイスで使用することを目的としている。 典型的な実装では、追加のプロファイルのサポートに応じて、そのAPIのサブセットを使用する。 この仕様は、Java Community Processのもので開発されている。

Personal Basis Profile

Personal Basis Profileは、Foundation Profileを拡張したもので、軽量なGUI (AWTのサブセット) が含まれている。

Personal Profile

Personal Profileは、Personal Basis Profileをさらに拡張したもので、より完全なAWTのサブセットとJavaアプレットサポートが含まれている。

携帯電話でのアプリの互換性

日本の携帯電話ではauKDDI沖縄セルラー電話連合)のEZアプリ (Java)SoftBank(ソフトバンク)のS!アプリWILLCOMのJavaアプリがMIDPを採用しており、NTTドコモiアプリは同社が独自に作成したDoJaプロファイルやStarプロファイルを使っている。各社の機能が少しずつ違うため、現状では互換性は少ない。

開発方法

開発は Java SE 上でMicro Edition用の開発ツールを組み合わせて行う。 APIも必要なものに限って実装する。

開発ツールの例

Java MEアプリケーションのサイズを実行形式 (JAR形式) のまま軽量化するJavaアプリ圧縮ツール。
  • NetBeans IDE開発環境 60MBぐらいの本体を入れた後にnetbeans_mobilityをインストールするだけで開発環境が整う

JSR (Java Specification Requests)

基礎

JSR 番号名称備考
68J2ME Platform Specification
30CLDC 1.0
37MIDP 1.0
118MIDP 2.0
139CLDC 1.1
271MIDP 3.0
360CLDC 8
361Java ME Embedded Profile 8

主要な拡張

JSR 番号名称備考MSA
75File Connection and PIMファイルシステム・アドレス帳・カレンダー・TODO
82Bluetooth
120Wireless Messaging API (WMA)
135Mobile Media API (MMAPI)音声・動画
172Web Services
177Security and Trust Services
179Location API
180SIP API
184Mobile 3D Graphics API高レベル3Dグラフィックス
185Java Technology for the Wireless Industry (JTWI)
205Wireless Messaging 2.0 (WMA)
211Content Handler API
226Scalable 2D Vector Graphics API for J2ME
228Information Module Profile - Next Generation
229Payment API
234Advanced Multimedia Supplements (AMMS)MMAPI 拡張
238Mobile Internationalization API
239Java Bindings for the OpenGL ES API
248Mobile Service Architecture
253Mobile Telephony API
256Mobile Sensor API
257Contactless Communication API
258Mobile User Interface Customization API
272Mobile Broadcast Service API for Handheld Terminals
280XML API for Java ME
281IMS Services API
287Scalable 2D Vector Graphics API 2.0 for Java ME
293Location API 2.0
298Telematics API for Java ME
300DRM API for Java ME
325IMS Communication Enablers

未完成の規格

JSR 番号名称備考
297Mobile 3D Graphics API (M3G) 2.0

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.