Jリーグカップ/コパ・スダメリカーナ王者決定戦

Jリーグカップ/コパ・スダメリカーナ王者決定戦は、2008年から開催されているJリーグカップ(JリーグYBCルヴァンカップ)とコパ・スダメリカーナ(CONMEBOLスダメリカーナ)の各優勝チーム[1] が対戦するサッカーの国際大会(カップウィナーズカップ)である。正式名称は「JリーグYBCルヴァンカップ/CONMEBOLスダメリカーナ王者決定戦[1]

JリーグYBCルヴァンカップ/
CONMEBOLスダメリカーナ
王者決定戦
開始年 2008年
主催 下記参照
参加チーム数 2
前回優勝 アトレチコ・パラナエンセ(1回目)
最多優勝 鹿島アントラーズ
(2回)
サイト 公式ウェブサイト

2018年大会まではスルガ銀行がプレゼンティングスポンサー[注釈 1][1]となって「スルガ銀行チャンピオンシップ」(: Copa Suruga Bank西: Copa Suruga Bank)の名称を使用いていたが、2019年大会からは「スルガ銀行チャンピオンシップ」(: Copa Suruga Bank西: Copa Suruga Bank)の名称を使用していない。

概要

日本のリーグカップ戦であるJリーグYBCルヴァンカップ(2015年までは「Jリーグヤマザキナビスコカップ」)と、南米サッカー連盟(CONMEBOL)主催の国際大会コパ・スダメリカーナのそれぞれの優勝クラブが対戦する。なお、開催時期はJ1リーグの中断期間中の7~8月である。

2008年より4年間は日本で開催され[2]、2013年から2015年までの日本開催も日本サッカー協会(JFA)とCONMEBOLの間で合意している[3][4]。以後も日本での開催が続いている。

JFA専務理事(当時)の田嶋幸三によれば試合会場にはヤマザキナビスコカップ優勝クラブの近隣にある世界的なスタジアムが使用されるという[5]。しかし2014年の大会では客席の少ない日立柏サッカー場が使用され、2015年の大会には2008年に使用が避けられた万博記念競技場が使用された。

優勝チームには賞金が3,000万円、準優勝チームには賞金が1,000万円がそれぞれ与えられる(2009年大会時点)[6]

2008年から12年間実施されているが、2020年の大会は東京オリンピック開催時期と重複することを考慮し、開催を見送ることが2019年10月26日付で発表されている[7]。2021年の大会実施については「決まり次第発表する」となっている。

主催・主管団体

結果

開催年Jリーグカップ優勝結果コパ・スダメリカーナ優勝会場入場者数
1 2008年 ガンバ大阪 0 - 1 アルセナル 大阪長居スタジアム[11]大阪[注釈 3] 19,278人
2 2009年 大分トリニータ 1 - 2 インテルナシオナル 九州石油ドーム[11]大分 16,505人
3 2010年 FC東京 2 - 2
PK 4 - 3)
LDUキト 国立競技場[11]東京 19,423人
4 2011年 ジュビロ磐田 2 - 2
PK 4 - 2)
インデペンディエンテ エコパスタジアム[11]袋井 19,034人
5 2012年 鹿島アントラーズ 2 - 2
PK 7 - 6)
ウニベルシダ・デ・チレ 県立カシマサッカースタジアム[11]鹿嶋 20,021人
6 2013年 鹿島アントラーズ 3 - 2 サンパウロ 県立カシマサッカースタジアム[11]鹿嶋 26,202人
7 2014年 柏レイソル 2 - 1 ラヌース 日立柏サッカー場 10,140人
8 2015年 ガンバ大阪 0 - 3 リーベル・プレート 万博記念競技場吹田 12,722人
9 2016年 鹿島アントラーズ 0 - 1 サンタフェ 県立カシマサッカースタジアム鹿嶋 19,716人
10 2017年 浦和レッズ 1 - 0 シャペコエンセ 埼玉スタジアムさいたま 11,002人
11 2018年 セレッソ大阪 0 - 1 インデペンディエンテ ヤンマースタジアム長居大阪 10,035人
12 2019年 湘南ベルマーレ 0 - 4 アトレチコ・パラナエンセ Shonan BMW スタジアム平塚平塚 9,129人
2020年 東京オリンピックが同時期に開催予定だったため非開催[13]

統計

クラブ別成績

クラブ名優勝年度準優勝年度
鹿島アントラーズ212012,20132016
インデペンディエンテ1120182011
アルセナル102008
インテルナシオナル102009
FC東京102010
ジュビロ磐田102011
柏レイソル102014
リーベル・プレート102015
サンタフェ102016
浦和レッズ102017
アトレチコ・パラナエンセ102019
ガンバ大阪022008,2015
大分トリニータ012009
LDUキト012010
ウニベルシダ・デ・チレ012012
サンパウロ012013
ラヌース012014
シャペコエンセ012017
セレッソ大阪012018
湘南ベルマーレ012019

クラブ所在国別成績

国・地域名
日本66
アルゼンチン32
ブラジル22
コロンビア10
エクアドル01
チリ01

出場権別成績

出場権
Jリーグカップ優勝クラブ66
コパ・スダメリカーナ優勝クラブ66

脚注

  1. 単なる冠スポンサーではなく、正式名称に名前を連ねる(かつてのFIFAクラブワールドカップにおけるトヨタ自動車と同様の扱い)。
  2. 2015年(G大阪が出場)は赤城乳業コカ・コーラウエストデサントロート製薬[9]、2016年(鹿島が出場)はイエローハットカシオ計算機サントリーナイキジャパン[10]、2017年(浦和が出場)は三菱重工業・ナイキジャパン[1]が協賛している。
  3. 当初、大阪長居スタジアムをホームとするセレッソ大阪は使用に難色を示し、試合会場変更を求めていたが、最終的にはJFAからの要請に応じた[12]

出典

  1. 大会要項”. 日本サッカー協会. 2017年8月17日閲覧。
  2. G大阪、アルセナルになめられてたまるか”. nikkansports.com (2008年4月15日). 2014年6月16日閲覧。
  3. 15年まで開催で合意=スルガ銀行サッカー 時事通信、2010年8月5日閲覧
  4. スルガ銀行チャンピオンシップは来年も開催されます”. スルガ銀行私設広報部ブログ (2012年8月2日). 2013年8月8日閲覧。
  5. 【スルガ銀行チャンピオンシップ2008 OSAKA】Jリーグヤマザキナビスコカップ/コパ・スダメリカーナ 王者決定戦:財団法人日本サッカー協会 田嶋幸三専務理事記者会見コメント”. J's GOAL (2008年4月14日). 2014年6月16日閲覧。
  6. スルガ銀行チャンピオンシップ 2009 OITA:大会実施概要”. 日本プロサッカーリーグ. 2013年10月14日閲覧。
  7. “JリーグYBCルヴァンカップ/CONMEBOLスダメリカーナ 王者決定戦の2020年開催について” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2019年10月26日), http://www.jfa.jp/match/j_conmebol_2019/news/00023243/ 2019年10月26日閲覧。
  8. JリーグYBCルヴァンカップ/CONMEBOLスダメリカーナ 王者決定戦 大会要項”. 日本サッカー協会. 2019年7月14日閲覧。
  9. スルガ銀行チャンピオンシップ2015OSAKA 大会要項”. 日本サッカー協会. 2017年8月17日閲覧。
  10. スルガ銀行チャンピオンシップ2015OSAKA 大会要項”. 日本サッカー協会. 2017年8月17日閲覧。
  11. スルガ銀行チャンピオンシップ”. 日本プロサッカーリーグ. 2012年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月16日閲覧。
  12. “サポーターのみなさまへ” (プレスリリース), セレッソ大阪, (2008年4月14日), http://www.cerezo.co.jp/news_detail_backnum.asp?c_idx=3817&contents_code=100&date_s=2008/04&iPage=2 2014年6月16日閲覧。
  13. “JリーグYBCルヴァンカップ/CONMEBOLスダメリカーナ 王者決定戦の2020年開催について” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2019年10月26日), http://www.jfa.jp/match/j_conmebol_2019/news/00023243/ 2019年10月26日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.