IT勉強会

IT勉強会とは、日本のIT企業を中心に、企業の枠を超え自主的に行われる勉強会ならびに発表会である[1][2]

概要

IT業を中心に、ハッカソンなどの手法が取り入れられ日本においてIT勉強会という形で発達した。参加者は一般の社会人の方から学生、よくWeb上で名前を見掛けるような技術者の方まで多様であり[3]、企業の枠組みを超え、互いに情報交流と勉強ができるのが特徴である[4]。 学会などと比べより身近に学術的でない人とも参加しやすい利点がある。[5]

IT勉強会の特徴

IT勉強会独自文化として下記がある。

  • 1人5分程度のLT(ライトニングトーク)セッションがある。
  • ハッシュタグをつけてtwitterで実況する。
  • 懇親会でピザやビールを片手に話し合う。
  • 発表者はスライドをSlideShareやSpeaker Deckにアップロードする。
  • 参加報告をブログにアップする。
  • そのブログにははてなブックマークがつき話題になることがある。

スライドやブログをアップロードすることで知見がアーカイブされ、Twitterやはてなブックマークで広く共有され、知見や成果がインターネットにより早く共有化される。[6]

日本におけるIT勉強会

日本におけるIT勉強会は企業の枠組みを超え勉強できる環境を作ることが特徴であり、多くの場合ボランティアにおいて企業の会議室などが会場として貸し出される[7]。また、コワーキングスペース共創スペースが利用されることもある。そこでは、企業の最新アプリの紹介、プログラミングの事例紹介などが行われる。このような傾向は多くの場合異業種には見られず、IT業界の中でもベンチャー企業が中心になって行われていた。 しかし、メイカーズムーブメントの流れを受け、ハードウェア分野の勉強会やIoTビッグデータでの異業種連携の流れが出てきている。[8]

オープンイノベーションとして役割

IT勉強会は技術者にとって自己啓発、社外人脈の構築、新しい価値の創造につながり、オープンイノベーションの一種であるという考え方も指摘されている[9]。また、企業がオープンイノベーションへの参加として、オープンソースソフトウェアコミュニティなどの参加もありうるが、企業組織をオープンイノベーションに適応させる取り組みの一歩として、自社の会議室を会場として勉強会・コミュニティに提供することで社外の人材との交流も方法の一つである[10]

地方と都市

多くのIT勉強会は東京を中心とした都市圏で開かれており、ハッカソンなどでは地域課題の解決といいつつ多くは都市部である。このため、各地点をイノベーションハブとして、TwitterのハッシュタグやWEBテレビ電話で中継する試みもある。[11]

コロナ後

2020年、新型コロナウイルス蔓延後は、イベントのオンライン化が進んでおり地域、場所を問わず参加できる傾向に変わりつつある。[12][13]

他のイベントとの差異

類似のものとしては、フューチャーセンター異業種交流会などがある。フューチャーセンターは対話とイノベーションを目的とし[14]、参加する人をIT業種を中心としないことからIT勉強会とは異なっている。また、異業種交流会は、交流と人脈作り[15]を目的とし勉強を目的としないことから、IT勉強会とは異なっている。

脚注

  1. 勉強会主催者・参加者が知らないと泣きを見る48のサービス&テクニック
  2. オラクルエンジニア通信 - 技術資料、マニュアル、セミナー
  3. 第1回 IT勉強会はサークルと同じくらい魅力的!
  4. IT 勉強会スタンプラリー”で行く、全国コミュニティ探訪 第6回
  5. 全国技術系勉強会マップ-技術者のライブセッションに参加しよう!-: 1. 技術系勉強会が熱い 情報処理学会 vol52
  6. アカデミック以外の場において発表される成果や知見の活用について 湯村翼 - 研究報告エンタテインメントコンピューティング (EC), 2015 -
  7. IT勉強会を開催するボクらの理由
  8. ビッグデータ、異業種連携に新指針 公取委 【イブニングスクープ】
  9. オープンイノベーション時代における勉強会の価値
  10. クラウドが普及した市場で、生き残るエンジニアと組織(atmarkit)
  11. みんなのPython勉強会リモート中継 in GEEKLAB.NAGANO #20
  12. コロナ後もオンラインイベント定着へ Peatixが調査結果公開、満足度も高い傾向に
  13. コロナ後もオンラインイベントはどこまで定着するのか?
  14. 新たな「つながる場」、フューチャーセンター
  15. 社外の人脈作り 「異業種交流会」より「資格学校」がよい理由

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.