ISSN

ISSN(International Standard Serial Number、国際標準逐次刊行物番号) は、逐次刊行物を識別するための番号[1][2]で、1971年に国際標準化機構のISO 3297として規格が策定され[3]、ISSNネットワーク(旧称:国際逐次刊行物データシステム(ISDS))が管理している。翻訳規格として日本工業規格(JIS X 0306:2012)になっている[4]。また、RFC 3044 で、URN名前空間として定義されている。日本の場合、国立国会図書館がISSN日本センターとしてISSNの登録・管理を行っている[5]。ISSNの付与は出版者の申請で行う。

日本では、逐次刊行物の流通に「雑誌コード」を使いISSNを用いないことがあるネットの検索では日本の逐次刊行物でもISSNの検索の方が早く出てくることがある

概要

ISSNは、逐次刊行資料のタイトルに対する固有番号であり、改題やメディア変更に伴ってISSNも変更される。また、オンライン刊行物にもISSNは付与されているが、掲載場所の変更などにどれだけ追随していくことが可能なのか(初号主義の目録であるためもあるが)疑問視する向きもある。

ISSNの構成

ISSNは8桁の数字で表され、通常4桁-4桁に分けて表記される。上位4桁が国ごとに割り当てられ、その次の3桁が追い番で付与される。最後の1文字はチェック用であり、重みとして8から2までを用いるモジュラス11で計算される[6]。このため数字のほかXになることがある。またISBNあるいは地域的管理番号など他のコードと同時に使用されることから、記録や印刷表示では必ず冒頭に「ISSN」という記号を表記し、半角スペースの後に半角ハイフンで4桁ずつ2組の数字を続ける規約である[7]ISBNと異なり、番号に国などの情報は含まれていない。

学術雑誌の例を挙げると、『Nature』はISSN 0028-0836またはISSN 0302-2889、『Science』はISSN 0036-8075、『Cell』はISSN 0092-8674である。

Linking ISSN

ISSNネットワークは継続資料の検索や関連付けに用いるLinking ISSN(略称 ISSN-L)を指定している。たとえば原資料と継続資料の媒体が異なると異なるISSNが付与されるため、それらを結びつけるためにLinking ISSNを定めるもので、原資料もしくは継続資料に与えた番号のどちらかを選び指定する[8]

Electronic ISSN

逐次刊行物の電子媒体版にはElectronic ISSN(略称eISSNまたはe-ISSN)が割り当てられている。

脚注

  1. 国立国会図書館サーチについて > ヘルプ”. 国立国会図書館. 2018年4月4日閲覧。
  2. オープンアクセスジャーナル出版のためのオンラインガイド > 準備”. 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII). 2018年4月4日閲覧。
  3. ISSN International Centre. ISSN and ISO standards”. 2012年12月17日閲覧。
  4. 日本工業規格 (2012年9月20日). JIS X 0306:2012 (ISO 3297:2007) JIS X 国際標準逐次刊行物番号(ISSN)”. 日本工業標準調査会. pp. 1-21. 2018年4月4日閲覧。
  5. 小山 順一郎 [KOYAMA Junichiro]「ISSN(国際標準逐次刊行物番号)、ISSNネットワークと日本センター:紹介と今後の課題について」『情報管理』第50巻第3号、国立研究開発法人 科学技術振興機構、2007年、 144-154頁、 doi:10.1241/johokanri.50.144 ISSN 0021-7298 NAID 130000072450
  6. 日本工業規格 2012, p. 1.
  7. 日本工業規格 2012, p. 3.
  8. 日本工業規格 2012, p. 4.

参考資料

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.