ISO 9

国際標準規格ISO 9は、スラヴ語派の多くと非スラヴ系のいくつかの言語[1]が用いるキリル文字ラテン文字翻字する体系である。

ISO 9の主な利点として、ダイアクリティカルマークを用いて一つの文字に対して対応する文字は一つに決められている。そのため元の言語が判らなくても可逆的な翻字が可能である。

ISO/R 9:1954,、ISO/R 9:1968及びISO 9:1986といった初期のバージョンでは、言語学における国際的学術体系(キリル文字の学術的翻字)に基づく点が多かったが、1995年の版より、音韻的対応よりも文字としての一対一の対応を重んじて変更が加えられた。

ISO 9:1995

この標準は3つの表によって構成されている。一番目は現存するスラヴ諸語、二番目は古いスラヴ諸語の綴字法(一番目に含まれる文字を除く)、三番目は非スラヴ諸語(一番目の文字の殆どを含む)に対応する。ISO 9に含まれる文字の中にはUnicode合成済み文字がないものがあり、その場合結合分音記号を用いる必要がある。その一方でUnicodeにはISO 9では用いられない歴史的文字が含まれている。

下表は少なくともアブハズ語アルタイ語ベラルーシ語カラチャイ=バルカル語マケドニア語モルドバ語モンゴル語ロシア語ルシン語セルビア語ウドムルト語ウクライナ語、及びパーロチカを用いるコーカサス諸語の全てに用いられる文字を示す。

ISO 9:1995, GOST 7.79 System A
キリル ラテン Unicode 説明
Аа Aa
Ӓӓ Ää 00C400E4 a diaeresis
Ӓ̄ӓ̄ Ạ̈ạ̈ 00C4+032300E4+0323 a diaeresis and dot below
Ӑӑ Ăă 01020103 a breve
А̄а̄ Āā 01000101 a macron
Ӕӕ Ææ 00C600E6 ae ligature
А́а́ Áá 00C100E1 a acute
А̊а̊ Åå 00C500E5 a ring
Бб Bb
Вв Vv
Гг Gg
Ѓѓ Ǵǵ 01F401F5 g acute
Ғғ Ġġ 01200121 g dot
Ҕҕ Ğğ 011E011F g breve
Һһ 1E241E25 h dot
Дд Dd
Ђђ Đđ 01100111 d macron
Ее Ee
Ӗӗ Ĕĕ 01140115 e breve
Ёё Ëë 00CB00EB e diaeresis
Єє Êê 00CA00EA e circumflex
Жж Žž 017D017E z caron
Җҗ Ž̧ž̧ 017D+0327017E+0327 z caron and cedilla
Ӝӝ Z+0304z+0304 z macron
Ӂӂ Z+0306z+0306 z breve
Зз Zz
Ӟӟ Z+0308z+0308 z diaeresis
Ӡӡ Źź 0179017A z acute
Ѕѕ 1E901E91 z circumflex
Ии Ii
Ӣӣ Īī 012A012B i macron
И́и́ Íí 00CD00ED i acute
Ӥӥ Îî 00CE00EE i circumflex
Йй Jj
Іі Ìì 00CC00EC i grave
Її Ïï 00CF00EF i diaeresis
І̄і̄ Ǐǐ 01CF (012C)01D0 (012D) i caron (or breve)
Јј ǰ J+030C01F0 j caron
Ј̵ј̵ J+0301j+0301 j acute
Кк Kk
Ќќ 1E301E31 k acute
Ӄӄ 1E321E33 k dot below
Ҝҝ K+0302k+0302 k circumflex
Ҡҡ Ǩǩ 01E801E9 k caron
Ҟҟ K+0304k+0304 k macron
Ққ Ķķ 01360137 k cedilla
К̨к̨ K+0300k+0300 k grave
Ԛԛ Qq
Лл Ll
Љљ L+0302l+0302 l circumflex
Л’Л’ Ĺĺ 0139013A l acute
Ԡԡ Ļļ 013B013C l cedilla
Мм Mm
Нн Nn
Њњ N+0302n+0302 n circumflex
Ңң Ņņ 01450146 n cedilla
Ӊӊ 1E461E47 n dot below
Ҥҥ 1E441E45 n dot
Ԋԋ Ǹǹ 01F801F9 n grave
Ԣԣ Ńń 01430144 n acute
Ӈӈ Ňň 01470148 n caron
Н̄н̄ N+0304n+0304 n macron
Оо Oo
Ӧӧ Öö 00D600F6 o diaeresis
Өө Ôô 00D400F4 o circumflex
Ӫӫ Őő 01500151 o double acute
Ӧ̄о̄̈ Ọ̈ọ̈ 00D6+032300F6+0323 o diaeresis and dot below
Ҩҩ Òò 00D200F2 o grave
О́о́ Óó 00D300F3 o acute
О̄о̄ Ōō 014C014D o macron
Œœ Œœ 01520153 oe ligature
Пп Pp
Ҧҧ 1E541E55 p acute
Ԥԥ P+0300p+0300 p grave
Рр Rr
Сс Ss
Ҫҫ Şş 015E015F s cedilla
С̀с̀ S+0300s+0300 s grave
Тт Tt
Ћћ Ćć 01060107 c acute
Ԏԏ T+0300t+0300 t grave
Т̌т̌ Ťť 01640165 t caron
Ҭҭ Ţţ 01620163 t cedilla
Уу Uu
Ӱӱ Üü 00DC00FC u diaeresis
Ӯӯ Ūū 016A016B u macron
Ўў Ŭŭ 016C016D u breve
Ӳӳ Űű 01700171 u double acute
У́у́ Úú 00DA00FA u acute
Ӱ̄ӱ̄ Ụ̈ụ̈ 00DC+032300FC+0323 u diaeresis and dot below
Үү Ùù 00D900F9 u grave
Ұұ U+0307u+0307 u dot
Ӯ̈ӯ̈ Ụ̄ụ̄ 016A+0323016B+0323 u macron and dot below
Ԝԝ Ww
Фф Ff
Хх Hh
Ҳҳ 1E281E29 h cedilla
Цц Cc
Ҵҵ C+0304c+0304 c macron
Џџ D+0302d+0302 d circumflex
Чч Čč 010C010D c caron
Ҷҷ Çç 00C700E7 c cedilla
Ӌӌ C+0323c+0323 c dot below
Ӵӵ C+0308c+0308 c diaeresis
Ҹҹ Ĉĉ 01080109 c circumflex
Ч̀ч̀ C+0300c+0300 c grave
Ҽҽ C+0306c+0306 c breve
Ҿҿ Ç̆ç̆ 00C7+030600E7+0306 c cedilla and breve
Шш Šš 01600161 s caron
Щщ Ŝŝ 015C015D s circumflex
Ъъ ʺ 02BA double prime
Ыы Yy
Ӹӹ Ÿÿ 017800FF y diaeresis
Ы̄ы̄ Ȳȳ 02320233 y macron
Ьь ʹ 02B9 prime
Ээ Èè 00C800E8 e grave
Әә A+030Ba+030B a double acute
Ӛӛ Àà 00C000E0 a grave
Юю Ûû 00DB00FB u circumflex
Ю̄ю̄ Ůů 016E016F u ring
Яя Ââ 00C200E2 a circumflex
Ґґ G+0300g+0300 g grave
Ѣѣ Ěě 011A011B e caron
Ѫѫ Ǎǎ 01CD01CE a caron
Ѳѳ F+0300f+0300 f grave
Ѵѵ 1EF21EF3 y grave
Ӏ 2021 double dagger
` `
ˮ ¨ 00A8 diaeresis

以下は翻字の例。ロシア連邦国歌より:

Славься, Отечество наше свободное,
Братских народов союз вековой,
Предками данная мудрость народная!
Славься, страна! Мы гордимся тобой!
Slavʹsâ, Otečestvo naše svobodnoe,
Bratskih narodov soûz vekovoj,
Predkami dannaâ mudrostʹ narodnaâ!
Slavʹsâ, strana! My gordimsâ toboj!

GOST 7.79

GOST 7.79は二つの翻字表からなる。

A系統
キリル文字1字につきラテン文字(ダイアクリティカルマーク付き含む)1字 – ISO 9:1995と同一
B系統
キリル文字1字につきラテン文字1文字以上(ダイアクリティカルマーク不使用)
GOST 7.79 B系統
キリル ラテン Note
Аа Aа
Бб Bb
Вв Vv
Гг Gg
Ѓ/Ґѓ/ґ G`g` マケドニア語のѓ、ウクライナ語のґ
Дд Dd
Ее Ee
Ёё Yoyo ロシア語及びベラルーシ語
Єє Yeye ウクライナ語
Жж Zhzh
Зз Zz
Sѕ Z`z` マケドニア語
Ии I, Y`i, y` ベラルーシ語では用いず、ウクライナ語でy`
Й/Jй/ј Jj マケドニア語のј
Iі I, I`i, i` 古ロシア語及び古ブルガリア語でi`は子音の前のみ
Її Yiyi ウクライナ語
Кк Kk
Ќќ K`k` マケドニア語
Лл Ll
Љљ L`l` マケドニア語
Мм Mm
Нн Nn
Њњ N`n` マケドニア語
Оо Oо
Пп Pp
Рр Rr
Сс Ss
Тт Tt
Уу Uu
Ўў U`u` ベラルーシ語
Фф Ff
Хх Xx
Цц Cz, Ccz, с i, e, y, jの前でc
Чч Chch
Џџ Dhdh マケドニア語
Шш Shsh
Щщ Shh, Shtshh, sht ロシア語とウクライナ語でshh、ブルガリア語でsht
Ъъ A`a`, `` ロシア語で二重重アクセント、ブルガリア語でa`
Ыы Y`y` ロシア語とベラルーシ語
Ьь ` 重アクセント
Ээ E`e` ロシア語とベラルーシ語
Юю Yuyu マケドニア語では用いず
Яя Yaуа マケドニア語では用いず
' アポストロフィー
Ѣѣ Yeуе 古ロシア語と古ブルガリア語
Ѳѳ Fhfh 古ロシア語と古ブルガリア語
Ѵѵ Yhyh 古ロシア語と古ブルガリア語
Ѫѫ O`о` 古ブルガリア語
#

国での採用

ISO 9の逐語訳文は以下の国々で国際標準とされている。しかしその他の翻字法も慣習的に用いられている。

ISO/R 9:1968

これは古い基準であり、スラヴ諸語内の異なる言語間での音素の違いを反映していて、スラヴ学における学術的翻字法により近い。対応する言語はブルガリア語、ロシア語、ベラルーシ語、ウクライナ語、セルビア語及びマケドニア語である。比較のためISO 9:1995も示した。

ISO/R 9:1968とISO 9:1995
キリル文字 1968 1995 備考
Аа Aa Aa
Бб Bb Bb
Вв Vv Vv
Гг G, Hg, h Gg ベラルーシ及び語ウクライナ語ではh、他ではg(下表参照)
Ґґ Gg ウクライナ語
Дд Dd Dd
Ѓѓ Ǵǵ Ǵǵ マケドニア語
Ђђ Đđ Đđ セルビア語
Ее Ee Ee
Ёё Ëë Ëë ロシア語及びベラルーシ語
Єє Jeje Êê ウクライナ語
Жж Ž, Zhž, zh Žž 下表参照
Зз Zz Zz
Ѕѕ Dzdz マケドニア語
Ии I, Yi, y Ii ベラルーシ語では用いず、ウクライナ語ではy、その他ではi(下表参照)
Iі I, Īi, ī Ìì ブルガリア語では用いず、セルビア語及びマケドニア語、古典ロシア語(下表参照)
Її Ïï Ïï ウクライナ語
Йй J, Ĭj, ĭ Jj セルビア語及びマケドニア語では用いず(下表参照)
Јј Jj ǰ セルビア語及びマケドニア語
Кк Kk Kk
Лл Ll Ll
Љљ Ljlj セルビア語及びマケドニア語
Мм Mm Mm
Нн Nn Nn
Њњ Njnj セルビア語及びマケドニア語
Оо Oo Oo
Пп Pp Pp
Рр Rr Rr
Сс Ss Ss
Тт Tt Tt
Ќќ マケドニア語
Ћћ Ćć Ćć セルビア語
Уу Uu Uu
Ўў Ŭŭ Ŭŭ ベラルーシ語
Фф Ff Ff
Хх Ch, Hch, h Hh セルビア語及びマケドニア語でh、その他でch(下表参照)
Цц C, Tsc, ts Cc 下表参照
Чч Č, Chč, ch Čč 下表参照
Џџ セルビア語及びマケドニア語
Шш Š, Shš, sh Šš 下表参照
Щщ Šč, Št, Shchšč, št, shch Ŝŝ ベラルーシ語、セルビア語及びマケドニア語では用いず、ブルガリア語でšt、その他でšč(下表参照)
Ъъ Ăʺ, ă ʺ セルビア語及びマケドニア語とベラルーシ語及びウクライナ語の古典では用いず、ブルガリア語でă、その他でʺ(下表参照)
Ыы Yy Yy ロシア語及びベラルーシ語
Ьь ʹ ʹ セルビア語及びマケドニア語では用いず
Ѣѣ Ěě Ěě セルビア語及びマケドニア語では用いず、古典その他
Ээ Ėė Èè ロシア語及びベラルーシ語
Юю Ju, Yuju, yu Ûû セルビア語及びマケドニア語では用いず(下表参照)
Яя Ja, Yaja, ya Ââ セルビア語及びマケドニア語では用いず(下表参照)
ベラルーシ語及びウクライナ語、古典ロシア語
Ѫѫ Ȧ, ʺ̣ȧ, ʺ̣ Ǎǎ 古典ブルガリア語(下表参照)
Ѳѳ 古典ロシア語
Ѵѵ 古典ロシア語
ブルガリア語
ъ及びѫは語末では翻字しない。
ロシア語及びベラルーシ語
ъは語末では翻字しない。

準標準

ISO/R 9 - 1968は主な標準からの逸脱をいくつか許容している。下表に示したのはその準標準である。

  • 準標準1はロシア語(ロ)、ウクライナ語(ウ)、ベラルーシ語(ベ)及びブルガリア語(ブ)それぞれの言語に依存する異なる翻字を示した。
  • 準標準2は、慣習により別の翻字法が好まれる(集団としてのみでなく)国々でのやり方を許容する。
キリル文字 ISO/R 9 - 1968
準標準1 準標準2
гh (, )g
жžzh
иy ()i
іi (, )ī
йjĭ
хch (, , )hkh
цcts
чčch
шšsh
щšt ()ščshch
ъă ()ʺ
юjuyu
яjaya
ѫȧ ()ʺ̣

関連項目

参考文献

  1. アブハズ語、アルタイ語、ブリヤート語、チュヴァシ語、カラチャイ=バルカル語、モルドバ語、モンゴル語、ウドムルト語、及びパーロチカを用いる全てのコーカサス諸語
  2. "Система стандартов по информации, библиотечному и издательскому делу (СИБИД), действующих в Республике Беларусь", item 55 (Sistema standartov po informacii, bibliotečnomu i izdatel'skomu delu (SIBID), dejstvuûŝih v Respublike Belarus')

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.