IHI

株式会社IHI(アイ・エイチ・アイ、英:IHI Corporation)は、東京都江東区豊洲に本社を置く、重工業を主体とする日本の製造会社。三菱重工業(MHI)・川崎重工業(KHI)と共に三大重工業の一角を成している。

株式会社IHI
IHI Corporation
豊洲IHIビル
種類 株式会社
市場情報
略称 IHI、石播
本社所在地 日本
135-8710
東京都江東区豊洲3丁目1-1
豊洲IHIビル
設立 1889年(明治22年)1月17日
(有限責任石川島造船所)
業種 機械
法人番号 4010601031604
事業内容 建設機械航空エンジンプラント
代表者 代表取締役会長CEO 満岡次郎
代表取締役社長COO 井手博
代表取締役副社長兼副社長執行役員 山田剛志
代表取締役副社長兼副社長執行役員 識名朝春
資本金 1,071億65百万円
発行済株式総数 154,679千株
売上高 連結:1兆4,834億4,200万円
単独:7,004億9,700万円
(2019年3月期)
営業利益 連結:824億8,800万円
単独:336億1,000万円
(2019年3月期)
純利益 連結:398億8,900万円
単独:205億5,800万円
(2019年3月期)
総資産 連結:1兆6,645億2,900万円
単独:1兆1,133億7,900万円
(2019年3月期)
従業員数 連結:29,286名
単独:8,011名
(2019年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行(信託口)6.79%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口)5.09%
日本トラスティ・サービス信託銀行(三井住友信託銀行再信託分・株式会社東芝退職給付信託口)3.58%
第一生命保険3.49%
STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY505001 2.99%
関係する人物 土光敏夫
稲葉興作
永野治
碓井優
真藤恒
外部リンク https://www.ihi.co.jp/
特記事項:各種経営指標は2019年3月期

旧社名は石川島播磨重工業株式会社(いしかわじまはりまじゅうこうぎょう、Ishikawajima-Harima Heavy Industries Co., Ltd.)。2007年7月1日をもって、従来略称として用いてきたIHIを正式社名に変更した[1]

概要

幕末以来160年を超える歴史があり、重機などの重工業において、日本を代表する企業の一つである。東京駅丸の内駅舎の鉄骨の建造(施工は大林組が担当し、1914年に開業)[2]永野治による日本初のターボ・ジェットエンジン開発(1945年)、日本国内最大の大型海水淡水化装置建設(1967年)、東京湾アクアライン工事用シールド掘進機納入(1997年)、明石海峡大橋ケーソンやタワー(主塔)の建設(1998年)などに関わってきた。

同社のトップは政財界でも様々な活動を行っている。最近では伊藤源嗣日本経済団体連合会(日本経団連)の評議員会副議長を務めていた(就任時は社長、2003年~2007年)[3]。1980年代に中曽根康弘首相が進めた行政改革においては、その基本方針をまとめた第二次臨時行政調査会の会長を同社出身の土光敏夫が務め[4]、その主要政策として実行された日本電信電話公社の民営化では真藤恒が同公社の最後の総裁、及び日本電信電話(NTT)の初代社長としてその移行を実現させた。また、稲葉興作は1993年から2001年に日本商工会議所の会頭であった[5]

元来独立系の企業だが、土光敏夫が三井グループの東京芝浦電気(現:東芝)の再建に関わって[4]以来東芝と密接な関係にあるため、三井グループを構成する二木会(社長会)・三井業際研究所(二木会直轄のシンクタンク)・綱町三井倶楽部(三井系の会員制クラブ)[6]及び月曜会(三井グループ各社の役員間の相互親睦と情報交換を目的とする会合)に加盟している[7]。一方、旧石川島重工業と旧第一銀行とのつながりから、メインバンクはみずほ銀行であり、IHIは第一勧銀グループにも属している[8]

2012年10月からコーポレートメッセージを「Realize your dreams」とした[9]

沿革

旧石川島重工業

旧播磨造船所

  • 1907年(明治40年) - 播磨船渠株式会社設立(初代社長・小曽根貞松)[14]兵庫県相生村(現在の相生市)に船渠建設開始。
  • 1909年(明治42年) - 播磨船渠株式会社が解散。同年に起きた建設中の事故により船渠が崩壊し、出資者が事業意欲を失った事が原因とされる。
  • 1911年(明治44年) - 播磨船渠合名会社を設立。旧社の事業を引き継ぐ。
  • 1912年(明治45年) - 船渠完成。播磨造船株式会社に改組・商号変更。
  • 1916年(大正5年) - (旧)株式会社播磨造船所に商号変更。
  • 1918年(大正7年) - 帝国汽船株式会社と合併。鳥羽造船所と共に同社の造船部となる。
  • 1921年(大正10年) - 帝国汽船造船部を株式会社神戸製鋼所に営業譲渡。神戸製鋼所造船部となる。
  • 1929年(昭和4年) - (新)株式会社播磨造船所として神戸製鋼所から分離設立。この時、造船部傘下の鳥羽電機製作所(現シンフォニア テクノロジー)は、神戸製鋼所に残る。

旧呉造船所

  • 1945年(昭和20年) - 株式会社播磨造船所、旧呉海軍工廠跡に呉船渠開設。
  • 1952年(昭和27年) - 米ナショナル・バルクキャリア (NBC)、旧呉海軍工廠跡に呉造船部開設。
  • 1954年(昭和29年) - 株式会社呉造船所として播磨造船所から分離設立。
  • 1958年(昭和33年) - 世界初の10万トン級タンカー「ユニバース・アポロ」就航。
  • 1962年(昭和37年) - NBCから同社呉造船部の営業譲渡を受ける。

石川島播磨重工業

  • 1960年(昭和35年) - 石川島重工業株式会社が株式会社播磨造船所を合併し、石川島播磨重工業株式会社に商号変更。
  • 1966年(昭和41年) - 世界初の20万トン級タンカー「出光丸」就航。
  • 1968年(昭和43年) - 株式会社呉造船所を合併。
  • 1975年(昭和50年) - 当時世界最大のタンカー(約48万トン)「日精丸」就航。
  • 2000年(平成12年) - 川崎重工業三井造船と官公庁船分野を除く船舶・海洋事業の業務提携を締結。日産自動車から宇宙航空事業・防衛事業を譲受(現IHIエアロスペース)。
  • 2002年(平成14年) - 臨海地区開発の影響で東京第1工場(豊洲)を閉鎖。事業は横浜第3工場に移管。船舶・海洋事業をアイ・エイチ・アイ マリンユナイテッドに分社化。
  • 2003年(平成15年) - 新潟鐵工所から原動機事業(新潟原動機)、輸送機器事業(現新潟トランシス)を譲受。
  • 2006年(平成18年) - アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッドを完全子会社化。本社を千代田区大手町二丁目から江東区豊洲三丁目に移転。

IHI

  • 2007年(平成19年) - 1月15日、橋梁工事をめぐる談合事件をうけ、国土交通省から建設業法に基づき45日間の業務停止命令を受ける。7月1日、商号を株式会社IHI(英文社名:IHI Corporation)に変更。2007年3月期の有価証券報告書上場廃止基準である虚偽記載に当たる可能性があり、東証監理ポストに指定される。
  • 2008年(平成20年) - 2月9日付で監理ポストの指定から特設注意市場銘柄の指定へ変更。
  • 2009年(平成21年) - 5月12日付で特設注意市場銘柄の指定解除。
  • 2013年(平成25年) - 1月1日付で、アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッドがユニバーサル造船と合併し、ジャパン マリンユナイテッドが発足する。IHIはJFEホールディングスと共にジャパン マリンユナイテッドの株式45.93%を保有し筆頭株主となる。
  • 2013年(平成25年) - 10月、IHIメタルテック株式会社の圧延機事業を,三菱日立製鉄機械(現:プライメタルズテクノロジーズ)株式会社に承継。
  • 2015年(平成27年) - 12月、総合熱処理受託サービスを行なう,ドイツのVTN Beteiligungsgesellschaft GmbH(現 IHI VTN GmbH)を買収し完全子会社とした。
  • 2016年(平成28年) - 11月、IHI建機株式会社の全株式について,株式会社加藤製作所に譲渡した。
  • 2019年(平成31年) - 4月、プラント事業を会社分割により,IHIプラント建設株式会社に承継させ,同社に株式会社IHIプラントエンジニアリングを吸収合併させた。 同時に,IHIプラント建設株式会社の商号を株式会社IHIプラントに変更した。

事業拠点

主力工場は次の通り。

  • 航空・宇宙事業[注 1]
    • 相馬第一・第二工場(新加工棟を建設中)(福島県相馬市)、瑞穂工場(東京都瑞穂町)、呉第二工場(広島県呉市)、富岡事業所(群馬県富岡市
  • 機械事業
    • 横浜第二工場(横浜市)、呉新宮工場(広島県呉市)
  • 物流・鉄構事業
    • 砂町工場(東京都江東区)、横浜第一工場(横浜市)、相生生産部(兵庫県相生市)、呉新宮工場(広島県呉市)
  • エネルギー・プラント事業
    • 横浜第一工場、相生工場(兵庫県相生市)
  • その他の事業

主要製品

詳細は、同社ウェブサイト製品案内[15]を参照。

船舶・海洋製品

船舶・海洋事業については、2002年に分社化したアイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド(IHIMU)、2013年からはIHIMUがユニバーサル造船と合併したジャパン マリンユナイテッド(JMU)に移行した。

商船・海洋製品

艦艇

戦前の日本海軍からの受注は小型艦が主立っていたが(幕末および明治初期に数隻建造したのみで軍艦建造から離れたが、大正期になり駆逐艦建造で復帰)、当時先進的な上陸戦能力を備えていた日本陸軍船舶部隊より、特種船と称す大型揚陸艦(現代の強襲揚陸艦の嚆矢とされる船種)を受注しており主力船2隻を建造している。

戦後は輸出向けに建造されたことはないため、納入先は海上自衛隊のみである。

東京石川島造船所(戦前)
播磨造船所(戦前)
石川島播磨(東京)
アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド(横浜)
ジャパン マリンユナイテッド(磯子)

官公庁船

ジェットエンジン

航空の分野において、IHIはジェットエンジン製造を専業とし、初の国産ターボ・ジェットエンジン「ネ20」は同社の製品である。国内におけるジェットエンジンのシェアは60%を超え、トップである。

国産
ライセンス生産

宇宙

宇宙事業は100%子会社のIHIエアロスペースがその多くを担っている。

機械事業

物流・鉄構事業

  • ローダー
  • アンローダー
  • スタッカー
  • リクレーマ
  • クライミングクレーン
  • 自動倉庫
  • 物流システム
  • 橋梁
    • 初代石狩川橋梁 1933年(昭和8年)、東京石川島造船所にて札沼線の開業に合わせて建造。上路式プレートガーター38連、下路式曲弦ワーレントラス4連で構成され、総延長1074.1mは道内最長だった。2001年(平成13年)、新橋が上流側に架けられたことにより役目を終えた。
  • 駐車装置
    タワーパーキング
  • 鉄骨
  • 水門
  • シールド掘進機
    シールド工法にてトンネルを掘削する機械
  • セグメント自動組立
  • コンクリート製品
  • プレストレストコンクリート製品
  • 鉄道車両
  • 案内軌条式鉄道車両
  • 制震装置/免震床
  • 除雪機械

エネルギー・プラント

  • 事業用ボイラ
  • 産業用ボイラ
  • 舶用ボイラ
  • 排煙脱硫装置/排煙脱硝装置
  • 原子力機器
  • 太陽エネルギー利用プラント
  • 石炭液化ガス化プラント
  • 石油精製プラント
  • 石油化学プラント
  • 大型風力発電設備
  • セメントプラント
  • 医薬プラント
  • 海水淡水化装置
  • LNGタンク/LPGタンク
  • 原油タンク
  • 水処理装置
  • 廃棄物処理装置
  • ガスタービン/ガスエンジン

その他

  • ディーゼルエンジン
  • 土木・建設機械
  • 農業機械
  • この他、1980年代のF1において、ホンダ製のターボエンジンのタービンにIHI製のタービンが使用されている。
  • 東宝映画『連合艦隊』(1981年8月8日公開)の特撮シーン撮影用・戦艦大和縮尺1/20モデル(船体はIHIクラフト製で、艦橋や煙突、砲塔やマストなどの上部構造物は東宝美術、ならびに、東宝特殊美術(現:東宝映像美術)で製作。完成は1981年1月20日。水冷ディーゼルエンジン搭載。船体内部に3人が搭乗し、速力6ノットでの自力航行が可能。また、火薬を使用して、46cm3連装主砲の発射シーンの再現も可能。撮影終了後、東京・お台場の船の科学館の玄関脇に屋外展示されていたが、2004年12月、台風並みに発達した暴風雨により破損し、解体処分となった)。

関連会社

2007年に行った会社名変更に合わせ、子会社も従来の「石川島~」から「IHI~」に名称を改めてきている。また本店住所、出資比率もあわせて記載する。

  • 株式会社IHIインフラシステム - 大阪府堺市堺区、100%
    • 株式会社IHIインフラ建設 - 東京都江東区東陽、2011年に「イスミック」から改名、IHIインフラシステム出資100%
  • IHI運搬機械株式会社 - 東京都中央区明石町、100%
    • 株式会社IHI扶桑エンジニアリング - 東京都江東区大島、IHI運搬機械出資100%
  • 株式会社IHI環境エンジニアリング - 東京都江東区木場、100%
  • 株式会社IHIアグリテック - 北海道千歳市上長都、100%、2017年に旧(株)IHIスター・旧(株)IHIシバウラの事業を統合して設立
  • 株式会社IHI物流産業システム - 東京都江東区豊洲、2015年に「IHIロジテック」から改称
    • セントラルコンベヤー株式会社 - 愛知県額田郡幸田町野場四ツ塚
  • 株式会社IHIフォイトペーパーテクノロジー - 東京都中央区佃、51%
  • 株式会社IHI汎用ボイラ - 東京都江東区深川、100%
  • 株式会社IHI検査計測 - 横浜市金沢区福浦、100%
    • 高嶋技研株式会社 - 福井県あわら市瓜生、IHI検査計測出資100%
  • IHIプラント建設株式会社 - 東京都江東区豊洲、100%
  • 株式会社IHIキャスティングス - 東京都昭島市拝島町、100%、「石川島精密鋳造」から改名
  • 株式会社IHIジェットサービス - 東京都昭島市拝島町、100%、主としてガスタービン発電プラント・艦艇用ガスタービンのメンテナンス業務
  • 株式会社IHIマスターメタル - 兵庫県相生市相生(IHI相生事業所内)、100%
  • 株式会社IHIエアロスペース - 東京都江東区豊洲、100%
    • 株式会社IHIエアロスペースエンジニアリング - 群馬県富岡市藤木、IHIエアロスペース出資100%
  • 株式会社IHIエアロマニュファクチャリング - 長野県上伊那郡辰野町大字伊那富
  • 株式会社IHIプラントエンジニアリング - 東京都江東区豊洲、100%
  • 株式会社IHI技術教習所 - 神奈川県綾瀬市小園、100%
  • 株式会社IHI機械システム - 東京都江東区豊洲、100%、旧(株)石川島岩国製作所・旧石川島産業機械(株)の事業を統合して設立
  • 株式会社IHI回転機械エンジニアリング - 東京都江東区東雲、100%、旧石川島汎用機サービス(株)、旧石川島風水力サービス(株)及び旧石川島汎用機械(株)の事業を統合して設立
  • 株式会社IHIターボ - 東京都江東区豊洲、100%、旧石川島汎用機械(株)・旧石川島汎用機サービス(株)の事業統合して設立
  • 株式会社IHIトレーディング - 東京都千代田区有楽町、100%
  • 下記3社は、旧新潟鐵工所(経営破綻)の事業を引き継ぐために設立。
    • 株式会社IHI原動機 - 東京都千代田区外神田、100% 2019年7月新潟原動機(株)から社名変更。IHI本体の航空機転用型ガスタービン発電事業と(株)ディーゼルユナイテッドを吸収合併。
      • ニコ精密機器株式会社 - 新潟県南魚沼市、IHI原動機出資100%
    • 新潟トランシス株式会社 - 東京都千代田区有楽町、100%
  • 株式会社IHIエスキューブ - 東京都江東区豊洲、IHI、IHIビジネスサポート出資
  • 江蘇石川島増圧器有限公司 - 中国江蘇省江陰市周荘鎮、45%、江陰通用動力機械有限公司との合弁会社。三井物産オートモーティブ五十鈴中国、三井物産(中国)も出資
  • IHI Charging Systems International GmbH - ドイツ・ハイデルベルク市、100%、かつてはダイムラーとの合弁会社だった。
  • IHI建材工業株式会社 - 東京都墨田区両国、100%
  • 西日本設計株式会社 - 広島県呉市光町(JMU呉新宮工場内)
  • リブコンエンジニアリング株式会社 - 東京都千代田区鍛冶町
  • 日本ジュロン・エンジニアリング株式会社 - 東京都港区西新橋
  • 青森プラント株式会社 - 青森県上北郡六ヶ所村大字尾駮字野附
  • 寿鉄工株式会社 - 兵庫県相生市
  • 豊洲エネルギーサービス株式会社 - 東京都江東区豊洲
  • 金町浄水場エネルギーサービス株式会社 - 東京都江東区豊洲
  • 株式会社アイ・エヌ・シー・エンジニアリング - 東京都新宿区百人町
  • 株式会社IHIビジネスサポート - 東京都千代田区有楽町
  • 株式会社クローバーターボ - 横浜市磯子区新中原町
  • 株式会社三越 - 富山県富山市下冨居
  • 千葉倉庫株式会社 - 千葉県千葉市中央区出洲港
  • 西播開発株式会社 - 兵庫県相生市那波野
  • 明星電気株式会社 - 群馬県伊勢崎市長沼町、51%、元NECグループ、各種電気一般・理化学および精密機器等の装置・機械器具・部品の製造販売
  • ジャパントンネルシステムズ株式会社 - 横浜市鶴見区小野町、51%、JFEエンジニアリングとの共同出資

かつて存在した関連会社

  • IHIメタルテック株式会社 - 東京都江東区豊洲 100% 2013年10月に主力事業を三菱日立製鉄機械に承継、2014年1月IHIへ吸収合併
  • 株式会社IHIテクノソリューションズ - 神奈川県横浜市磯子区新中原町(IHI横浜事業所内)100% 2012年4月IHIへ吸収合併
  • 株式会社アイメック - 神奈川県横浜市磯子区新中原町(IHI横浜事業所内)2012年7月IHI機械システムへ吸収合併
  • 株式会社IHI知多・E&M - 愛知県知多市北浜町 2010年10月IHI環境エンジニアリングへ吸収合併
  • 名古屋プラスチック・ハンドリング株式会社 - 愛知県名古屋市港区昭和町 2010年10月IHI環境エンジニアリングへ吸収合併
  • 株式会社IHI西播磨サービス - 兵庫県相生市那波南本町 2010年7月IHIビジネスサポートへ吸収合併
  • 株式会社ニッシン - 長野県上伊那郡辰野町 2010年4月IHI回転機械へ吸収合併
  • 株式会社IHI物流 - 神奈川県横浜市磯子区新中原町(IHI横浜事業所内) 2010年1月IHIへ吸収合併
  • 株式会社IHI造船化工機 - 東京都江東区新砂 2010年1月IHIへ吸収合併
  • 東京湾土地株式会社 - 東京都江東区新砂 2010年1月IHIへ吸収合併
  • 株式会社日本ヘイズ - 岐阜県各務原市テクノプラザ 2009年10月IHI機械システムへ吸収合併
  • IHI建機東京販売株式会社 - 東京都千代田区神田須田町、2009年4月IHI建機へ吸収合併
  • IHI精機株式会社 - 滋賀県大津市真野、2009年4月IHI回転機械へ吸収合併
  • 石川島運搬機械エンジニアリング株式会社 - 東京都大田区大森北 2008年石川島運搬機械(現・IHI運搬機械)へ吸収合併
  • 関東セグメント株式会社 - 茨城県行方市 2015年4月IHI建材工業へ吸収合併
  • 株式会社IHIシバウラ - 長野県松本市石芝、91%、ヤンマー農機(2009年2月21日をもって解散。それ以降はヤンマー(株)が受け持つ)と農業機械販売部門を業務提携、2017年10月IHIスター(現・IHIアグリテック)と統合
  • 株式会社IHIシバウラテック - 長野県松本市南原、IHIシバウラ出資100%、2016年4月IHIビジネスサポートへ吸収合併
  • 株式会社ディーゼル ユナイテッド - 東京都千代田区神田須田町、100% 2019年7月IHI原動機(旧新潟原動機)へ吸収合併
  • JAPAN EAS INVESTMENTOS E PARTICIPAÇÕES LTDA(JEI) - ブラジルのアトランチコスル造船所への出資を行うための特定目的会社。2013年設立、2016年撤退により解散。

提供番組

現在

  • news zero(日本テレビ系列、テレビ宮崎を含む) - 2015年4月~、金曜後半枠1社

過去

脚注

注釈

  1. 田無工場(東京都西東京市)は、相馬事業所への移転完了に伴い閉鎖となった。

出典

  1. 石川島播磨重工業、「IHI」に社名変更へ - 7月1日に実施”. マイナビニュース (2007年3月26日). 2017年11月3日閲覧。
  2. 大内田史郎 (2011). “東京丸の内駅舎保存・復原”. 電気設備学会誌 (一般社団法人 電気設備学会) 31 (1月号): 65. doi:10.14936/ieiej.31.63. https://doi.org/10.14936/ieiej.31.63 2017年11月3日閲覧。.
  3. 新副会長に7氏内定/評議員会議長・副議長も”. 日本経団連 (2003年3月13日). 2017年11月3日閲覧。
  4. 東芝、改革精神に“ゆがみ” 歴代名経営者と正反対の「当期利益至上主義」”. 産経新聞社 (2015年8月3日). 2017年11月3日閲覧。
  5. 稲葉興作氏のご逝去にあたって”. 日本商工会議所 (2006年11月29日). 2017年11月3日閲覧。
  6. ご利用案内”. 綱町三井倶楽部. 2017年11月3日閲覧。
  7. 三井グループの100年企業”. 三井グループ広報会 (2014年7月18日). 2017年11月3日閲覧。
  8. 田中彰、「六大企業集団の無機能化: ポストバブル期における企業間ネットワークのオーガナイジング」『同志社商学』 2013年 64巻 5号 p.330-351, doi:10.14988/pa.2017.0000013201
  9. IHIグループの新コーポレート・メッセージを策定
  10. 『石川島重工業 108年史』1961年、306-308頁
  11. 開業前の東京駅写真、横須賀で見つかる オリジナルプリント、鉄骨まで鮮明”. 毎日新聞 (2019年3月6日). 2019年3月6日閲覧。
  12. 中沖満+GP企画センター、2005、『国産トラックの歴史』、グランプリ出版 p.23
  13. [12] p.25
  14. 創業時代JMUアムテック
  15. 製品案内
  16. 『日本のカーフェリー―その揺籃から今日まで―』海人社世界の艦船別冊〉、2009年3月15日。
  17. 千早 1969, p. 336.
  18. プレスリリース
  19. 千早 1969, p. 12.
  20. 千早 1969, p. 14.
  21. 千早 1969, p. 13.
  22. 千早 1969, p. 337.
  23. 千早 1969, p. 338.
  24. 世界の艦船2002年5月号』第595号、海人社、2002年5月1日。
  25. 千早 1969, p. 340.
  26. 世界の艦船2005年1月号』第636号、海人社、2005年1月1日。
  27. 世界の艦船7月号増刊 海上自衛隊2015-2016』第819号、海人社、2015年6月18日。
  28. 世界の艦船2005年12月号』第651号、海人社、2005年12月1日。

関連文献

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.