IBM PS/2

IBM PS/2(IBMぴーえすつー、英語: IBM Personal System/2)は、IBM1987年に発売したパーソナルコンピュータのシリーズ。

IBM PS/2
製造元 IBM
種別 パーソナルコンピュータ
発売日 1987年4月
OS
ディスプレイ
前世代ハード IBM PC AT
次世代ハード
関連商品
タワー型のIBM PS/2モデル60、70
CRT一体型のIBM PS/2 モデル25

上位モデルではCPU80386、拡張バスにMicro Channel Architecture(MCA)、グラフィックにVGAを採用し、IBMとマイクロソフトの共同開発OSであるOS/2も同時発表された。主に企業向けだが、初期には個人向けモデル、後にはノート型も登場した。前身はIBM PC AT、後継は企業向けのIBM PC Series、家庭向けのIBM PS/1、ノート型のThinkPadなど。

概要

一部の下位モデル(25、30など)を除き、以下のハードウェア仕様を採用した。MCAやABIOSを除き、今日のPC/AT互換機に繋がる仕様は、ここで確立された。

  • システムバスとして、拡張ボードのリソース自動設定や高度なバス調停機能を持つ高速なMicro Channel Architecture(MCA)
  • BIOSとして、ABIOSを搭載
  • ビデオサブシステム(グラフィック規格)として、Video Graphics Array(VGA)を搭載
  • 全機種で3.5インチ・フロッピードライブを搭載(720K/1.44M)
  • 全機種でキーボードおよびマウスインターフェースのPS/2ポートを搭載
  • 純正OSとして、PC DOS(IBM DOS)およびOS/2(PS/2より遅れて出荷開始)をサポート

キーボードレイアウトは後期PC/ATの101拡張キーボードのままであり、プリンターなどはそのまま使用できた。MCAモデルは従来のAT拡張カードは使用できず、従来の5インチのフロッピーディスクは3.5インチに変換が必要だったが、ソフトウェア的には上位互換性があり、大半のIBM PC系(PC/XTPC/AT)用のソフトウェアはPS/2でも使用できた。

コンパックなどによるPC/AT互換機が台頭し始めていたPC業界に対し、大胆で野心的な仕様変更を伴うモデルチェンジは、IBMの主導権回復を意図したものであったが、MCAやOS/2は広くは普及しなかった。しかしVGA、PS/2ポート、3.5インチフロッピーディスク(720K/1.44M)などは、PS/2登場後のPC/AT互換機の仕様として事実上の標準となった。

PS/2ではFDDや電源ユニットさえもケーブルを用いず、専用のプラスチックレールを持つスロットに差すだけで接続が完了するという、徹底したモジュール化思想が適用された。その整然とした筐体構成はネジと板金とケーブルが錯綜するPC/AT互換機に比べれば瞠目すべきものであったが、モジュールのほとんどはIBM純正品しか入手できない専用規格であり、融通が利かず高価となる原因ともなった。

モデル

主要なモデルは以下の通りである。この他に派生モデル(LANアダプター搭載モデル、Ultimediaモデルなど)が多数ある。

発表モデル(型番)CPUバスビデオ特徴
1987年4月30(8530-0xx)8086XTバス(8ビットISA)MCGAデスクトップ、720K FDD、HDDなし
50(8550-021)8028616ビットMCAVGAデスクトップ
60(8560-041)8028616ビットMCAVGAタワー型
80(8580-041/071/111)80386DX32ビットMCAVGAタワー型
1987年8月25(8525)8086XTバス(8ビットISA)MCGAディスプレイ一体型、720K FDD、HDDなし
1987年11月(OS/2 1.0)
1988年6月25 LS
50 Z(8550-031/061)8028616ビットMCAVGA50の高速版
70 386(8570-A21/E61/121)80386DX32ビットMCAVGAデスクトップ
1988年7月(DOS 4.0)
1988年8月30 286(8530-F01/F21)80286ATバス(ISA)VGA
1989年5月55SX(8550-031/061)80386SX16ビットMCAVGA
P70 386(8570-061/121)8038632ビットMCAVGAポータブル
1989年10月486 25PowerPCMCAVGA
1990年3月65 SX80386SX16ビットMCAVGA
1990年5月25 28680286
1990年6月(PS/1)80286/386/486ATバス(ISA)VGAPS/1参照
1990年10月55 LS
80(-A16/161/081)486SX32ビットMCAVGA
90 XP 486(8590-0J9)486DX-2532ビットMCAXGA
95 XP 486(8595-0KD)486DX-3332ビットMCAXGAタワー型
1990年11月P75 486486DX32ビットMCAVGA
1991年3月L40 SX(8543-044)386SX-20MCAVGAラップトップ(3.5kg)
1991年4月 90 XP 486SX486SX32ビットMCAXGA
95 XP 486SX486SX32ビットMCAXGA
1991年6月35 SX(8535-4x)386SX-20ATバス(ISA)VGAデスクトップ
35 LS
40 SX
57 SX(8557-049)386SX-20MCAVGAデスクトップ
1991年10月56 SX(8556-04x)386SX-20MCAVGAデスクトップ
1992年11月90 (8590-OL9)486DX2-50/25MCAVGAタワー
1993年2月56 486SLC (9556-0Bx)486SLC2-50/25MCAXGA-2デスクトップ
1993年3月76 486SX(9576-0Ux)486SX-33MCAXGA-2デスクトップ
77 486SX(9577-0Ux)486SX-33MCAXGA-2デスクトップ
77 486DX2(9577-0Nx)486DX2-66/33MCAXGA-2デスクトップ
95 XP 486(8595-0MT)486DX-50MCAXGA-2タワー
1993年11月95A 566(9595-3QT)Pentium-66MCASVGAタワー
1993年12月85 433(9585-0KG)486DX-33MCASVGAタワー
PS/2 E(9533-DB7)486SLC2-50/25PCMCIAXGA-2省スペース・省エネルギー・省ノイズ
1994年6月76I(9576-Axx)486SX/486DX2MCASVGAデスクトップ
76S(9576-Bxx)486DX2MCASVGAデスクトップ
77I(9577-Axx)486DX2MCASVGAデスクトップ
77I(9577-Bxx)486SX/486DX2MCASVGAデスクトップ

影響

MCA、VGA、3.5インチ・フロッピードライブ(720K/1.44M)、PS/2ポート、OS/2など多数の規格がPS/2発表時に初めて登場した。特にMCAは従来からのPC/ATとハードウェア面の互換性を断ち切るものであったため、大きな議論となった。

Micro Channel Architecture(MCA)はそれまでのPC/ATのISAバス(当時はATバスと呼ばれていた)用拡張ボードとは互換性がなく、またIBMが仕様の使用に対して高額なロイヤルティー(特許使用料)を請求した事から、ごく一部のメーカを除き互換機を発売しなかったため、パーソナルコンピュータにおける拡張カードの主導権奪回と言う当初の目的は失敗した。Compaq、ASTリサーチ、エイサーなどの大多数のPCメーカは、同様に拡張ボードのリソース自動設定や高度なバス調停機能を持ちつつも、ISAとも上位互換性のあるEISAバスを制定しMCAに対抗したが、高機能が高価格に直結してEISAもサーバ機等への採用に留まる事となった。後に、普及価格帯の機種は、リソースの自動設定機能は持たないが、ATバスをベースにグラフィック高速表示などに特化した簡易的・暫定的な拡張方法であるVLバスを採用した。このためMCA、EISA、ISAおよびVLBの規格併存が続き、後にPCIへの移行によって統合された。

なお日本では日本IBMがPS/2ベースに日本語対応を行ったPS/55シリーズを発売した。

脚注

    関連項目

    外部リンク

    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.