GHS予防報告

GHS予防報告は、化学品の分類と表示に関する世界調和システム(GHS)の一部を形成する、異なる言語に翻訳することができる化学物質や混合物の正しい取り扱いについての助言を与える標準化されたフレーズの集合を形成することを目的としている注意書き[1][2]

互換性のあるよく知られているS-フレーズと同じ目的を果たす。

GHSの下での容器のラベル付けのための重要な要素の1つであり、次のものと一緒に使用される: [3]

  • 製品の識別。
  • 1つ以上の危険絵文字 ( 必要な場合
  • 注意 喚起語– 危険または警告 –必要な場合
  • 製品がもたらすリスクの性質と程度を示すハザードステートメント
  • サプライヤー(製造業者または輸入業者の可能性がある)のID

関連項目

参考文献

  1. The United Nations has published the list of GHS precautionary statements in all UN official languages (Arabic, Chinese, English, French, Russian, Spanish): it can be found in Annex 3 of GHS Rev.2 for the corresponding language.
  2. A list of translations into all the European Union official languages can be found in Annex IV to the CLP Regulation, on pages 210–324 of the official English-language version.
  3. Part 1, section 1.4.10.5.2, GHS Rev.2

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.