Firth

Firth は、低地スコットランド語及び英語において、スコットランドイングランドにおける様々な沿岸域を表現するために用いられる単語である。スコットランドの主要地域では、この言葉は大規模な湾だけでなく、海峡にも用いられている。北部諸島では、おおむね小規模な入江に対して使用されるのが通例である。フィヨルド "fjord" は言語学的に同系統(両者ともゲルマン祖語fertuz から来ている)であるが、英語においては狭い意味合いで用いられている。"Firth" と呼称されている水域は、東海岸と国土の南西で一般的な傾向があるが、ローン湾 "Firth of Lorn" は例外といえる。ハイランド地方沿岸にも幾多の河口や海峡、入江など同様の水域が存在するが、"Firth" が用いられることはない(例えば ミンチ海峡  (the Minch) トリドーン湾 (Loch Torridon) )。その代わりにほとんどが "Loch" と呼ばれている。

"Firth" は一般的に氷河時代における氷蝕の跡で、またほとんどが大規模河川に関係している。これは潮汐によって海水の遡上が繰り返された結果、河床が侵食されて大規模な河口に拡大したところだ。水域の境界はやや曖昧である。クライド湾 "Firth of Clyde"ダンバートンまで至る河口部を含むと見なされることがあるが、英国陸地測量部が刊行する地図ではポート・グラスゴーから河川に切り替わると描画されている。しかも、地元ではグリーノックからゲア湖との合流点にまで延びる砂州の先端部 Tail of the Bank を境界とみなす意見や、さらに西のゴウロックを境とする向きもある。 しかしながら、例外が幾つか存在する。例えば、スコットランド東岸のクロマーティ湾 "Cromarty Firth" は、比較的幅の狭い海への出口を備えた大きな湖 "Loch" と見なすことができ、また、ソルウェー湾 "Solway Firth"マレー湾 "Moray Firth"は、極めて大規模な湾である。また、ペントランド海峡 "Pentland Firth"は、湾や入江ではなく明らかに海峡である。

スコットランドの "Firth"

スコットランド西海岸の "Firth"(北から南へ)

ローン湾と周辺の水域
ダンフリーズの南でソルウェー湾に注ぎこむニス川の河口
  • ソルウェー湾 "Solway Firth"イーデン川エスク川ニス川が流れこむ入江)。
    • 湾はソルウェー海岸に面している。
    • ラフ湾 "Rough Firth"
    • 地名: アナングレットナルース湾ウィグタウン(スコットランド領)。イーデン川沿いのカーライルセント・ビーズアスパトリア(イングランド領)。

スコットランド東海岸の "Firth"(北から南へ)

クロマーティ湾の入り口、奥に石油リグを望む。
タイ湾のファイフ側海岸から望むダンディー

以下の "Firth" は北海に接続しているか、あるいはその一部である。

  • ドーノック湾 "Dornoch Firth" (東岸における最北の "Firth")。
    • 地名: ドーノックドーノック湾橋(全長0.5マイルに及ぶ印象的な道路橋)、ボナー・ブリッジカイル・オブ・サザーランドテインターバット・ネスポートマホマック(東海岸の西から北西に面した漁村)。
    • 河川: オアイケル川キャスリー川シン川キャロン川
    • 岬: ターバット・ネス
  • クロマーティ湾 "Cromarty Firth"(比較的狭い海への開口部を有する Loch 型の "Firth")。この "Firth" はマレー湾につながっている。
    • 地名: クロマーティディングウォールインバーゴードン
    • 河川: コノン川オーリン川、アルネス川。
  • マレー湾 "Moray Firth" 及び ("Loch" 型の "Firth"である)ビューリー湾 "Beauly Firth" は、インヴァネス湾 "Firth of Inverness" と接続している。インヴァネス湾は最近の地図に記載されることは希であるが、ネス川ネス湖等のグレートグレンの Loch 群を繋ぐカレドニアン運河を通じ、スコットランド西海岸のローン湾に接続している。
    • マレー湾の地名: インヴァネスネアンフォートローズフォート・ジョージ
    • 岬: ホワイトネス岬、Chanonry PointAlturlie Point
    • ビューリー湾の地名: ビューリー
  • テイ湾 "Firth of Tay"テイ川の河口)。
    • 地名: パースダンディーモニフィーステイポートニューポート・オン・テイニューバーグ
    • 河川: タイ川アーン川
    • 岬: Buddon Ness.
    • 島: マグドラム島
  • フォース湾 "Firth of Forth"フォース川の河口部)
    • 地名: エディンバラダンファームリンカーコーディフォルカークスターリンググランジマウスロサイスノース・クィーンズフェリーサウス・クィーンズフェリーマッセルバーグクレイルセラーダイクアンストライザーピッテンウィームセント・モナンズイーライアールズフェリーロングニドリーアバレディガレインディーレトンノース・バーウィック。湾には全長2,512メートルのフォース道路橋と、2,498メートルのフォース鉄道橋が架けられている。
    • 河川: フォース川エイボン川ウォーター・オブ・リースアーモンド川エスク川リーブン川
    • 島: ベース・ロック島クレイグリース島アイボローイー島フィドラ島インチコルム島インチガービ島インチケイス島インチミッカリー島メイ島ラム島

スコットランド北海岸の "Firth"

ペントランド海峡 "Pentland Firth" と周囲の陸地

北部諸島の "Firth"

ラウジー島Saviskaill 湾の断崖、ウェストレー海峡 "Westray Firth" を通してウェストレー島を望む

北部諸島は15世紀からノルウェーの領土となっていたため、ノルド語起源の地名が数多く残っている。特にシェトランド諸島において、"Firth" は比較的小規模な入江や海峡を表すために使われるが、"geo" や "voe"、"wick" を用いるのが一般的である。オークレー諸島では、"wick" が普通である。

  • シェトランド諸島メインランド島
    • ラックス湾 "Lax Firth" および キャット湾 "Cat Firth"(ネスティング行政教区およびホワイトネス行政教区の近く)
    • コラ湾 "Colla Firth" (2カ所存在する)
    • ゴン湾 "Gon Firth"
    • "Olna Firth"
    • "Olnes Firth"
    • "Quey Firth"
    • "Unie Firth"
    • ウラ湾 "Ura Firth"
    • バラ湾 "Burra Firth" (複数存在する)
      • ファーズ湾 "Firths Voe"(ファース村 (Firth、Shetland) が面する湾)

スコットランドの同様な海域

エリボール湖

スコットランド・ゲール語において、linne はこれまでに挙げたほとんどの "Firth" に対して用いられていた。また、スリート海峡 (Sound of Sleat) や "Crowlin Sound"、クイリン海峡 (Cuillin Sound)ジュラ海峡 (Sound of Jura) ラッセイ海峡 (Sound of Raasay) 、そしてリニ湖 (Loch Linnhe)  の一部が該当する。

次に挙げるスコットランドの水域は、"Firth" と同等ではあるが、名称にこの語は使用されていない:

また、北部諸島 (イギリス)では、用語 "firth" と "sound" は、往々にして曖昧に入れ違えて用いられる。例えば、ブルーモール海峡 (Bluemull Sound)  は、シェトランド諸島内の "Firth" とほとんど変わりがない。

イングランドの "Firth"

  • ソルウェー湾 "Solway Firth"イーデン川エスク川ニス川が流れこむ入江)。
    • 湾はソルウェー海岸に面している。
    • 地名: アナングレットナルース湾ウィグタウン(スコットランド領)。イーデン川沿いのカーライルセント・ビーズアスパトリア(イングランド領)。

スコットランド沿岸以外の "Firth"

大きな湾の南東部にあるテムズ湾 "The Firth of Thames"
  • フレンスブルク湾 "Firth of Flensburg"デンマークドイツとの国境を成す三角江。
  • テムズ湾 "Firth of Thames" は、ニュージーランドワイハウ川(以前はテムズ川という名だった)の河口がある湾。
  • テイ湾 "Firth of Tay"南極。湾が面しているダンディー島の名称の由来である、スコットランドのダンディーに面する湾に因んで命名されている。

関連項目

参照

  1. Anderson、Joseph (Ed.) (1893) Orkneyinga Saga. Translated by Jon A. Hjaltalin & Gilbert Goudie. Edinburgh. James Thin and Mercat Press (1990年再版). ISBN 0-901824-25-9
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.