CPK配色

CPK配色 (: CPK coloring)は分子模型における元素配色法。CPK分子模型の考案者であるロバート・コリー(Robert Corey)とライナス・ポーリング(Linus Pauling)および改善者ウォルター・コルタン(Walter Koltun)にちなむ。

例:(C4H7N)COOH(プロリン)の球棒モデル。炭素(C)は黒、水素(H)は白、窒素(N)は青、酸素(O)は赤
CPK配色の元素周期表

歴史

CoreyとPauling(1952年)カリフォルニア工科大学在籍中に、タンパク質などの生体分子空間充填モデルを考案した。彼らの模型は、原子を表す硬材の球をカットし、鮮やかな色で着色して元素ごとに色分けしたものだった。

このような配色を用いて、より小さな樹脂製の分子模型も製作された。

このコリーとポーリングの模型を発展させて特許を取ったのが、Koltun(1965年)である。特許での配色は次のとおり。

配色概要

球棒モデル分子模型の部品箱。いくつかの元素をひとつの色でカバーしている。

以下、代表的な配色を挙げる。

    水素 (H)
    炭素 (C)
    窒素 (N) 紺青
    酸素 (O)
    フッ素 (F), 塩素 (Cl)
    臭素 (Br) 赤褐色[3]
    ヨウ素 (I) 桔梗色[4]
    貴ガス (He, Ne, Ar, Xe, Kr) 青緑
    リン (P)
    硫黄 (S)
    ホウ素 (B), most transition metals [5]
    アルカリ金属 (Li, Na, K, Rb, Cs) すみれ色
    アルカリ土類金属 (Be, Mg, Ca, Sr, Ba, Ra) 深緑
    チタン (Ti)
    (Fe)
    [6]

元素の純物質や代表的な化合物の色など、直感的に記憶しやすい配色となっている。水素は無色の気体、炭素は木炭黒鉛が黒く、硫黄の結晶は黄色く、塩素は黄緑色の気体、臭素は赤褐色の液体、赤リンは赤く、錆びは暗い橙色、(燃焼、酸化)は赤く、青い大気の主成分は窒素である。

配色一覧

1952年のコリーとポーリングの配色、1965年のコルタンの配色のほか、立体分子模型画像作成ソフトJmolの配色[7]、同Rasmolの配色[8]などがある。この4種の配色を次の表に示す。

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
原子
番号
原子
記号
原子名色見本
C
[9]
K
[10]
J
[11]
R
[12]
1H水素            
12H (D)重水素   
13H (T)三重水素   
2Heヘリウム      
3Liリチウム         
4Beベリリウム      
5Bホウ素      
6C炭素               
613C炭素13   
614C炭素14   
7N窒素               
715N窒素15   
8O酸素               
9Fフッ素         
10Neネオン      
11Naナトリウム      
12Mgマグネシウム      
13Alアルミニウム         
14Siケイ素      
15Pリン            
16S硫黄            
17Cl塩素         
18Arアルゴン      
19Kカリウム      
20Caカルシウム         
21Scスカンジウム      
22Tiチタン         
23Vバナジウム      
24Crクロム         
25Mnマンガン         
26Fe            
27Coコバルト         
28Niニッケル            
29Cu            
30Zn亜鉛         
31Gaガリウム      
32Geゲルマニウム      
33Asヒ素      
34Seセレン      
35Br臭素            
36Krクリプトン      
37Rbルビジウム      
38Srストロンチウム      
39Yイットリウム      
40Zrジルコニウム      
41Nbニオブ      
42Moモリブデン      
43Tcテクネチウム      
44Ruルテニウム      
45Rhロジウム      
46Pdパラジウム      
47Ag         
48Cdカドミウム      
49Inインジウム      
50Snスズ      
51Sbアンチモン      
52Teテルル      
53Iヨウ素         
54Xeキセノン      
55Csセシウム      
56Baバリウム         
57Laランタン      
58Ceセリウム      
59Prプラセオジム      
60Ndネオジム      
61Pmプロメチウム      
62Smサマリウム      
63Euユーロピウム      
64Gdガドリニウム      
65Tbテルビウム      
66Dyジスプロシウム      
67Hoホルミウム      
68Erエルビウム      
69Tmツリウム      
70Ybイッテルビウム      
71Luルテチウム      
72Hfハフニウム      
73Taタンタル      
74Wタングステン      
75Reレニウム      
76Osオスミウム      
77Irイリジウム      
78Pt白金      
79Au      
80Hg水銀      
81Tlタリウム      
82Pb      
83Biビスマス      
84Poポロニウム      
85Atアスタチン      
86Rnラドン      
87Frフランシウム      
88Raラジウム      
89Acアクチニウム      
90Thトリウム      
91Paプロトアクチニウム      
92Uウラン      
93Npネプツニウム      
94Puプルトニウム      
95Amアメリシウム      
96Cmキュリウム      
97Bkバークリウム      
98Cfカリフォルニウム      
99Esアインスタイニウム      
100Fmフェルミウム      
101Mdメンデレビウム      
102Noノーベリウム      
103Lrローレンシウム      
104Rfラザホージウム      
105Dbドブニウム      
106Sgシーボーギウム      
107Bhボーリウム      
108Hsハッシウム      
109Mtマイトネリウム      
110Dsダームスタチウム      
111Rgレントゲニウム      

脚注

  1. deep yellow
  2. light, medium, medium dark, and dark green
  3. dark red
  4. dark violet
  5. peach, salmon
  6. pink
  7. Jmol color table at sourceforge.net. Accessed on 2010-01-28.
  8. Rasmol color table at bio.cmu.edu. Accessed on 2010-01-28.
  9. Corey、Pauling、1952年
  10. Koltun、1965年
  11. Jmol
  12. Rasmol。各2色あるが、右は2.7.3版以降のもの。

参考文献

  • Corey, Robert B.、Pauling, Linus、1952年8月25日「Molecular Models of Amino Acids, Peptides, and Proteins」『Review of Scientific Instruments』24巻8号621~627ページ、doi:10.1063/1.1770803
  • Koltun, Walter L.、1965年2月23日「Space filling atomic units and connectors for molecular models」アメリカ合衆国特許第3,170,246号

関連項目

  • 分子グラフィックス
  • 球棒モデル
  • 分子構造模型作成ソフトウェアの一覧

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.