81号型特務艇

81号型特務艇英語: ASU-81 class target support crafts)は、海上自衛隊が運用していた特務艇の艦級。昭和42年度計画から昭和47年度計画にかけて5隻が建造された。当初は支援船(特務雑船)として就役したが、外洋での行動が多く、また救難活動に備えて待機義務があることから、1977年4月18日、種別変更により自衛艦籍(特務艇)となった[1][2]。訓練標的の曳航や訓練弾の回収などに活躍し、2002年10月に最後の艇が除籍された。

81号型特務艇
基本情報
種別 特務艇 (ASU)
運用者  海上自衛隊
就役期間 1968年 - 2002年
次級 ひうち型 (多用途支援艦)
要目
基準排水量 480トン (81号)
490トン (82~84号)
500トン (85号)
満載排水量 575トン
全長 51.5 m
全幅 10.0 m
深さ 5.2 m
吃水 2.5 m (85号では2.6 m)
主機 赤坂UHS27/42
ディーゼルエンジン × 2基
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
出力 1,600馬力
速力 14.5ノット
航続距離 2,500海里 (12kt巡航時)
乗員 35名(81~83号)、25名(84号)
26名(85号)+便乗者14名
レーダー OPS-10 航海用

設計

船体は、中型掃海艇(MSC)と同様の船首楼型・角型船型とされており、外見上も煙突の有無を除いてよく似ているが、これは設計担当者が同じであったためといわれている[3]。設計はJG鋼船規則に準拠しており、また艤装品の大部分は一般舶用品であった[1]。主機関としては、赤阪鐵工所直列3気筒機関であるUHS27/42中速ディーゼルエンジンが採用された[4]

艦中部にはデリックを設けており、力量2トンのブーム2本を備えている。後甲板には、これによって回収したHSS-2ヘリコプター1機を搭載できるようになっていた。ただしヘリコプターの回収は現実的ではなく、最終艇である85号では力量2トンの油圧クレーンに変更された[1]。また82・83号はKD2R-5低速標的機の運用能力を備えており(6機搭載可能)、対空射撃訓練の支援が可能とされた[2]。また艦隊訓練海域までの標的の曳航も行っており、陸岸曳引力は12.3トンである[3]

レーダーとしてはOPS-10を搭載したが、84号はOPS-29、85号はOPS-19とされた[5]。艦橋構造物上には放水銃2基が設置されている。搭載艇としては、6メートル・カッターを煙突脇の右舷に搭載していた[2]

同型艦

#艦名建造所起工進水竣工所属除籍
ASU-81
(YAS-101)
特務艇81号佐世保重工業1967年10月21日1968年1月18日1968年3月30日鹿屋航空基地
佐世保警備隊
1997年10月27日
ASU-82
(YAS-102)
特務艇82号1968年9月25日1968年12月20日1969年3月31日八戸航空基地
大湊警備隊
1998年8月14日
ASU-83
(YAS-103)
特務艇83号1971年4月2日1971年5月24日1971年9月30日館山航空基地
横須賀警備隊
2001年6月15日
ASU-84
(YAS-104)
特務艇84号臼杵鉄工所1972年2月4日1972年6月7日1972年9月13日由良基地分遣隊
佐伯基地分遣隊
2001年9月14日
ASU-85
(YAS-105)
特務艇85号1973年2月20日1973年7月16日1973年9月19日父島基地分遣隊2002年10月30日

参考文献

  1. 「海上自衛隊全艦艇史」『世界の艦船』第630号、海人社、2004年8月、 126頁、 NAID 40006330308
  2. 森恒英「14. 試験艦、特務艦艇と支援船」『続 艦船メカニズム図鑑』グランプリ出版、1991年、330-335頁。ISBN 978-4876871131。
  3. 戸田孝昭「海上自衛隊支援船のあゆみ (特集・海上自衛隊艦艇史)」『世界の艦船』第445号、海人社、1992年1月、 158-167頁。
  4. 阿部安雄「機関 (自衛艦の技術的特徴)」『世界の艦船』第630号、海人社、2004年8月、 238-245頁、 NAID 40006330308
  5. Bernard Prezelin (1990). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 1990-1991. Naval Institute Press. p. 318. ISBN 978-0870212505
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.