4K 8Kテレビ放送

4K 8Kテレビ放送(よんケイはちケイテレビほうそう)(4K 8K Television broadcasting)は、現行の高精細度テレビジョン放送ハイビジョン1080i(2K)や720p)に比べ、映像動画解像度画素数)が高い映像4K(2160p)や8K(4320p)の「スーパーハイビジョン」で行われる日本の放送の通称

2013年次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)が設立され試験放送を行った[1]。2016年4月1日にはNexTV-Fとデジタル放送推進協会(Dpa)が合併し、放送サービス高度化推進協会(A-PAB)[2]が発足[1]

2018年12月1日からは、BSで本格的に家庭向け4K・8K放送が開始された。

概要

映像解像度SDTV(標準解像度) - 高精細度(HDTV) - 超高精細(UHDTV)と分類した場合、UHDTV(Ultra High Definition Television、超高精細テレビ)で行われる放送に該当する。これを略してUHDと呼ばれることも多い。H.265で圧縮された映像を、地上波衛星衛星放送)、ケーブルテレビIP放送ビデオ・オン・デマンド(VOD)などで伝送する放送サービスが実施・計画されている。日本放送協会(NHK)は4K・8Kをスーパーハイビジョン(SHV)として実用化を進めている。

日本は2014年6月から、スカパー!プレミアムサービス(124/128度CS)において4Kテレビ放送のChannel 4K(チャンネルフォーケイ)が開始された。

日本国内における現行のテレビジョン放送方式であるISDBでは、BS/CS(110度)放送で4K・8K放送を行うため、2016年にA-PABとNHKの共同で実験放送が開始された。そして2018年12月1日の10時にNHKのBS4K並びにBS日テレを除く民放キー局系列のBS放送各社で一斉に4K放送が、NHKではBS8Kとして8K放送の実用放送が開始された。2018年以前の放送(2K放送)と区別するため「新4K8K衛星放送」(しんよんケイはちケイえいせいほうそう)の名称を用いている。

地上波では2018年に4K実験放送が開始された。関東広域圏では10月31日[注 1]に旧地上デジタル放送放送大学のチャンネル28chを使用して、東海広域圏では11月20日に旧地上アナログ放送中京テレビのチャンネル35chを利用して放送されている[3]。本放送に向けては空いている周波数がないため、リパック(物理チャンネルの整理)するか、現行放送に多重する方式として、水平垂直・偏波による多重と、階層分割多重(LDM)が検討されている。

日本の主な4K・8K放送

NHK放送技術研究所による8K衛星放送の公開実験(2015年)

日本国内で実施されている4K・8K放送と今後予定されている4K・8K放送[4]

4K放送

4K UHDTV(2160p(3840×2160))は2Kの4倍(横2倍×縦2倍)である。

  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
    • 3月31日 4K試験放送Channel 4K放送終了[5]
    • 8月1日 BS放送でNHKによる4K試験放送開始(地デジ難視対策放送終了後の空き周波数帯域、BS-17を使用)。
    • 12月1日 NHKと同じBS-17でA-PAB(旧:NexTV-F)が4K試験放送開始。
  • 2017年1月11日 総務省が2018年に開始予定の4K/8K実用放送の参入事業者を決定[6]
  • 2018年
  • 2019年9月1日 右旋BS放送にてBS日テレ 4K[4]が4K実用放送開始。ラグビーワールドカップ2019を4Kで中継する体制が整った影響で、当初の開始予定(同年12月1日)より3ヶ月前倒し[8]
  • 2021年3月1日 左旋BS放送にてWOWOW 4K[9]が4K実用放送開始。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、当初の開始予定(2020年12月1日)より3ヶ月延期[8]

8K放送

8K UHDTV4320p(7680×4320))は2Kの16倍(縦横各4倍)である。スーパーハイビジョンでは60Hzに加え、120Hzのフレームレートを目標にしている。

  • 2016年8月1日 BS放送でNHKによる8K試験放送開始(地デジ難視対策放送終了後の空き周波数帯域、BS-17を使用)。
  • 2017年12月1日 シャープが世界初の家庭用8Kテレビ(LC-70X500)を発売。
  • 2018年
    • 7月23日 BS放送でNHKによる8K試験放送が終了[7]
    • 12月1日 左旋BS放送にてNHK BS8K[2]が8K実用放送開始[8]。毎日10時から22時10分までの間、8K放送を実施する[9]

問題点

  • 地上波デジタル放送でHDTVへの移行が完了した民間放送には、更に4Kカメラや対応設備に投資が必要となり、画質向上で収益が上がらないのに膨大な費用がかかる為、4K放送や4K番組制作には消極的な放送局[注 4]も存在した。現在は民生用機器でも4Kで録画、編集、再生可能であり、業務用のものは4Kで放送されるされないにかかわらず、4K以上に移行している。
  • NHKとキー局系BS局のBS2K放送は4K・8Kのためにスロットが削減され、画質が低下している[注 5]
    • また、NHKはBS4K、BS8Kの開局に伴いBSチャンネルが4波となったため、経営の合理化のために2020年代に2Kで放送されているBS1とBSプレミアムのどちらかが減波される予定[10]になっているが、2020年度に減波の予定はない。さらに、2021年度から3カ年の経営計画案に、BSは4つを2つ以下に集約する方針を盛り込む予定で、BS放送は報道中心の「BS1」、娯楽番組中心の「BSプレミアム」、高画質放送「BS4K」の3チャンネルを段階的に1つに集約、「BS8K」は維持する方向[11]
  • 8Kは、日本ではNHKのみが推進・放送している状況で、受信機[注 6]も放送開始時点ではシャープのみが製造・販売している状況にあった。ただし、海外ではすでにサムスン電子やLGエレクトロニクスなども生産しており、日本でもシャープに続きソニーソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ)が生産を開始している。
  • 受信側も、対応するテレビ[12]チューナー[注 7]や左旋偏波対応のアンテナ(チャンネルによる)、分配器など新たな機材の購入や工事が必要となる[13]
  • 特に在京キー局系の4Kチャンネルは、同じ番組を放送している2Kチャンネルと比べて映像が暗いことが指摘されている[14]
    • この件について朝日新聞は特集記事で「市販の4Kテレビの最大輝度が不足している」点を指摘している[15][16]が、「規格上の数字とそれを表示する輝度は異なる」「民放各局がスタンダードダイナミックレンジSDR)規格の映像を、本来はハイダイナミックレンジHDR)規格の映像を放送する規格であるハイブリッドログガンマ(HLG)方式で放送していることが原因である」点も指摘されている[17]
  • 4K放送を録画したBDが無変換記録(DRモード)であっても他社の4K放送対応のBDレコーダーで再生できない場合がある[18]

脚注

注釈

  1. 放送大学の地上波が完全停波したのは前日
  2. 当初は「BSジャパン 4K」として開局予定だったが、2018年10月1日に2Kサービス名を「BSテレ東」に変更したため、4Kサービス名も変更。
  3. 当初は「映画エンタテインメントチャンネル」として開局予定だったが、ザ・シネマの4Kサービスに変更。法令上はその名称で認定されているのはこのため。
  4. BS日テレは2019年9月1日放送開始、WOWOWは当初2020年12月1日の放送開始を予定していたが、新型コロナウイルス感染症(COPID-19)の影響により2021年3月1日放送開始予定と延期された。
  5. BS・CS2K放送全体でも、NHK BSプレミアム(21.5スロットから18スロットに削減。解像度は維持できたが伝送レートは落ちた)・BS11(開局当初からの18スロットのまま)・WOWOW3波(24×3→72スロットのまま)だけが1920×1080ピクセルの解像度で、それ以外はおしなべて地上波デジタル放送の12セグメント・フルハイビジョン放送時とほぼ同等の解像度たる1440×1080ピクセル(もっともトゥエルビ放送大学スカパー!Dlifeは各局開局当初からこの解像度であった)。更にCS2Kの伝送レートは地上波デジタル放送も下回る。
  6. 試験放送用も含む。
  7. 2018年10月時点で市販されている4K対応テレビの多くは、12月から開始の4K・8K放送のチューナーを搭載していない。

出典

  1. “オールジャパンで4K/8K推進「次世代放送推進フォーラム」設立”. AV Watch (インプレス). (2013年6月17日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/604026.html 2019年9月9日閲覧。
  2. 一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A-PAB)の公式サイト放送サービス高度化推進協会
  3. 地上デジタル放送の高度化(4K・8K)に向けた実証実験が名古屋と東京で行われています!”. 特定ラジオマイク調整機構. 2019年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月9日閲覧。
  4. 「4K・8Kロードマップに関するフォローアップ会合 中間報告」の公表”. 総務省 (2014年9月9日). 2019年9月9日閲覧。
  5. “4K試験放送のChannel 4K、'16年3月31日に終了。「試験放送の役割果たした」”. AV Watch (インプレス). (2015年11月27日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/732594.html 2019年9月9日閲覧。
  6. “2018年の「BS4K放送」は民放5局とNHK。WOWOWやNHK 8KはBS左旋”. AV Watch (インプレス). (2017年1月11日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1038504.html 2019年9月9日閲覧。
  7. 中林暁 (2018年7月23日). BS 4K8K試験放送が終了、45万人以上が体験。12月の新4K8K衛星放送へ課題も”. AV Watch. インプレス. 2018年8月24日閲覧。
  8. 総務省|放送政策の推進|4K・8K放送の推進
  9. 2018年12月1日!「4K・8Kスーパーハイビジョン」 いよいよ本放送が開始!”. NHKスーパーハイビジョン試験放送. NHK. 2017年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月9日閲覧。
  10. NHKのBS、ハイビジョンを1chに削減…2K・4K・8Kの3波に”. www.yomiuri.co.jp. 読売新聞 (2019年12月13日). 2020年1月3日閲覧。
  11. “NHK、BS放送・ラジオを削減へ 次期経営計画案”. 日本経済新聞. (2020年8月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62216100T00C20A8MM0000/ 2020年8月3日閲覧。
  12. “シャープ、世界初8Kチューナー内蔵テレビ 来月発売”. SankeiBiz (産経デジタル). (2018年10月15日). https://www.sankeibiz.jp/business/news/181015/bsb1810151307002-n1.htm 2019年9月9日閲覧。
  13. 知っておきたい4K・8Kの関連情報”. 一般社団法人放送サービス高度化推進協会. 2018年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月9日閲覧。
  14. “検証4K放送は暗いのか 4K放送、画質抜群のはずが「あれ、暗い」 相次ぐ苦情”. 朝日新聞デジタル. (2019年8月2日). https://www.asahi.com/articles/ASM7K62PMM7KULFA03N.html 2019年12月11日閲覧。
  15. “検証4K放送は暗いのか 4K放送、なぜ「暗い」TVメーカーを直撃 残った疑念”. 朝日新聞デジタル. (2019年8月5日). https://www.asahi.com/articles/ASM7L72HRM7LULFA044.html 2019年12月11日閲覧。
  16. “あの4Kテレビが「暗い」というとんでもない衝撃”. 東洋経済オンライン. (2019年11月1日). https://toyokeizai.net/articles/-/311180 2019年12月12日閲覧。 -上記朝日新聞の記事を執筆した記者が東洋経済オンラインで公開した記事。
  17. “本田雅一のAVTrends “4Kテレビが暗い”原因と誤解。消費者守る対策を望む”. AV Watch (インプレス). (2019年12月3日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/avt/1221847.html 2019年12月12日閲覧。
  18. “4K放送をダビングしたBDの“再生”と“互換性”の話。ユーザーが涙する前に統一を”. AV Watch (インプレス). (2019年2月15日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/1169818.html

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.