3-メチルクェルセチン 7-O-メチルトランスフェラーゼ

3-メチルクェルセチン 7-O-メチルトランスフェラーゼ(3-methylquercetin 7-O-methyltransferase、EC 2.1.1.82)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

S-アデノシル-L-メチオニン + 5,7,3',4'-テトラヒドロキシ-3-メトキシフラボンS-アデノシル-L-ホモシステイン + 5,3',4'-トリヒドロキシ-3,7-ジメトキシフラボン
3-メチルクェルセチン 7-O-メチルトランスフェラーゼ
識別子
EC番号 2.1.1.82
CAS登録番号 96477-62-2
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / QuickGO

従って、この酵素の2つの基質はS-アデノシル-L-メチオニンと5,7,3',4'-テトラヒドロキシ-3-メトキシフラボン(イソラムネチン)、2つの生成物はS-アデノシル-L-ホモシステインと5,3',4'-トリヒドロキシ-3,7-ジメトキシフラボン(ラムナジン)である。

この酵素は、転移酵素、特に1炭素基を転移させるメチルトランスフェラーゼのファミリーに属する。系統名は、S-アデノシル-L-メチオニン:5,7,3',4'-テトラヒドロキシ-3-メトキシフラボン 7-O-メチルトランスフェラーゼ(S-adenosyl-L-methionine:5,7,3',4'-tetrahydroxy-3-methoxyflavone 7-O-methyltransferase)である。この酵素は、Chrysosplenium americanumで見られる。

出典

  • De Luca V, Ibrahim RK (1985). “Enzymatic synthesis of polymethylated flavonols in Chrysosplenium americanum. I. Partial purification and some properties of S-adenosyl-L-methionine:flavonol 3-, 6-, 7-, and 4'-O-methyltransferases”. Arch. Biochem. Biophys. 238 (2): 596605. doi:10.1016/0003-9861(85)90205-X. PMID 3994393.
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.