2006年の芸術

2006年の芸術

2006年は、リモダニズムスタッキズムが独自の展開を見せた年であるといえる。

できごと

3月

  • アート・アンド・アンティークス・マガジンにおいて、シュルレアリスムが究極的には"...the foundation for all modern and contemporary art forms."であることが立証されるであろうと述べる。

5月

7月

  • テート・ギャラリークリス・オフィーリThe Upper roomを70万5000ポンドで購入した件で、法律の力の外部で行動した点をチャリティー・コミッションが批判した。

予定

10月

参考項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.