2005年の映画

2005年の映画(2005ねんのえいが)では、2005年(平成17年)の映画分野の動向についてまとめる。

出来事

周年

日本の映画興行

  • 入場料金(大人)
    • 1,800円[11] - 一般入場料金は14年間据え置かれている[12]
    • 1,800円(統計局『小売物価統計調査(動向編) 調査結果』[13] 銘柄符号 9341「映画観覧料」)[14]
  • 入場者数 1億6045万人[15]
  • 興行収入 1981億6000万円[15]
配給会社別年間興行収入
配給会社 番組数 年間興行収入 前年対比 備考
松竹 28 136億8058万円 066.7% ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』のような大ヒット作が無かったため。
東宝 24 525億0934万円 096.8% 東宝歴代3位の年間興行収入
東映 14 119億8586万円 125.1%
出典:「2005年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」『キネマ旬報2006年平成18年)2月下旬号、キネマ旬報社、2006年、 177 - 178頁。

各国ランキング

日本興行収入ランキング

2005年日本興行収入トップ10
順位 題名 製作国 配給 興行収入
1 ハウルの動く城 東宝 196.0億円
2 ハリー・ポッターと炎のゴブレット ワーナー・ブラザース 115.0億円
3 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 20世紀フォックス 091.7億円
4 宇宙戦争 UIP 060.6億円
5 チャーリーとチョコレート工場 ワーナー・ブラザース 053.5億円
6 Mr.インクレディブル ブエナ・ビスタ 052.6億円
7 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ 東宝 043.0億円
8 オペラ座の怪人 GAGA USEN 042.0億円
8 交渉人 真下正義 東宝 042.0億円
10 ターミナル UIP 041.5億円
出典:2005年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟

全世界興行収入ランキング

2005年全世界興行収入トップ10
順位題名スタジオ興行収入
1 ハリー・ポッターと炎のゴブレット ワーナー・ブラザース $896,911,078
2 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 20世紀フォックス $848,754,768
3 ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ $745,013,115
4 宇宙戦争 パラマウント映画 $591,745,540
5 キング・コング ユニバーサル・ピクチャーズ $550,517,357
6 マダガスカル ドリームワークス $532,680,671
7 Mr.&Mrs. スミス 20世紀フォックス $478,207,520
8 チャーリーとチョコレート工場 ワーナー・ブラザース $474,968,763
9 バットマン ビギンズ ワーナー・ブラザース $374,218,673
10 最後の恋のはじめ方 コロンビア映画 $368,100,420
出典:2005 Worldwide Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月11日閲覧。

北米興行収入ランキング

  1. スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
  2. ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女
  3. ハリー・ポッターと炎のゴブレット
出典:2005 Domestic Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月12日閲覧。

イギリス興行収入ランキング

  1. ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  2. ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女
  3. スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
出典:2005 United Kingdom Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月12日閲覧。

フランス興行収入ランキング

2005年フランス興行収入ランキング
順位題名製作国配給興行収入
1. スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 20世紀FOX $56,861,798
2. ハリー・ポッターと炎のゴブレット ワーナー・ブラザース $50,780,955
3. ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 BVI $33,829,693
4. Brice de Nice TFM $31,023,937
5. 宇宙戦争 UIP $29,962,572
出典:2005 France Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月12日閲覧。

日本公開映画

2005年の日本公開映画を参照。

受賞

死去

日付名前国籍年齢職業
1月 8日小森和子95映画評論家[16]
9日 橋本幸治68映画監督[16]
12日アムリーシュ・プリー72俳優[16]
17日ヴァージニア・メイヨ84女優[16]
23日桜むつ子83女優[16]
2月 1日ジョン・ヴァーノン72俳優[16]
4日オジー・デイヴィス87俳優・映画監督[16]
10日アーサー・ミラー89劇作家[16]
19日岡本喜八81映画監督[16]
20日サンドラ・ディー62女優[16]
22日シモーヌ・シモン94女優[16]
イ・ウンジュ24女優[16]
27日那須博之53映画監督[16]
3月 6日テレサ・ライト86女優[16]
7日デブラ・ヒル54脚本家・プロデューサー[17]
10日 照屋林助 75 漫談家・音楽家[16]
12日桂文枝74落語家[16]
4月 1日 頭師孝雄 58 俳優[16]
5日 デブラリー・スコット 52 女優[16]
8日野村芳太郎85映画監督[16]
19日 ジョージ・P・コスマトス64映画監督[18][注 1]
ルース・ハッシー93女優[19]
23日ジョン・ミルズ97俳優[16]
26日マリア・シェル79女優[16]
5月 6日小林勝彦68俳優[16]
ジョー・グラント 96 アニメーター[16]
17日フランク・ゴーシン72俳優・コメディアン[16]
23日 岡枝慎二 76 映画字幕翻訳家[16]
25日イスマイル・マーチャント68プロデューサー[16]
26日エディ・アルバート99俳優[16]
6月 6日アン・バンクロフト73女優[16]
ダナ・エルカー77俳優[16]
8日エド・ビショップ72俳優[20]
18日松村達雄90俳優[16]
19日水島弘73俳優[16]
7月 2日アーネスト・レーマン89脚本家[16]
3日 アルベルト・ラットゥアーダ 90 映画監督[16]
6日 エド・マクベイン 78 作家・脚本家[16]
17日ジェラルディン・フィッツジェラルド91女優[16]
19日 エドワード・バンカー71作家・俳優[21]
20日カヨ・マタノ・ハッタ47映画監督[16]
ジェームズ・ドゥーアン85俳優[16]
26日岡八朗67喜劇俳優[16]
8月 8日バーバラ・ベル・ゲデス82女優[16]
10日 山田正弘 74 脚本家[22]
12日石井輝男81映画監督[22]
16日ジョー・ランフト45アニメーション脚本家・声優[22]
トニーノ・デリ・コリ81撮影監督[23]
22日梶哲也79俳優・声優[22]
23日ブロック・ピーターズ78俳優[22]
31日マイケル・シェアード67俳優[22]
9月 13日中北千枝子79女優[22]
14日ロバート・ワイズ91映画監督[22]
21日 三石千尋 64 カー・スタントマン[22]
22日有川貞昌80特撮監督[22]
25日ドン・アダムス82俳優・コメディアン[22]
10月 7日 チャールズ・ロケット 56 俳優[22]
12日 角梨枝子 77 女優[22]
24日根上淳82俳優[22]
29日ロイド・ボックナー81俳優[22]
11月 5日 ジョン・ファウルズ 79 作家[22]
6日 小林米作 100 記録映像作家[22]
11日ムスタファ・アッカド75映画監督・プロデューサー[22]
16日倉田地三88俳優[22]
18日 ハロルド・J・ストーン 92 俳優[22]
21日高村倉太郎84映画監督[22]
山下毅雄75作曲家[22]
24日パット・モリタ73俳優[22]
26日鈴木尚之76脚本家[22]
28日E・カードン・ウォーカー89元・ウォルト・ディズニー・カンパニー代表取締役会長[24]
マーク・ローレンス (俳優)95俳優[22]
29日ウェンディ・ジョー・スパーバー47女優[22]
12月 4日 原ひさ子 96 女優[22]
グレッグ・ホフマン42プロデューサー[22]
7日エイドリアン・ビドル42撮影監督[22]
10日リチャード・プライヤー65俳優[22]
12日アネット・ヴァディム69女優[22]
14日 トレヴェニアン 74 作家[22]
16日 ジョン・スペンサー 58 俳優[22]
19日 藤木悠 74 俳優[22]
21日 砂本量 47 脚本家・映画監督[22]
26日ヴィンセント・スキャヴェリ57俳優[22]
主な出典:「2005年 映画界物故人」『キネマ旬報2006年平成18年)1月下旬号、キネマ旬報社、2006年、 226 - 227頁。

脚注

注釈

  1. キネマ旬報では死亡日は4月23日となっている[16]

出典

  1. 「トピック・ジャーナル」『キネマ旬報2005年平成17年)12月下旬号、キネマ旬報社、2005年、 168頁。
  2. 映画界10大ニュース 2005, p. 217.
  3. 映画界10大ニュース 2005, p. 224.
  4. 映画界10大ニュース 2005, p. 221.
  5. インデックスが日活を買収”. 日経BP社 (2005年9月7日). 2017年4月1日閲覧。
  6. 「WORLD NEWS 日本」『キネマ旬報2006年平成18年)1月上旬号、キネマ旬報社、2005年、 18頁。
  7. 「WORLD NEWS 日本」『キネマ旬報2006年平成18年)1月下旬号、キネマ旬報社、2006年、 18頁。
  8. 「トピック・ジャーナル」『キネマ旬報2006年平成18年)1月下旬号、キネマ旬報社、2006年、 186頁。
  9. 松竹創業110周年記念”. 東京国立近代美術館フィルムセンター. 2017年4月3日閲覧。
  10. 「トピック・ジャーナル」『キネマ旬報2005年平成17年)12月下旬号、キネマ旬報社、2005年、 170頁。
  11. 斉藤 2009, pp. 135 - 136.
  12. 「2005年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」『キネマ旬報2006年平成18年)2月下旬号、キネマ旬報社、2006年、 179頁。
  13. 小売物価統計調査(動向編) 調査結果”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  14. 主要品目の東京都区部小売価格:昭和25年(1950年)〜平成22年(2010年) (Excel)”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  15. 過去データ一覧”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2016年8月2日閲覧。
  16. 映画界物故人 2006, p. 226.
  17. Debra Hill - Biography”. IMDb. 2017年5月28日閲覧。(英語)
  18. ジョルジ・パン・コスマトス(George Pan Cosmatos) のプロフィール”. allcinema. 2017年5月28日閲覧。
  19. Ruth Hussey - Biography”. IMDb. 2017年5月28日閲覧。(英語)
  20. エド・ビショップ(Ed Bishop) のプロフィール”. allcinema. 2017年5月28日閲覧。
  21. エドワード・バンカー(Edward Bunker) のプロフィール”. allcinema. 2017年5月28日閲覧。
  22. 映画界物故人 2006, p. 227.
  23. Wingfield, Brian (2005年8月21日). Tonino Delli Colli, Prolific Cinematographer, Dies at 81”. The New York Times. 2018年12月16日閲覧。
  24. E. Cardon Walker - Biography”. IMDb. 2017年5月28日閲覧。(英語)

参考文献

  • 斉藤守彦『映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか?』ダイヤモンド社、2009年11月27日。ISBN 978-4-478-01134-8。
  • 「コラムでふりかえる2005年映画界10大ニュース」『キネマ旬報2006年平成18年)2月下旬号、キネマ旬報社、2006年、 215 - 225頁。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.