1998年

千年紀: 2千年紀
世紀: 19世紀 - 20世紀 - 21世紀
十年紀: 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
: 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年

1998年(1998 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、木曜日から始まる平年平成10年。

本項においては国際的な視点に基づいた1998年について記載する。

他の紀年法

各紀年法による1998

カレンダー

1月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
4月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
6月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

できごと

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

天候・天災・観測等

  • エルニーニョ現象の影響で世界的な異常気象が発生し、世界の平均気温が観測史上1位という記録的な高温となった。
  • 11月17日 - 18日 - しし座流星群が33年ぶりにピーク。世界各地で流星が観測された。

芸術・文化・ファッション

スポーツ

野球

ソフトボール

日本で第9回世界女子ソフトボール選手権が開催された。

サッカー

モータースポーツ

映画

ゲーム

誕生

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

死去

ノーベル賞

フィクションのできごと

  • 5月 - ウェザビー博士が建造した航宙船が、宇宙の果ての向こう側を目指して地球から発進。エルトン電子流を用いた超光速での20日間の旅の末、宇宙を無限小の一部分として持つ物質の外側にある世界へと到達し、博士ら5名の乗員がそこに住む人々と接触する。(小説『宇宙の果てを超えて』)[1]
  • 夏?- ニューヨークにトカゲ型の巨大生物が出現し、街を蹂躙するが、米軍によって撃滅される。この生物は、日本の伝説に従ってゴジラと命名されるが、日本に出現した同種の生物とは形態などが著しく異なっており、日本の学者は認めていない。(映画『GODZILLA』『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』)
  • 12月18日 - キュリアン邸事件が発生する。(ゲーム『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド』)[2]
  • 時期不明 - アメリカで反政府武装組織が勢力を拡大。国家警察が組織される。当時の大統領候補が「罪の町・ロサンゼルスに大地震が起こる」と預言。2年後に預言が実現する。(映画『エスケープ・フロム・L.A.』)
  • 不明 - 月面クラビウス基地で新型インフルエンザが流行し、基地が隔離される。(小説『2001年宇宙の旅』)[3]
  • 不明 - 北米古生物学協会(NAPS)の調査員たちが、白亜紀後期(白亜紀16)のものとみられる化石化した現代人の骸骨を発掘。この化石の出所を調査すべく、NAPSのジム・カーペンターがトリケラトプス型ロンカ式タイム・マシン「サム」で白亜紀16へと向かう。(小説『時が新しかったころ』)[4]
  • 不明 - NASAが人類初となる大型宇宙ステーション「アトランタ」を完成させる。(アニメ『トップをねらえ!』)[5]
  • 不明 - 宇宙飛行士獅子王絆らを乗せた日本・宇宙開発公団の有人木星探査船「ジュピロス・ファイヴ」が、木星へと発進する。(アニメ『勇者王ガオガイガー』)[6]

脚注

  1. レイ・カミングス『宇宙の果てを超えて』早川書房、1970年、11・22 - 102頁。ISBN 978-4-15-010009-4。
  2. ストーリー - 『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド2&3』公式サイト(インターネットアーカイブ)、2016年9月21日閲覧。
  3. アーサー・C・クラーク『2001年宇宙の旅 ―決定版―』早川書房、1993年、78頁。ISBN 978-4-15-011000-0。
  4. ロバート・F・ヤング『時が新しかったころ』東京創元社、2014年、10 - 18・188頁。ISBN 978-4-488-74801-2。
  5. 『トップをねらえ大全!』バンダイビジュアル、2012年、41・138頁。ISBN 978-4-04-899247-3。
  6. 竹田裕一郎覇界王 〜ガオガイガー対ベターマン〜 上巻』新紀元社、2017年、205・330・339頁。ISBN 978-4-7753-1504-0。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.