1区現象

1区現象(いっくげんしょう)とは、1996年以降の衆議院議員総選挙小選挙区において、都道府県庁所在地が存在する1区で自民党候補が対立候補に敗北する現象のこと。

概説

日本の選挙では、自民党は農漁村部に強く、民主党は都市部に強いという傾向が一般的にあったが、都道府県庁所在地はおおむねその県で最も都会的な地域であり、都道府県庁所在地が存在する1区で自民党候補が苦戦を強いられることが多かった。この現象は小選挙区制度が導入されてから起こり始めたように思われるが、自民党候補が1区で苦戦を強いられる現象は中選挙区時代の1979年の衆院選から起こり始めている。

2000年の衆院選では閣僚経験者や国会や党の重要地位にいた自民党大物候補が野党候補や保守系無所属候補(中には新人候補にも)に負け、比例復活当選もできなくて落選する現象が都市部で多発し、そのような選挙区は都会的な1区で多かったことから、1区現象と呼ばれるようになった。1996年の衆院選でも1区において野党候補が自民党大物候補に勝つ現象が起きていたが、自民党大物候補が比例復活当選をしている事例が多かったため、2000年の衆院選のような衝撃度はなく、注目されなかった。2000年の場合は自民党比例区上位候補者が単独・重複問わず多かったため、比例同一順位候補の復活当選は4人[1](その後の繰り上げ当選を入れれば5人[2])しかおらず、余計に1区現象が目立つこととなった。

2000年以降、総選挙では1区は全体の勝敗を左右すると思われるようになり、大政党が1区対策に力を入れるようになった。

2005年の衆院選では郵政民営化を大きな争点とする総選挙により、都市部で弱かった自民党が都市部で勢いがついて都市部で大勝する一方、都市部で強かった民主党が苦戦を強いられる逆1区現象が発生した[3]。しかし、その次に行われた2009年総選挙では一転して民主党が優勢に選挙戦を進め、自民党が強いとされた保守王国や大物自民党政治家の存在などのために一度も野党が獲得したことのなかった9選挙区などで民主党が勝利し、過去最大の1区現象(民主旋風)が実現して民主党政権誕生につながった。

なお、自民党が都市部で敗北しやすい現象は、上述のように1970年代後半から発生している。1979年当時は1区現象と言う言葉はまだ使われていなかったが、この年の総選挙で自民党が過半数を大きく割った原因は、都市部に近いほど自民党が議席を取れなかったからである。以後も衆院選で自民党が敗北するときは大抵こうした傾向にあったので、1979年の衆院選がのちに1区現象と呼ばれる発端となった選挙だったといえる。それを象徴する議員が首都東京1区選出の与謝野馨衆議院議員である。与謝野議員は1976年に初当選して以来通算10回当選しているが、過去2回の落選は、都市部で自民党が大敗した1979年と1区現象が完全に定着した2000年である。

1区現象の例

2000年の衆院選
選挙区落選した自民党候補当選した野党候補
名前役職名前政党議員歴
1区における1区現象
岩手1区玉澤徳一郎農林水産大臣達増拓也自由党衆1
宮城1区愛知和男元防衛庁長官[4]今野東民主党新人
栃木1区船田元[5]元経済企画庁長官水島広子民主党新人
東京1区与謝野馨元通商産業大臣海江田万里民主党衆2
山梨1区中尾栄一元建設大臣小沢鋭仁民主党衆2
埼玉1区松永光元大蔵大臣武正公一民主党新人
香川1区藤本孝雄元農林水産大臣平井卓也無所属[6]新人
1区以外における1区現象
東京2区深谷隆司通商産業大臣中山義活民主党衆1
東京5区小杉隆元文部大臣手塚仁雄民主党新人
東京6区越智通雄元金融再生委員会委員長石井紘基民主党衆2
東京7区粕谷茂元北海道沖縄開発庁長官長妻昭民主党新人
東京16区島村宜伸元農林水産大臣宇田川芳雄無所属[7]新人
2009年の衆院選
選挙区落選した自民党候補当選した野党候補
名前役職名前政党議員歴
1区における1区現象
茨城1区赤城徳彦元農林水産大臣福島伸享民主党新人
群馬1区尾身幸次元財務大臣宮崎岳志民主党新人
長野1区小坂憲次元文部科学大臣篠原孝民主党衆2
大阪1区中馬弘毅元行革担当大臣熊田篤嗣民主党新人
鹿児島1区保岡興治元法務大臣川内博史民主党衆4
1区以外における1区現象
東京23区伊藤公介元国土庁長官櫛渕万里民主党新人
愛知9区海部俊樹元内閣総理大臣岡本充功民主党衆3
大阪18区中山太郎元外務大臣中川治民主党衆1

1996年以降の1区における勝敗

1996年以降の1区の勝敗
与党野党
411996年221----22518301-------0022
422000年26-10--330-16100------0017
432003年26-10--027-19-00------0120
442005年32-0---133-13-000-----0114
452009年8-0---08-37-001-----0139
462012年----5005---00-4101--0042
472014年34-0---135-9-10---2--0012
482017年35-0---035---10---0340412
自…自由民主党 社…社会民主党 公…公明党 保…保守党(42)・保守新党(43) 民…(旧)民主党(41)・民主党(42-47) 国…国民新党 無…無所属
進…新進党 由…(旧)自由党 共…日本共産党 維…(旧)日本維新の会(46)・維新の党(47)・日本維新の会(48) 希…希望の党 立…立憲民主党 諸…自由連合新社会党など

1区で当選した政党別候補

1区で当選した政党別候補
選挙区1996年2000年2003年2005年2009年2012年2014年2017年
北海道1区民主民主民主民主民主自民民主立憲
青森1区自民自民自民自民民主自民自民自民
岩手1区新進自由民主民主民主民主民主希望
宮城1区新進民主民主自民民主自民自民自民
秋田1区新進自民民主民主民主自民自民自民
山形1区新進民主自民自民民主自民自民自民
福島1区自民自民自民自民民主自民自民無(野)
茨城1区自民自民自民自民民主自民自民自民
栃木1区無(与)民主自民自民民主自民自民自民
群馬1区自民自民自民自民民主自民自民自民
埼玉1区自民民主民主民主民主自民自民自民
千葉1区自民自民民主自民民主民主民主自民
東京1区自民民主民主自民民主自民自民立憲
神奈川1区自民民主自民自民民主自民自民自民
新潟1区自民自民民主民主民主自民自民立憲
富山1区自民自民自民自民民主自民自民自民
石川1区新進自民民主自民民主自民自民自民
福井1区新進自民自民自民自民自民自民自民
山梨1区自民民主民主民主民主自民民主無(野)
長野1区新進自民自民自民民主民主民主無(野)
岐阜1区自民自民自民無(与)民主自民自民自民
静岡1区新進無(与)民主自民民主自民自民自民
愛知1区新進民主民主民主民主自民自民自民
三重1区新進自民自民自民民主自民自民自民
滋賀1区新進民主民主自民民主自民自民自民
京都1区自民自民自民自民民主自民自民自民
大阪1区自民自民自民自民民主維新維新自民
兵庫1区新進民主自民自民民主自民維新自民
奈良1区新進自民民主民主民主民主民主自民
和歌山1区新進無(与)自民自民民主民主民主希望
鳥取1区無(与)自民自民自民自民自民自民自民
島根1区自民自民自民自民自民自民自民自民
岡山1区自民自民自民自民自民自民自民自民
広島1区自民自民自民自民自民自民自民自民
山口1区自民自民自民自民自民自民自民自民
徳島1区民主民主民主民主民主自民自民自民
香川1区自民無(与)自民自民民主自民自民自民
愛媛1区自民自民自民自民自民自民自民自民
高知1区共産自民自民自民自民自民自民自民
福岡1区民主民主民主民主民主自民無(与)自民
佐賀1区新進自民民主自民民主自民民主無(野)
長崎1区新進民主民主民主民主自民自民希望
熊本1区新進民主民主民主民主自民自民自民
大分1区社民民主無(野)民主民主自民民主自民
宮崎1区自民自民自民自民無(野)自民自民自民
鹿児島1区自民自民自民自民民主自民自民立憲
沖縄1区新進公明公明無(野)国民自民共産共産

脚注

  1. 当初の復活当選は北海道第9区の岩倉博文神奈川県第14区中本太衛千葉県第8区桜田義孝兵庫県第1区砂田圭佑の4人。
  2. 2003年7月に繰り上げ当選をした北川知克を入れれば5人。
  3. 民主、東京で21議席確保:時事ドットコム (日本語). 時事ドットコム. 2021年1月15日閲覧。
  4. 愛知和男の防衛庁長官は非自民内閣である細川内閣での新生党在籍時における閣僚。愛知は自民党在籍時に自民内閣である第2次海部内閣の環境庁長官としての閣僚経験がある。
  5. 2003年11月の総選挙で国政復帰を果たすも、2009年8月の総選挙で再度落選。
  6. 自民党加藤派の支援を受ける。のち自民党に入党。
  7. 元自民党都議会議員。当選後は自民党系無所属議員で構成される会派に所属。のち無所属のまま自民党山崎派に入会。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.