071型揚陸艦

071型揚陸艦(ぜろなないちがたようりくかん、中国語: 071型船坞登陆舰)は、中国人民解放軍海軍ドック型輸送揚陸艦(LPD)の艦級。NATOコードネーム玉昭型: Yuzhao-class[2][3]

071型揚陸艦
艦級概観
艦種ドック型輸送揚陸艦 (LPD)
就役期間2007年 -
次級最新
性能諸元
排水量 満載: 25,000 t
全長210 m
全幅28 m
吃水7.1 m
機関 CODAD方式
SEMT ピルスティク16PC2-6 V400 ディーゼルエンジン (11,800 bhp)4基
スクリュープロペラ2軸
速力最大23ノット(公称)
航続距離10,000海里[1]
乗員120名
兵装 H/PJ-26 76mm単装速射砲1基
H/PJ-13 30mmCIWS4基
艦載機Z-8輸送ヘリコプター2機
艦載艇726型エアクッション揚陸艇4隻
レーダー 360型 対空・対水上捜索用1基
364型 低空警戒用1基
RM-1290 航海用1基
347G型 砲・機銃射撃指揮用3基

設計

本型は、人民解放軍海軍として初のドック型揚陸艦である。またステルス性に配慮した設計から、しばしばアメリカ海軍サン・アントニオ級と対比される。ただし建造価格は同級の3分の1程度といわれている[2]。建造した滬東中華造船の親会社中国船舶工業集団のサイトでは、排水量はサン・アントニオ級と同等の25,000トンとされている[1]。中国メディアのCGTNは、29,000トン[4]で一回り大きいと報道した。

船型は商船ベース、係留装置も一般舶用品とみられている。艦首はバルバス・バウとされている。上部構造物は中央にまとめられており、その後端の2本の煙突は両舷側に寄せられている[5]

機関もサン・アントニオ級と同系列ながらよりバージョンが新しい、SEMT ピルスティク16PC2-6 V400ディーゼルエンジンを4基搭載し、減速機を介して2軸を駆動するCODAD方式とされている[2]

能力

輸送揚陸機能

一般的にはドック型輸送揚陸艦(LPD)として扱われるが、ウェルドックは艦全長の23(約140メートル)に達するとされており[2]、比率としてはドック型揚陸艦(LSD)に近い[5]。このため、大型艦の割には、搭載車両数などが少なくなっている[6]

このウェルドックには726型エアクッション揚陸艇(ACV)4隻が収容されるほか、揚搭作業用として、両舷のレセス内にLCVP 2隻も搭載している。また上部構造物後端にはハンガーを備え、その後方の艦尾甲板は広大なヘリコプター甲板とされている。Z-8輸送ヘリコプター(シュペル・フルロンの中国軍仕様)を通常2機、最大4機搭載可能とされている[2]

搭載能力は、海軍陸戦隊にして大隊規模で[2]装甲戦闘車両15〜20両および兵員500〜800名とされている。艦中部両舷には、人員や車両の揚降のためのサイドランプが備えられている[6]

個艦防御機能

個艦防御用としては、艦首甲板の甲板室上にH/PJ-26 76mm単装速射砲を、また上部構造物の中部・後端のそれぞれ両舷にH/PJ-13 30mmCIWSを1基ずつ備えている。個艦防空ミサイル・システムの搭載も噂されているが、2014年現在確認されていない[2]

同型艦

#艦名建造起工進水就役所属
998崑崙山
(Kunlunshan)
滬東中華造船2006年[7]2006年
12月21日[7]
2007年
11月13日[7]
南海艦隊[7]
999井崗山
(Jinggangshan)
2009年[7]2010年
11月18日[7]
2011年
10月30日[7]
989長白山
(Changbaishan)
2010年[7]2011年
9月26日[7]
2012年
9月23日[7]
988沂蒙山
(Yimengshan)
2013年[7]2015年
1月22日[7]
2016年
2月1日[8]
東海艦隊[8]
980龍虎山
(Longhushan)
2017年
6月15日[9]
2018年
9月12日
987五指山
(Wuzhishan)
2018年
1月20日[10]
2019年
1月12日
南海艦隊
986四明山
(Simingshan)
2018年
12月28日[11]
2020年東海艦隊
985祁連山
(Qilianshan)
2019年
6月6日[12]
2020年南海艦隊

1番艦「崑崙山」は、充実した搭載能力と航続距離、指揮管制能力を活かしソマリア沖海賊対策に従事することになり、2010年6月30日、蘭州級駆逐艦「海口」と第6次中国海軍派遣艦隊を編成、アデン湾へ派遣された。「崑崙山」には任務遂行のため、ロケット弾や機銃の搭載を可能とするための改装を実施したZ-8輸送ヘリコプター2機、726型エアクッション揚陸艇1隻、小型高速艇2隻が搭載された。

2番艦「井崗山」は2017年7月、中国がアフリカ東部に開設した初の海外基地であるジブチ保障基地へ駐留部隊を広東省湛江から輸送した[13]

輸出型

中国は071型をベースとした揚陸艦を東南アジアの新興海軍国へ輸出することを計画している。 071E型と呼称しており、上部構造物が小型化され、ヘリ甲板が延長されて駐機数が3機になる。また、近接防御システムも変更される。船体に余裕があることから、顧客に応じて他の兵装や電子装備の変更も可能としている。

タイ海軍

2019年9月9日にタイ海軍との間で初の建造契約が調印されており[14]、建造費はアメリカのサン・アントニオ級の18億ドル(2012年度)の7〜8分の1となっている。これまで中国から輸出された艦艇としては最大の排水量、タイ海軍としても最大の艦艇となる。1番艦の就役は2023年予定。

他にもマレーシアやインドネシアなどが、興味を示しているとしている。

登場作品

漫画

空母いぶき
曙光工程に際し、海洋監視船・海警3901と共に尖閣諸島へ派遣され、海兵を上陸させて周辺の島々を占拠した。

参考資料

  1. 沪东中华:为中国海军打造“靓丽名片”中国船舶工业集团有限公司NEWS 2014年8月28日
  2. 大塚好古「ドック型輸送揚陸艦「玉昭」型 (特集 中国の現代軍艦)」『世界の艦船』第799号、海人社、2014年6月、 100-101頁、 NAID 40020064125
  3. Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. p. 129. ISBN 978-1591149545
  4. 2019年5月6日
  5. 「揚陸艦艇 (特集・中国海軍の新型艦艇) -- (注目の中国新型艦艇)」『世界の艦船』第686号、海人社、2008年2月、 96-99頁、 NAID 40015771006
  6. 佐々木俊也「着上陸能力 (特集 中国海軍 2015) -- (中国海軍の能力を探る)」『世界の艦船』第816号、海人社、2015年5月、 96-99頁、 NAID 40020406578
  7. Stephen Saunders (2015). Jane's Fighting Ships 2015-2016. Janes Information Group. p. 153. ISBN 978-0710631435
  8. Andrew Tate (2016年2月3日). The PLAN commissions fourth Type 071 LPD (英語). IHS Jane's 360. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月4日閲覧。
  9. Andrew Tate (2017年6月16日). China launches fifth LPD for PLAN (英語). IHS Jane's 360. 2017年6月17日閲覧。
  10. Andrew Tate (2018年1月23日). Chinese navy’s amphibious capabilities continue to grow (英語). IHS Jane's 360. 2018年1月24日閲覧。
  11. Ridzwan Rahmat (2018年12月31日). China launches seventh Type 071 LPD (英語). IHS Jane's 360. 2018年12月31日閲覧。
  12. Andrew Tate (2019年6月10日). China increases construction rate of amphibious assault ships (英語). IHS Jane's 360. 2019年6月10日閲覧。
  13. “中国、初の国外軍事拠点/ジブチ、PKOなど後方支援”. 朝日新聞』朝刊. (2017年8月2日). http://www.asahi.com/articles/DA3S13067282.html
  14. “071E型揚陸艦、初の輸出を実現”. 中国網. (2019年9月18日). http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2019-09/18/content_75218917.htm

関連項目

  • ウィキメディア・コモンズには、071型揚陸艦に関するカテゴリがあります。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.