056型コルベット

056型コルベット中国語: 056型轻型护卫舰英語: Type 056 corvette)は中国人民解放軍海軍が開発したコルベット[3]NATOコードネーム江島型: Jiangdao-class[4]054A型フリゲート022型ミサイル艇の間を埋める近海防御用の艦艇であり[5]、2012年〜2020年の八年間に72隻が進水するという急ピッチで建造が進められている。

056型コルベット
基本情報
艦種 コルベット (軽型護衛艦)
命名基準 中華人民共和国の地級市
運用者  中国人民解放軍海軍
建造期間 2011年 - 現在
就役期間 2013年 - 現在
前級 037-IS型 (海情型; 駆潜艇)
037-II型 (紅箭型; ミサイル艇)
次級 (最新)
要目
基準排水量 1,300トン
満載排水量 1,500トン
全長 88.9 m (292 ft)[1]
全幅 11.14 m (36.5 ft)
吃水 4 m (13 ft)
主機 ディーゼルエンジン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
最大速力 25ノット[1]
航続距離 2,000海里(18kt巡航時)
乗員 60名
便乗者 コマンド部隊30名
兵装H/PJ-26 76mm単装速射砲×1
・ H/PJ-15 30mmRWS×2[2]
HHQ-10近SAM 8連装発射機×1
YJ-83 SSM連装発射筒×2
3連装短魚雷発射管×2基 (Yu-7用)
搭載機 Z-9哨戒ヘリ×1機
※露天係止
レーダー364型 対空/対水上捜索用
347G型 砲射撃指揮用
ソナー ・ 船首装備式

来歴

1980年代、人民解放軍海軍は、駆潜艇をもとに改設計して艦対艦ミサイルを搭載したミサイル護衛艇(导弹护卫艇)として、037-IG型(紅星型)および037-II型(紅箭型)を開発した。これらは、021型(黄蜂型; ソ連製205型の国産化版)のような従来のミサイル艇よりも鈍足だったが、より大型で堪航性に優れていた。その実績をふまえて、037-II型を更に拡張した900トン級の大型ミサイル護衛艇として038型の開発が計画されたものの、これは実現しなかった[6]

その後、設計は更に1,200トン級に大型化し、053型フリゲートをも代替しうるコルベットとして構想されるようになった。これによって建造されたのが本型である[7]

設計

本型の設計は、2005年から2006年にかけて中国船舶工業集団(CSIC)タイ海軍に対して2隻を輸出したパタニ級哨戒艦(OPV)のそれに基づいていると考えられている[8]。船型は長船尾楼型とされている。ステルス性に配慮して上部構造物には傾斜がつけられており、レーダー反射断面積(RCS)は500トン級の艦と同程度とされている[9]

主機関にはディーゼルエンジンが採用されており、2基による2軸推進艦と推測されている。航続距離は諸説あるが、アメリカ海軍協会(USNI)では18ノットで2,000海里[10]ジェーン海軍年鑑では16ノットで3,500海里としている[9]

装備

左舷艦尾側からの写真。

本型の装備は、多くの点で、江凱-II型(054A型)フリゲートのそれを元に、艦型にあわせて取捨選択したものとなっているが、一部には新開発の装備も導入されている。

戦術情報処理装置としては、901型高速戦闘支援艦や903型補給艦と同系統のZKTシリーズを搭載する。これは近海作戦用艦艇や両用戦・支援任務艦艇用として、一説には052B型駆逐艦などのZKJ-5をベースに開発されたシステムともいわれている[11]。捜索用レーダーとしては、対空・対水上兼用の364型が搭載されている。054A型では対空用(3次元式)の382型と対空・対水上用の364型、その前任の053H3型では対空用(2次元式)の517H-1型と対空・対水上用の360型(364型の原型機)と、いずれも長距離対空捜索用の機種と低空警戒・対水上捜索用の機種による併用体制がとられていたが、本型においては後者のみの搭載とされている[10]

主砲システムは054A型のそれに準じて、ロシア製のAK-176 76mm単装速射砲の中国版であるH/PJ-26が搭載され、射撃指揮は347G型レーダーによって行われる。対水上火力としては、やはり054A型と同機種のYJ-83艦対艦ミサイルが搭載されるが、搭載数は4発に半減した[12]

また防空火力としては、新型のHHQ-10近接防空ミサイル・システム(: 近防系统)が導入された。これはアメリカ合衆国ドイツで共同開発されたRAMの中国版というべきシステムであり、従来のHQ-7個艦防空ミサイル(PDMS)730型CIWSの中間的な射程を有し、これらを補完することを目的に開発された[13]。このため、本型においては、従来型PDMSもCIWSも搭載されていない。なお本型では、先行して航空母艦「遼寧」に搭載された18連装発射機よりもさらにコンパクトな8連装発射機が搭載された[12]

船楼の後半上部にはヘリコプター甲板を備え、Ka-28もしくはZ-9哨戒ヘリコプター1機の離着艦が可能となっている。搭載艇としては艦後部扉から直接発進する小型戦闘上陸用舟艇1隻と、両舷側に内火艇2隻を搭載する。

運用

上記の経緯により、人民解放軍海軍では、本型は主として駆潜艇やミサイル護衛艇の後継として配備されており、編制上も、駆潜艇(猟潜艇)大隊を改編して2桁番号の護衛艦大隊を編成している。なお、これらの部隊は水警区の所属であるか、艦隊の直轄であるかは2015年現在不明である[14]

2014年からナイジェリアに2隻のP18N型、バングラデシュに4隻のC13B型が引き渡された[15][16]

2015年2月にアルゼンチンクリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル大統領が訪中してアルゼンチンが領有権を主張するフォークランド諸島に因んで「マルビナス級」と命名した輸出仕様のP18を5隻導入する合意が結ばれたが[17]、後のマウリシオ・マクリ政権は中止したとされる[18]

2017年1月、ガンビアの大統領選挙で当選したアダマ・バロウに対して大統領ヤヒヤ・ジャメが政権交代を拒否したことを受けて西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)が介入した際はナイジェリア軍のP18N(NNS Unity)がガンビアに展開した[19]

同型艦

056/056A型

中国海軍向け。基本型の056型および対潜能力を向上させた056A型が確認されているが、個別の艦がどちらに該当するのかは諸説あるため、以下の一覧において特に区別をしないで表示する。

#艦名造船所進水就役配備先
582蚌埠
(Bengbu)
上海滬東造船廠2012年
5月23日[20]
2013年
3月12日[20]
東海艦隊[20]
596恵州
(Huizhou)
広州黄埔造船廠2012年
6月3日[20]
2013年
7月1日[20]
駐香港部隊[20]
584梅州
(Meizhou)
武漢武昌造船廠2012年
7月31日[20]
2013年
7月29日[20]
南海艦隊[20]
580大同
(Datong)
大連遼南造船廠2012年
8月10日[20]
2013年
5月18日[20]
北海艦隊[20]
583上饒
(Shangrao)
上海滬東造船廠2012年
8月19日[20]
2013年
6月10日[20]
東海艦隊[20]
597欽州
(Qinzhou)
広州黄埔造船廠2012年
8月30日[20]
2013年
7月1日[20]
駐香港部隊[20]
585百色
(Baise)
武漢武昌造船廠2012年
10月25日[20]
2013年
10月12日[20]
南海艦隊[20]
581営口
(Yingkou)
大連遼南造船廠2012年
11月18日[20]
2013年
8月1日[20]
北海艦隊[20]
587掲陽
(Jieyang)
広州黄埔造船廠2013年
1月28日[20]
2014年
1月26日[20]
南海艦隊[20]
586吉安
(Jian)
上海滬東造船廠2013年
2月25日[20]
2014年
1月8日[20]
東海艦隊[20]
589清遠
(Qingyuan)
広州黄埔造船廠2013年
5月31日[20]
2014年
6月11日[20]
南海艦隊[20]
588泉州
(Quanzhou)
上海滬東造船廠2013年
6月26日[20]
2014年
8月8日[20]
東海艦隊[20]
592瀘州
(Luzhou)
武漢武昌造船廠2013年
7月16日[20]
2014年
6月7日[20]
南海艦隊[20]
590威海
(Weihai)
大連遼南造船廠2013年
8月1日[20]
2014年
3月15日[20]
北海艦隊[20]
591撫順
(Fushun)
大連遼南造船廠2013年
8月1日[20]
2014年
7月11日[20]
北海艦隊[20]
595潮州
(Chaozhou)
武漢武昌造船廠2013年
11月14日[20]
2014年
11月28日[20]
南海艦隊[20]
593三門峡
(Sanmenxia)
上海滬東造船廠2013年
11月20日[20]
2014年
11月13日[20]
東海艦隊[20]
594株洲
(Zhuzhou)
広州黄埔造船廠2013年
11月30日[20]
2014年
11月28日[20]
東海艦隊[20]
501信陽
(Xinyang)
大連遼南造船廠2014年
5月1日[20]
2015年
3月7日[20]
北海艦隊[20]
502黄石
(Huangshi)
上海滬東造船廠2014年
5月16日[20]
2015年
5月6日[20]
北海艦隊[20]
503宿州
(Suzhou)
武漢武昌造船廠2014年
5月17日[20]
2015年
2月11日[20]
東海艦隊[20]
504宿遷
(Suqian)
広州黄埔造船廠2014年
6月28日[20]
2015年
7月20日[20]
南海艦隊[20]
505秦皇島
(Qinhuangdao)
上海滬東造船廠2014年
10月11日[20]
2015年
10月16日[20]
北海艦隊[20]
506荊門
(Jingmen)
広州黄埔造船廠2014年
12月25日[20]
2016年
1月26日[20]
南海艦隊[20]
507銅仁
(Tongren)
上海滬東造船廠2015年
3月19日[20]
2016年
2月20日[20]
南海艦隊[21]
512菏沢
(Heze)
大連遼南造船廠2015年
7月7日[20]
2016年
12月12日[20]
東海艦隊[20]
508曲靖
(Qujing)
広州黄埔造船廠2015年
7月18日[20]
2016年
6月8日[20]
南海艦隊[20]
509淮安
(Huaian)
上海滬東造船廠2015年
8月15日[20]
2016年
8月11日[20]
東海艦隊[20]
511保定
(Baoding)
武漢武昌造船廠2015年
10月22日[20]
2016年
12月12日[20]
東海艦隊[22]
510寧徳
(Ningde)
広州黄埔造船廠2015年
10月24日[20]
2016
12月28日[20]
東海艦隊[23]
513鄂州
(Ezhou)
上海滬東造船廠2015年
12月25日[20]
2017年
1月18日[20][24]
東海艦隊[25][24]
514六盤水
(Liupanshui)
広州黄埔造船廠2016年
3月31日[20]
2017年
3月31日[20][24]
南海艦隊[26][24]
518義烏
(Yiwu)
上海滬東造船廠2016年
5月20日[20]
2017年
7月21日[24]
東海艦隊[24]
520漢中
(Hanzhong)
広州黄埔造船廠2016年
7月22日[20]
2017年
7月11日[27][24]
南海艦隊[27][24]
535宣城
(Xuancheng)
武漢武昌造船廠2016年
8月26日[20]
2017年
9月25日[24]
東海艦隊[24]
556宜春
(Yichun)
上海滬東造船廠2016年
9月7日[20]
2017年
10月16日[24]
南海艦隊[24]
540烏海
(Wuhai)
大連遼南造船廠2016年
9月14日[20]
2018年
1月15日[28]
北海艦隊[28]
541張掖
(Zhangye)
大連遼南造船廠2016年
9月14日[20]
2018年
3月某日
北海艦隊
551遂寧
(Suining)
武漢武昌造船廠2016年
9月14日[20]
2017年
11月28日[29][24]
南海艦隊[29][24]
552広元
(Guangyuan)
広州黄埔造船廠2016年
10月28日[20]
2017年
11月16日[29][24]
南海艦隊[24]
554徳陽
(Deyang)
上海滬東造船廠2016年
12月29日[20]
2018年
1月19日
東海艦隊
557南充
(Nanchong)
大連遼南造船廠2017年
2月2日
2018年
6月1日
南海艦隊
610朔州
(Shuozhou)
上海滬東造船廠2017年
7月26日
2019年
12月10日
東海艦隊
608聊城
(Liaocheng)
上海滬東造船廠2017年
12月21日
2020年
1月19日
東海艦隊
625巴中
(Bazhong)
広州黄埔造船廠2018年
3月2日
2019年
11月5日
南海艦隊
611六安
(Luan)
上海滬東造船廠2018年
3月17日
2020年
1月18日
東海艦隊
603定州
(Dingzhou)
大連遼南造船廠2018年
4月29日
2019年
北海艦隊
604牡丹江
(Mudanjiang)
大連遼南造船廠2018年
4月29日
2020年
5月
北海艦隊
615孝感
(Xiaogan)
上海滬東造船廠2018年
5月16日
2020年
東海艦隊
622広安
(Guangan)
武漢武昌造船廠2018年
8月3日
2020年
南海艦隊
626梧州
(Wuzhou)
広州黄埔造船廠2018年
8月8日
2019年
12月29日
南海艦隊
621攀枝花
(Panzhihua)
武漢武昌造船廠2018年
8月27日
2020年
1月10日
南海艦隊
616泰安
(Taian)
上海滬東造船廠2018年
9月12日
2020年
東海艦隊
623文山
(Wenshan)
広州黄埔造船廠2018年
12月11日
2019年
12月31日
南海艦隊
605張家口
(Zhangjiakou)
大連遼南造船廠2019年
1月15日
2020年
4月
北海艦隊
606東営
(Dongying)
大連遼南造船廠2019年
1月15日
2020年
北海艦隊
617景徳鎮
(Jingdezhen)
武漢武昌造船廠2019年
1月22日
2020年
6月17日
東海艦隊
620贛州
(Ganzhou)
武漢武昌造船廠2019年
1月25日
2020年
1月10日
南海艦隊
627恩施
(Enshi)
広州黄埔造船廠2019年
3月7日
2020年
1月
南海艦隊
628永州
(Yongzhou)
広州黄埔造船廠2019年
5月9日
2020年
1月
南海艦隊
609石嘴山
(Shizuishan)
上海滬東造船廠2019年
7月5日
2020年
東海艦隊
624随州
(Suizhou)
広州黄埔造船廠2019年
7月15日
2020年
南海艦隊
636済寧
(Jining)
上海滬東造船廠2019年
8月21日
2021年
2月4日
東海艦隊
600松原
(Songyuan)
大連遼南造船廠2019年
9月17日
2020年
10月28日
北海艦隊
602平頂山
(Pingdingshan)
大連遼南造船廠2019年
9月17日
2021年
3月5日
北海艦隊
629銅陵
(Tongling)
広州黄埔造船廠2019年
10月17日
2021年
南海艦隊
619南陽
(Nanyang)
武漢武昌造船廠2019年
11月8日
2021年
1月30日
東海艦隊
618商丘
(Shangqiu)
武漢武昌造船廠2019年
11月14日
2021年
2月
東海艦隊
637十堰
(Shiyan)
上海滬東造船廠2019年
12月25日
2021年
2月4日
東海艦隊
630アバ
(Ngawa)
広州黄埔造船廠2019年
12月30日
2021年
南海艦隊

P18N型

ナイジェリア海軍向けの派生型。艦載兵器は056型と比べて軽武装である[20]

#艦名造船所進水引渡し
F91 センテナリー
(Centenary)
武漢武昌造船廠 2014年
1月27日
2015年
2月19日
F92 ユニティ
(Unity)
2014年
9月11日
2016年
12月15日

C13B型

バングラデシュ海軍向けの派生型。満載排水量は1,330トンであり、056型と比べて若干少ない[30]

#艦名造船所進水引渡し
F111 シャディノータ
(Shadhinota)[30]
武漢武昌造船廠[30] 2014年
11月30日
2015年
12月11日[31]
F112プロットーイ
(Prottoy)[30]
2014年
12月30日
F113ショングラム
(Shongram)
2018年
2月12日[32]
2019年
3月28日[33]
F114プルッタッシャ
(Prottasha)
2018年
4月8日[34]

脚注

注釈

    出典

    1. 简氏:056轻护卫舰下水2艘 另有至少4艘在建 (2012年6月8日). 2012年10月8日閲覧。
    2. http://www.navyrecognition.com+(2013年3月18日).+“Type 056 Jiangdao Class Corvette - Chinese Navy (英語). 2013年3月28日閲覧。
    3. 中国網 (2011年5月23日). 中国の新型護衛艦が来年進水 釣魚島で活躍か”. 2013年5月21日閲覧。
    4. 环球网 (2013年5月7日). 图解《2013中国军力报告》 (中国語). 2013年5月21日閲覧。
    5. 中国網 (2013年2月28日). 中国新型護衛艦が就役 近海防御のアップグレードを示す”. 2013年2月28日閲覧。
    6. 中国網 (2005年1月23日). 2208隐身导弹艇的战术抉择 (中国語). 2015年6月16日閲覧。
    7. 新浪军事. 黄水到蓝水的过渡——揭秘中国海军037系列护卫艇(图集) (中国語). 2015年6月16日閲覧。
    8. Feng Cao (2013年3月4日). China’s New Frigate by the Numbers (英語). 2013年5月21日閲覧。
    9. 大塚 2014.
    10. Wertheim 2013, p. 124.
    11. 陸 2018.
    12. 「現代の中国軍艦」『世界の艦船』第774号、海人社、2013年3月、 21-51頁、 NAID 40019570917
    13. 新浪航空 (2008年11月5日). 中国拉姆面世:FL-3000N飞豹近防系统公开展示 (中国語). 2013年5月18日閲覧。
    14. 竹田 2015.
    15. A Look at China’s Growing International Arms Trade”. USNI News. United States Naval Institute (2015年5月7日). 2015年6月6日閲覧。
    16. Bangladesh's new C13B corvettes start sea trials ahead of more orders”. IHS Jane's 360 (2015年7月13日). 2015年7月14日閲覧。
    17. CHINA’S MILITARY AGREEMENTS WITH ARGENTINA: A POTENTIAL NEW PHASE IN CHINA-LATIN AMERICA DEFENSE RELATIONS (pdf)” (English). 米中経済安全保障委員会 (2015年11月5日). 2019年6月21日閲覧。
    18. “Could China Help Ignite a Second War over the Falkland Islands?”. ナショナル・インタレスト. (2018年9月14日). https://nationalinterest.org/blog/buzz/could-china-help-ignite-second-war-over-falkland-islands-31197 2019年6月21日閲覧。
    19. “The Gambia's president declares state of emergency” (英語). BBC News. (2017年1月17日). https://www.bbc.com/news/world-africa-38652939 2017年1月18日閲覧。
    20. Saunders 2017, p. 153.
    21. Andrew Tate (2016年2月24日). PLAN commissions 25th Type 056 corvette”. Jane's 360. IHS Markit. 2016年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月24日閲覧。
    22. Gabriel Dominguez (2016年12月14日). Chinese navy commissions two more Jiangdao-class corvettes”. Jane's 360. IHS Markit. 2016年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月14日閲覧。
    23. Andrew Tate (2016年12月30日). PLAN commissions 30th Jiangdao-class corvette”. Jane's 360. IHS Markit. 2017年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月20日閲覧。
    24. 艦船知識 2018.
    25. Andrew Tate (2017年1月19日). PLAN commissions 31st Jiangdao-class corvette”. Jane's 360. IHS Markit. 2017年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月20日閲覧。
    26. Andrew Tate (2017年4月3日). China commissions another corvette, launches more frigates”. Jane's 360. IHS Markit. 2017年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月4日閲覧。
    27. Ridzwan Rahmat (2017年7月13日). China commissions Type 056 corvette into South Sea Fleet”. Jane's 360. IHS Markit. 2017年7月13日閲覧。
    28. Gabriel Dominguez (2018年1月17日). Chinese navy commissions another Type 056A corvette”. Jane's 360. IHS Markit. 2018年1月18日閲覧。
    29. Gabriel Dominguez (2017年11月28日). China commissions another Type 056A corvette”. Jane's 360. IHS Markit. 2017年11月30日閲覧。
    30. Mrityunjoy Mazumdar (2015年7月13日). “Bangladesh's new C13B corvettes start sea trials ahead of more orders”. IHS Markit. オリジナルの2016年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160304085415/http://www.janes.com/article/52945/bangladesh-s-new-c13b-corvettes-start-sea-trials-ahead-of-more-orders 2015年7月17日閲覧。
    31. Mrityunjoy Mazumdar (2016年1月12日). “Bangladesh Navy receives two new corvettes”. IHS Markit. オリジナルの2016年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160304070336/http://www.janes.com/article/57168/bangladesh-navy-receives-two-new-corvettes 2016年2月11日閲覧。
    32. Gabriel Dominguez (2018年2月14日). “China launches third Type C13B corvette for Bangladesh Navy”. IHS Markit. http://www.janes.com/article/77904/china-launches-third-type-c13b-corvette-for-bangladesh-navy 2018年2月27日閲覧。
    33. Gabriel Dominguez (2019年4月29日). “Bangladesh Navy receives final two Chinese-made Type C13B corvettes”. IHS Markit. https://www.janes.com/article/88149/bangladesh-navy-receives-final-two-chinese-made-type-c13b-corvettes 2019年4月30日閲覧。
    34. Gabriel Dominguez (2018年4月9日). “China launches fourth and final Type C13B corvette for Bangladesh Navy”. IHS Markit. http://www.janes.com/article/79108/china-launches-fourth-and-final-type-c13b-corvette-for-bangladesh-navy 2018年4月15日閲覧。

    参考文献

    関連項目

    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.