鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニア(そけいヘルニア)とは、上部の鼠径靭帯鼠径部の皮下に出るヘルニアのこと。別名、脱腸(だっちょう)。

発病箇所と原因

男性では、27%と非常に高率で起きる、睾丸は温度が低いと、腹腔内に入り、暑いと陰嚢に下がってくる。睾丸が腹腔内に入ったり出たりする通路に腸が入り込んで起こる。腹腔外に出た腸が捩れて戻れなくなった場合、壊死を起こして生命に危険となる。

女性でも3%に発生するという報告[1]がある。 男性に多い外側のヘルニアの場合、陰囊内で睾丸が異常な状態で下降するとき先天的に発病する。その時、腫瘤ができ、発病が確認される。ひどい場合陰囊に腫瘤ができる。

女性のヘルニアは、大陰唇皮下に発病。

腸管がねじれ嵌頓ヘルニアを併発する可能性があるため危険。

治療

鼠径ヘルニア手術は、外科手術の中でも非常によく行われるもののひとつである。

などがある。

脚注

  1. John T Jenkins, Patrick J O’Dwyer (2008). “Inguinal hernias”. BMJ 336: 269272. doi:10.1136/bmj.39450.428275.AD.
  2. http://www.jreast.co.jp/hospital/consultation/syokaki-geka/hernia.htm
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.