鼠咬症

鼠咬症(そこうしょう、rat-bite fever)とは異なる2種の原因菌により起こる、別の感染症の総称であり、人獣共通感染症の一つ。鼠咬熱(そこうねつ、rat-bite fever)とも呼ばれる。鼠咬症スピロヘータ感染症および、モニリホルム連鎖桿菌感染症が存在する。

原因

鼠咬症スピロヘータ感染症の原因菌はSpirillum minus、モニリホルム連鎖桿菌感染症の原因菌はStreptobacillus moniliformis(ストレプトバチルス・モニリホルム)。

疫学

ヒトはネズミの咬傷により感染する。日本では前者による疾病が多い。

症状

前者では感染1~2週間後に発熱、咬傷部の潰瘍、局所リンパ節の腫脹。後者では感染10日以内に発熱、頭痛、多発性関節炎、局所リンパ節の腫脹。両者とも心内膜炎、肺炎、肝炎などを発症することもある。両者とも一般にネズミに対しては無症状。

治療

感受性のある抗生物質を使用する。

予防

関連項目

参考文献

  • 清水悠紀臣ほか 『動物の感染症』 近代出版 2002年 375頁 ISBN 4874020747
  • 明石博臣ほか3名編 『動物微生物学』 朝倉書店 2008年 209頁 ISBN 9784254460285
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.