鼠ヶ関

日本 > 山形県 > 鶴岡市 > 鼠ヶ関
鼠ヶ関
山形・新潟県境
鼠ヶ関
北緯38度33分19.91秒 東経139度32分55.83秒
日本
都道府県 山形県
市町村 鶴岡市
地域 温海地域[1]
地区 第四地区[1]
人口
2017年(平成29年)6月30日現在)[2]
  合計 1,205人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
999-7126
市外局番 0235
ナンバープレート 庄内
※座標は鼠ケ関駅付近

鼠ヶ関(ねずがせき)は、山形県鶴岡市大字である。郵便番号は999-7126。

地理

鶴岡市の南西部に位置し、新潟県との県境に面している。北から時計回りに早田槇代小国小名部、新潟県村上市中浜、村上市伊呉野と接する。

特に伊呉野とは市街地が連続しており、伊呉野も鼠ヶ関の一部のように扱われることがある(例えば庄内交通バスの伊呉野停留所は、上りが山形県内、下りが新潟県内に設置されている)。そのため全国的にも珍しい「漁村の集落の中に引かれている県境」が存在する。

歴史

義経上陸地碑

蝦夷に対して置かれた城柵の一つである都岐沙羅柵が鼠ヶ関周辺にあったのではないかという説があるが、確たる証拠は発見されていない[3]

平安時代には白河関勿来関とともに奥羽三関と呼ばれ、東北地方への玄関になっていた。当時の文書には根津とする表記もある。1968年(昭和43年)に発掘調査が行われて存在が確認され、鶴岡市指定史跡「古代鼠ヶ関址」となった。

江戸時代には「念珠関」「念珠ヶ関」と表記されており(読みは同じく「ねずがせき」)、現在の県境より1kmほど北にあって、1872年(明治5年)に廃止されるまで北国街道羽州浜街道の境になっていた。1924年(大正13年)頃に「史蹟念珠関址」として内務省指定史蹟に認定。その後、古代鼠ヶ関址の発掘によって1989年(平成元年)に鶴岡市指定史跡「近世念珠関址」となった。「念珠関」の表記は1889年(明治22年)から1954年(昭和29年)まで存在した自治体「念珠関村」にも使われていた。

海に突き出した弁天島源義経の東下り縁の地である。現在は灯台が設置されており、付近を航行する船舶の目印となっている。

沿革

施設・名所

鼠ヶ関港

鼠ヶ関港

地方港湾の鼠ヶ関港がある。江戸時代には北前船が寄港する港でもあった。

山形県有数の漁港であり、冬になるとイカの寒干しの風景が良く見られる。近辺には魚料理の店が多く、休日になると山形県・新潟県から多くのドライブ客がやってくる。隣接して鼠ヶ関海水浴場があり、夏には、山形県有数の海水浴場として賑わう。釣り客も多く、多くの民宿が軒を連ねている。

現在、鼠ヶ関港の防波堤の外側を、日本海を行き交う大型船の避泊地として使用するため、西防波堤の設置と海底の浚渫による平佐浜泊地整備事業を行っている。

弁天島

弁天島
左は鼠ヶ関灯台、右は厳島神社社叢

厳島神社鼠ヶ関灯台がある。

マリンパークねずがせき

鼠ヶ関マリーナ

鼠ヶ関マリーナ

日本海側屈指の規模を誇るマリーナで、多くのプレジャーボートやヨットが係留されている。庄内地方におけるマリンスポーツの拠点となっており、「べにばな国体」、「国際FJ級ヨット世界選手権大会」といった大きな大会の会場として使用された。

収容隻数
水域 - 0隻、陸域 - 194隻
水面係留を前提として設置された施設ではない。
主要施設
クラブハウス、更衣ロッカー、シャワー、駐車場、上下架施設、給水設備、給電設備、トイレ
マリンショップ、ガソリンスタンドは、近隣に民間経営のものがある。
ビジター受け入れ
行っている。1日4,840円。

念珠の松庭園

念珠の松庭園

山形県指定天然記念物の大樹。太い枝が20メートル横に伸びている。庭園は造園家の中島健が手がけたもの[5]

関所跡

古代鼠ヶ関址
奥羽三大古関のひとつ。鶴岡市指定史跡に指定されている[6]
近世念珠関址
江戸時代、酒井氏が当地に入部して以降、移転・整備されたもの。市指定史跡[7]

交通

鉄道路線

鼠ケ関駅

道路

脚注

  1. 鶴岡市の人口 平成22年国勢調査確報値における III.町・丁・大字区分についてxls に拠る。2013年6月9日閲覧。
  2. 住民基本台帳人口 世帯数 (日本語). 鶴岡市 (2017年7月3日). 2017年7月23日閲覧。
  3. 工藤雅樹『城柵と蝦夷』22頁。工藤は念珠ヶ関説を有力と紹介しつつ、自らは疑問視する。
  4. 新「鶴岡市」の住所(町名・字名)一覧に拠る。2013年6月9日閲覧。
  5. 念珠の松庭園”. 山形県鶴岡市観光連盟. 2019年5月5日閲覧。
  6. 古代鼠ヶ関址”. 山形県鶴岡市観光連盟. 2019年5月5日閲覧。
  7. 近世念珠関址”. 山形県鶴岡市観光連盟. 2019年5月5日閲覧。

参考文献

  • 工藤雅樹『城柵と蝦夷』(考古学ライブラリー51)、ニューサイエンス社、1989年。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.