黒田和志

黒田 和志(くろだ よりゆき、1851年9月8日(嘉永4年8月13日[1])- 1917年大正6年)1月21日[1][2])は、明治・大正期の裁判官政治家華族貴族院子爵議員

黒田和志

経歴

対馬府中藩主・宗義和の六男として生まれる[1][3]。旧久留里藩黒田家当主・黒田鏻子(れいこ、故久留里藩主黒田直和二女)の入夫となり、1881年4月14日に家督を継承[1]1884年7月8日に子爵を叙爵した[4]

1882年5月、大審院書記に任官[2][3]。以後、仙台始審裁判所判事補、長崎控訴院書記、横浜地方裁判所書記、横浜区裁判所公証人などを務めた[2][3]

1897年7月、貴族院子爵議員に選出され[5]、死去するまで在任した[2]日露戦争の功により勲四等に叙し、旭日小綬章を賜る[6]

1917年1月、東京市四谷区四谷伝馬町新一丁目の自宅で病のため死去した[7]

親族

孫の黒田雅子

脚注

  1. 『平成新修旧華族家系大成』上巻、572-573頁。
  2. 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』43頁。
  3. 『華族畫報』下、606頁。
  4. 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  5. 『官報』第4248号、明治30年8月28日。
  6. 黒田和志『人事興信録. 4版』人事興信所、1915、く17
  7. 『大正過去帳』15頁。
  8. 『人事興信録』第4版 、く17頁。
  9. 黒田広志『人事興信録. 10版(昭和9年) 上卷』人事興信所、1934
  10. 馬場本店公益社団法人千葉県観光物産協会、2014年9月17日
  11. 馬場善兵衛『人事興信録. 4版』人事興信所、1915
  12. 『財界三十年譜』実業之世界社, 1940、p144
  13. 虚業家”による似非ベンチャー投資ファンドとリスク管理―大正期“印紙魔”三等郵便局長による郵政資金二百万円超の散布実態小川功、滋賀大学経済学部研究年報Vol.14 2007
  14. 黒田広志『人事興信録. 第8版(昭和3年)』人事興信所、1928、ク77
  15. 星野源兵衛『人事興信録. 第8版(昭和3年)』人事興信所、1928、pホ9

参考文献

  • 杉謙二編『華族畫報』下、吉川弘文館、2011年(華族画報社大正2年刊の複製)。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 『大正過去帳 物故人名辞典』東京美術、1973年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第4版、1915年。
日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
久留里譜代黒田家初代
1884年 - 1917年
次代:
黒田広志
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.