黒木勘蔵

黒木勘蔵(くろき かんぞう、1882年9月10日1930年10月8日)は、現在の長野県茅野市出身の大正から昭和初期にかけての日本近世文学研究者。とくに、浄瑠璃および元禄歌舞伎に関する研究に多くの業績がある。

略歴

長野県諏訪郡玉川村茅野市)に生まれる。旧制諏訪実科中学(長野県諏訪清陵高等学校)、長野師範学校を経て、1908年早稲田大学卒。師である高野辰之の下で、東京音楽学校邦楽調査部で近世邦楽を研究、のち早稲田大学文学部講師。1925年東京高等師範学校教授浄瑠璃および元禄歌舞伎を研究。

著書

校訂

参考

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.