黄老思想

黄老思想(こうろうしそう)は、古代中国戦国時代末期から代初期に流行した、道家または法家雑家政治思想である。黄老の学黄老の術、黄老道ともいう。黄帝老子に仮託されることからこのように称される。

一言でいえば、「無為而治」(無為にして治まる、何もしなくても治まる、何もしない方が却って治まる)という思想。具体的には、君主が政治に過度に干渉することを避け、天道に背く勝手な行動をとることを禁じ、さらに統治にかかるコストを下げるべきとする思想である。

黄帝四経』と『老子』をその思想的根拠・経典とする。『史記』によれば、稷下の学士である慎到田駢接予環淵がその代表的人物である。また、『史記』老子韓非子列伝では、申不害韓非子を「黄老に本づき刑名をたっとぶ」として、法家の刑名思想(形名思想ともいう、君主が臣下を巧みに統御する思想)を黄老に由来するとしている。そのことから黄老刑名の学とも呼ばれる。そのほか、宋銒尹文・『管子』・『淮南子』・『鶡冠子』なども黄老思想の関連人物・思想書とみなされる。

受容

黄老思想は前漢前期に流行し、曹参汲黯田叔らによって伝えられた[1]。とりわけ、文帝の妻の竇太后が黄老の書を好み、子の景帝・孫の武帝の治世初期まで黄老思想にもとづく政治が敷かれた[2][3]。その間の時代は「文景の治」と呼ばれる黄金時代と重なる。

しかしその後、竇太后の死を契機として黄老思想の支持勢力は衰退し、公孫弘に代表される儒者にとって代わられた[2]。ただし、『老子』はその後も重んじられ続け、劉向馬融による注釈や『』との接近を経て、後漢末期から三国時代には初期道教玄学の経典になった[4]

『黄帝四経』は早期に散逸していたが、1973年馬王堆漢墓三号墓から、『黄帝四経』にあたると推定される四篇の文章『経法』『十六経』『称』『道原』、および『老子』の異本が記された帛書が発見された。そのような経緯から、黄老思想の詳細な研究は20世紀末から始まった。

関連項目

脚注

  1. 『史記』楽毅列伝には、曹参に到るまでの黄老の学の系譜が書かれており、河上丈人→安期生→毛翕公→楽瑕公→楽臣公→蓋公→曹参となっている。このうち、楽臣公と蓋公は実在が確かめられる人物である。
  2. 井ノ口 2012, p. 31f.
  3. 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:『史記』外戚世家
  4. 井ノ口 2012, p. 64f.

関連文献

  • 浅野裕一 『黄老道の成立と展開』 創文社、1992年。ISBN 978-4423192405。
  • 池田知久 『馬王堆出土文献訳注叢書 老子』東方書店、2006年。ISBN 978-4497206053
  • 井ノ口哲也 『入門 中国思想史』 勁草書房、2012年。ISBN 978-4326102150。
  • 金谷治 「第3部 諸派の思想」 『金谷治中国思想論集 中巻』 平河出版社、1997年。ISBN 978-4892032868。
  • 澤田多喜男 『黄帝四経 馬王堆漢墓帛書老子乙本巻前古佚書』 知泉書館、2006年。ISBN 978-4901654777。
  • 朱淵清 著、高木智見 『中国出土文献の世界―新発見と学術の歴史』 創文社、2006年。ISBN 4423450062。
  • 曹峰 『近年出土黄老思想文献研究』 中国社会科学出版社、2015年。ISBN 978-7516157084。(中国語)
  • 曹峰 『中国古代"名"的政治思想研究』 上海古籍出版社、2017年。ISBN 978-7532584840。(中国語)
  • Cao, Feng (2018), Daoism in Early China: Huang-Lao Thought in Light of Excavated Texts, London: Palgrave Macmillan, ISBN 978-1137557223(英語)
  • 芳賀良信 「『経法』の形名思想における思惟形式」 『礼と法の間隙―前漢政治思想研究』 汲古書院、2000年。ISBN 9784762997334。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.