黄初

黄初(こうしょ)は、三国時代の文帝曹丕の治世に行われた最初の元号である。220年 - 226年

五行説では黄色は「土」を表し「火徳」の漢王朝の後を継ぐのは「土徳」の王朝であるという当時の認識から(例:「黄巾の乱」)、「土徳」の始まりという意味で「黄初」と制定された。

出来事

西暦・干支との対照表

黄初元年2年3年4年5年6年7年
西暦220年221年222年223年224年225年226年
干支庚子辛丑壬寅癸卯甲辰乙巳丙午

他元号との対照表

黄初元年2年3年4年5年6年7年
建安25建安26
章武元
章武2章武3
建興元
建興2建興3建興4
--黄武元黄武2黄武3黄武4黄武5

参考文献

  • 三国志』(中華書局 1974年)
  • 『中国歴代年号考』李崇智(中華書局 2004年)

関連項目

前の元号:
延康後漢
中国の元号
次の元号:
太和
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.