麻雀かぐや姫

麻雀かぐや姫』(まーじゃんかぐやひめ)は、1988年にアーケードゲームとして日本物産が開発、三木商事が発売した脱衣麻雀ゲームである。1989年には続編の「麻雀かぐや姫 其の弐」(タイトル画面の表示は其の二)が発売されている。 本作は、アーケードの脱衣ゲームでトップクラスと言われるほどのご褒美画像の過激さで知られる。

麻雀かぐや姫
ジャンル 脱衣麻雀ゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 日本物産
発売元 三木商事
人数 1人
発売日 [AC]1988年

本作のシナリオは三木商事社長・三木修二が考案し、デザインはニチブツ側のデザイナーが手掛けた。

三木修二はインタビューの中で、本作は中国において「姫麻雀」という名称で人気を博し、40万枚の基板を売り上げたと話す一方、中国向けに販売したオリジナルの基板が1000枚程度であり、中国に流通していた基板の多くが違法にコピーされたものであると明らかにしている[1]。また、三木はコピー基板のうちの6000~7000枚が日本にも出回っていたと話している[1]

脚注

  1. 八木 貴弘 (2019年8月20日). 本の街を見守ってきた老舗ゲーセンが残したもの~神保町ゲーセン「ミッキー」~後編”. ゲーム文化保存研究所. 2020年3月5日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.