麻婆春雨

麻婆春雨(まーぼーはるさめ)は、春雨挽肉等を炒めた創作中華料理1981年永谷園が家庭向け惣菜の素として販売したことで知られる。

歴史

1979年、永谷園は当時開発企画室長であった能登原隆史を「ぶらぶら社員」として任命[1]。日本だけではなく、世界中を旅行[2][3]、レストラン・料理店を食べ歩くうちに[4]、とある料理店で食べた濃い味の中華スープからヒントを得て[5]、春雨と豚肉、たけのこ、きくらげ、ピーマンを使用した惣菜、『麻婆春雨』を開発する[1]麻婆豆腐と同様の味付けをした具入りソースと春雨などがセットになっており、他の材料を用意せずそのまま調理して完成することが特徴[6]

1981年昭和56年)11月から九州地方で先行発売[1]。発売後、月商1億円の売り上げを達成し、西日本、信越まで販売地域を拡大[7]。永谷園の『麻婆春雨』はヒットし、のちの『チャーハンの素』や『すし太郎』の開発のノウハウ、販売するきっかけになっているという[4]

永谷園の麻婆春雨は1983年(昭和58年)には和田アキ子のCMで爆発的ヒットし、年売上7億となる[4]1988年(昭和63年)には、年10億円、1994年には年13億の売り上げとなる[4]

1997年平成9年)には年30億円の売り上げを達成するも、このころになると、類似商品が市場に進出している。同年にはケンミン食品の『麻婆ビーフン』に対して販売差し止めの裁判も起こしている[8]1999年(平成11年)には味の素から『ごはんがススムくん 麻婆春雨』、丸美屋食品工業から『春雨シリーズ』がそれぞれ発売されている[9]

なお、類似する古典的な四川料理の一つとして「螞蟻上樹」(春雨と挽肉の炒め煮、直訳すると「木登りするアリ」の意味)がある。

出典

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.