鶴林寺 (江蘇省)

鶴林寺(かくりんじ)は中国江蘇省鎮江市潤州区黄鶴山にある牛頭宗寺院

起源と歴史

大興4年(321年)に竹林寺として建立された。南朝の武帝(劉裕)が、即位する前に訪れて、寺院の重飾を誓い、即位後、重飾が行われ、名を鶴林寺に改めた。代には牛頭宗の拠点寺院の1つとなり、牛頭智威鶴林玄素などが住んで布教した。また、風光明媚な場所にあるため、唐代からたびたび詩人に詠まれており、蘇軾李渉が詩文を残している。

外部リンク

鎮江旅游 - 閉鎖。(2007年3月11日時点のアーカイブ

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.