鬼一法眼

鬼一法眼(きいちほうげん[1][注 1])は、室町時代初期に書かれた『義経記』巻2に登場する伝説上の人物[1]。「法眼」とは僧侶に対する尊称であって、名前ではない[1]

鬼一法眼と御厩喜三太

一条堀川に住んだ僧侶の身なりの陰陽師法師[1]。『六韜』という兵法の大家でもあり、文武の達人とされる。源義経がその娘と通じて伝家の兵書『六韜』を盗み学んだという伝説で有名。また剣術においても、京八流の祖として、また剣術の神として崇められている。

浄瑠璃「鬼一法眼三略巻」(長谷川千四文耕堂、1731年、竹本座)でも広く知られた。

京都市左京区鞍馬本町鞍馬小学校横には、「鬼一法眼之古跡」という石碑があり、鬼一法眼の屋敷跡とも墓とも伝えられている。なお、石碑の建立は大正4年11月10日、鞍馬校職員生徒によるもの。

また、鞍馬寺境内には鬼一法眼を祀る鬼一法眼社がある。

鬼一法眼を演じた人物

脚注

注釈

  1. 古くは鬼一を「おにいち」とも読んだ。[2]

出典

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.