高雄神社

高雄神社(たかおじんじゃ)は、日本統治時代台湾高雄州高雄市寿町(現在の高雄市鼓山区)にあった神社である。

高雄神社
所在地 台湾高雄州高雄市寿町
(現:高雄市鼓山区
位置 北緯22度37分35.2秒
東経120度16分25.7秒
主祭神 能久親王
大物主命
崇徳天皇
社格 県社
創建 1910年明治44年)
地図
高雄神社

祭神

社格県社で、能久親王大物主命崇徳天皇を祭神としていた。

歴史

1910年(明治43年)2月5日、寿山の下に打狗金刀比羅神社の社名で創建された。[1]1920年大正9年)5月、能久親王が増祀され、打狗神社に改称された。同年12月、更に高雄神社に改称された。1928年(昭和3年)11月8日に社殿を寿山の中腹に遷座し、1932年(昭和7年)4月22日に県社に列格した。

戦後、跡地には高雄市忠烈祠が建てられた。1973年には社殿が建て替えられた。

遺構

参道、大鳥居(戦後に屋根を設置)、狛犬、大燈籠の一部などが残る。
2018年には境内にあった燈籠が復元され、再設置された。
参道下にあった高雄市武徳殿は、小学校施設を経たのち復原され、現在も武道場として使用されている。

脚注

  1. 文化部文化資產局--國家文化資產網”. nchdb.boch.gov.tw. 2020年5月20日閲覧。

外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、高雄神社に関するカテゴリがあります。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.