高知県警察部

高知県警察部(こうちけんけいさつぶ)は、戦前の内務省監督下の高知県が設置した府県警察部であり、高知県内を管轄区域とする。

1948年(昭和23年)3月6日に廃止となり、高知県警察部は国家地方警察高知県本部高知市警察などの自治体警察に再編されることになった。

沿革

  • 1876年(明治9年)3月 高知県庁第四課を設置。
  • 1880年(明治13年)4月 高知県警察本署に改称。
  • 1886年(明治19年)7月 高知県警察本部に改称。
  • 1890年(明治23年)10月 高知県警察部に改称。
  • 1905年(明治38年)4月 高知県第四部に改称。
  • 1907年(明治40年)7月 高知県警察部に改称。
  • 1928年(昭和3年)7月 特別高等課(特別高等警察)を設置。
  • 1945年(昭和20年)10月 特別高等警察が廃止。
  • 1946年(昭和21年)2月 公安課(公安警察)を設置。
  • 1948年(昭和23年)3月6日 廃止。

組織

1927年(昭和2年)時点

  • 警務課
  • 高等課
  • 刑事課
  • 保安課
  • 衛生課

警察署

  • 1876年(明治9年)6月:第八大区三小区本町弘小路に警察出張所を設置。
  • 1876年(明治9年)10月:県内5ヵ所に警察出張所を設置。
    • 第一警察出張所
    • 第二警察出張所
    • 第三警察出張所
    • 第四警察出張所
    • 第五警察出張所
  • 1876年(明治9年)12月:警察出張所の名称を改称。
    • 第一警察出張所を高知警察出張所
    • 第二警察出張所を田野警察出張所
    • 第三警察出張所を赤岡警察出張所
    • 第四警察出張所を須崎警察出張所
    • 第五警察出張所を中村警察出張所
  • 1880年(明治13年):警察署及び分署を設置。
  • 1889年(明治22年)3月時点
    • 高知警察署
    • 中村警察署
      • 宿毛分署
      • 川崎分署
    • 須崎警察署
      • 佐川分署
      • 高岡分署
    • 伊野警察署
    • 後免警察署
      • 本山分署
    • 赤岡警察署
      • 山田分署
    • 安芸警察署
      • 田野分署
      • 野根分署
  • 1927年(昭和2年)時点
    • 高知警察署
    • 高知水上警察署
    • 中村警察署
    • 宿毛警察署
    • 須崎警察署
    • 窪川警察署
    • 佐川警察署
    • 伊野警察署
    • 高岡警察署
    • 大篠警察署
    • 本山警察署
    • 赤岡警察署
    • 山田警察署
    • 安芸警察署
    • 室戸警察署

歴代部長

歴代部長[1]
官職名氏名就任日退任日前職後職備考
-少属
警察係長
鷲山直心1875年
-一等警部・大属
第四課長(警保課長)
大谷正吉1876年1月
-一等警部・権大属
第四課長
宮崎鉄幹1876年
-一等警部兼一等属
第四課長
弘瀬新一1877年
-第四課長増田穂風1877年
-二等警部
第四課長(警察課長)
藤正健1878年1879年-
-一等警部
警察課長
1879年1880年4月22日--
-一等警部
警察本署長
1880年4月22日
1警部長
警察本署長
田健治郎1882年2月28日1882年11月18日[2]高知県警部兼三等属[2]四等警視兼一等警察使[2]
2安楽兼道1882年11月18日1886年7月20日-
警部長
警察本部長
1886年7月20日[3]1886年8月12日-熊本県警部長[4]
3中原尚雄1886年8月12日1887年1月19日高知県警部[4]山梨県警部長[5]
4大鳥居次郎1887年1月19日1888年1月6日山梨県警部長[5]秋田県警部長[6]
5高橋仲次1888年1月6日1888年11月16日栃木県警部長[6]神奈川県警部長[7]
6田野熾1888年11月16日1890年1月7日埼玉県警部長[7]山形県警部長[8]
7古垣兼成1890年1月7日1890年10月11日山形県警部長[8]-
警部長
警察部長
1890年10月11日[9]1892年7月27日-茨城県警部長[10]
8和田勇1892年7月27日1896年8月25日茨城県警部長[10]広島県警部長[11]
9戸田恒太郎1896年8月25日1897年4月26日長野県警部長[11]青森県書記官[12]
10桜井高尚1897年4月26日1899年4月8日兵庫県典獄[12]鹿児島県警部長[13]
11水本兼孝1899年4月8日1900年1月20日[14]検事[13]栃木県警部長[14]
12依田銈次郎1900年1月20日[14]1903年7月16日奈良県警部長[14]山口県警部長[15]
13藤好乾吉1903年7月16日1905年4月19日福井県警部長[15]-
事務官
第四部長
警務長
1905年4月19日[16]1906年7月28日-休職[17]
14田中正太郎1906年7月28日1907年7月13日岡山県事務官[17]-
事務官
警察部長
警務長
1907年7月13日[18]1908年3月30日[19]-岩手県事務官[19]
15隈元清世1908年3月30日[19]1908年12月28日群馬県事務官[19]・警察部長休職[20]
16飯尾藤次郎1908年12月28日1913年2月1日大阪府警視[20]新潟県事務官[21]・警察部長[22]
17長延連1913年2月1日1913年6月13日香川県事務官[21]-
警察部長1913年6月13日[23]1914年6月9日-山梨県警察部長[24]
18和田純1914年6月9日1915年12月11日[25]朝鮮総督府判事[24]和歌山県警察部長[25]
19国府小平1915年12月11日1917年10月1日台湾総督府防疫事務官
兼同府警視
朝鮮総督府警務官
兼同府警視[26]
20浅利三朗[26]1917年10月1日1919年4月19日茨城県警察部長[26]新潟県警察部長[27]
21永井準一郎1919年4月19日1921年6月3日宮城県栗原郡[27]新潟県警察部長[28]
22木島茂1921年6月3日1922年10月16日福島県耶麻郡[28]長崎県警察部長[29]
23土居通次1922年10月16日1923年10月27日茨城県理事官[29]熊本県警察部長[30]
24阿部嘉七1923年10月27日1924年6月27日山形県理事官[30]岡山県警察部長[31]
25井上政信1924年6月27日1924年12月20日石川県理事官[31]-
書記官
警察部長
1924年12月20日[32]1925年9月17日-復興局事務官[33]
26本間太郎1925年9月17日1927年5月17日[34]群馬県書記官[33]石川県書記官[34]・警察部長
27郡茂徳1927年5月17日[34]1928年1月10日[35]愛媛県書記官[34]・警察部長宮崎県書記官[35]・内務部長[36]
28歌川貞忠1928年1月10日[36]1929年2月6日[37]石川県書記官[37]・警察部長[38]
29池田繁治1929年2月6日[37]1929年7月8日[39]北海道庁部長[37]和歌山県書記官[39]・警察部長
30粟屋仙吉1929年7月8日[39]1931年1月21日[40]北海道庁事務官[39]愛知県書記官[40]・警察部長
31鈴木登1931年1月21日[40]1931年12月24日[41]大阪府書記官[40]岡山県書記官[41]・警察部長
32中村四郎1931年12月24日[41]1932年6月30日[42]地方事務官[41]香川県書記官[42]・警察部長
33近藤壌太郎1932年6月30日[42]1933年4月12日香川県書記官[42]・警察部長内務事務官[43]
34赤木親之1933年4月12日1935年1月19日外務事務官兼内務事務官
関東庁事務官領事[43]
拓務書記官[44]
35広瀬永造1935年1月19日1936年4月25日[45]宮崎県書記官[44]・警察部長岡山県書記官[45]・警察部長
36橋本政実1936年4月25日[45]1937年7月8日[46]地方警視[45]文部書記官[46]
37安田穣1937年7月8日[46]1940年4月10日[47]地方事務官[46]石川県書記官[47]・警察部長
38石橋豊徳1940年4月10日[47]1942年5月23日警視庁警視[47]海軍司政官[48]
39羽根盛一1942年5月23日1942年11月1日警視庁事務官[48]-
部長
警察部長
1942年11月1日[49]1943年7月1日-栃木県部長[50]・警察部長
40鈴木允1943年7月1日1945年10月13日[51]愛媛県官房長[50]休職[51]
41橋爪清人1945年10月13日[51]1945年10月27日[52]--兼任
本務:高知県部長
42古屋亨1945年10月27日[52]1946年4月1日内務事務官
兼商工事務官[52]
-
地方事務官
警察部長
1946年4月1日[53]1946年4月25日-
43西原英次1946年4月25日1946年11月7日
44小杉平一1946年11月7日1947年5月2日群馬県警察部長
45奥野誠亮1947年5月2日1948年2月5日
46平井学1948年2月5日[54]1948年3月6日高知県警察長[55]

脚注

  1. 『高知県警察史 昭和編』70-71頁。『官報』により加筆、訂正。
  2. 田健治郎 アジア歴史資料センター Ref.A06051177500 
  3. 地方官官制(明治19年7月20日勅令第54号)
  4. 『官報』第937号、明治19年8月14日。
  5. 『官報』第1064号、明治20年1月20日。
  6. 『官報』第1354号、明治21年1月7日。
  7. 『官報』第1617号、明治21年11月17日。
  8. 『官報』第1956号、明治23年1月9日。
  9. 地方官官制(明治23年10月11日勅令第225号)
  10. 『官報』第2726号、明治25年7月29日。
  11. 『官報』第3949号、明治29年8月26日。
  12. 『官報』第4142号、明治30年4月27日。
  13. 『官報』第4728号、明治32年4月10日。
  14. 『官報』第4964号、明治33年1月22日。
  15. 『官報』第6012号、明治36年7月17日。
  16. 『官報』第6538号、明治38年4月20日。
  17. 『官報』第6925号、明治39年7月30日。
  18. 『官報』第7212号、明治40年7月15日。
  19. 『官報』第7425号、明治41年3月31日。
  20. 『官報』第7654号、明治41年12月29日。
  21. 『官報』第152号、大正2年2月3日。
  22. 『官報』第153号、大正2年2月4日。
  23. 『官報』第262号、大正2年6月14日。
  24. 『官報』第557号、大正3年6月10日。
  25. 『官報』第1010号、大正4年12月13日。
  26. 『官報』第1551号、大正6年10月2日。
  27. 『官報』第2012号、大正8年4月21日。
  28. 『官報』第2652号、大正10年6月4日。
  29. 『官報』第3065号、大正11年10月18日。
  30. 『官報』第3357号、大正12年10月30日。
  31. 『官報』第3554号、大正13年6月28日。
  32. 『官報』第3701号、大正13年12月22日。
  33. 『官報』第3922号、大正14年9月18日。
  34. 『官報』第113号、昭和2年5月18日。
  35. 『官報』第308号、昭3年1月11日。
  36. 『官報』第309号、昭3年1月12日。
  37. 『官報』第631号、昭4年2月7日。
  38. 『官報』第632号、昭4年2月8日。
  39. 『官報』第757号、昭4年7月9日。
  40. 『官報』第1217号、昭6年1月22日。
  41. 『官報』第1498号、昭6年12月26日。
  42. 『官報』第1650号、昭7年7月1日。
  43. 『官報』第1883号、昭8年4月13日。
  44. 『官報』第2413号、昭10年1月21日。
  45. 『官報』第2793号、昭11年4月27日。
  46. 『官報』第3154号、昭12年7月9日。
  47. 『官報』第3977号、昭15年4月11日。
  48. 『官報』第4609号、昭17年5月25日。
  49. 『官報』第4744号、昭和17年11月2日。
  50. 『官報』第4940号、昭18年7月2日。
  51. 『官報』第5635号、昭和20年10月23日。
  52. 『官報』第5644号、昭和20年11月2日。
  53. 地方官官制(大正15年6月4日勅令第147号)の東京都官制中改正等ノ件(昭和21年4月1日勅令第220号)による改正に伴い地方事務官となる。
  54. 『官報』第6417号、昭和23年6月8日。
  55. 『官報』第6499号、昭和23年9月11日。

参考文献

  • 高知県警察史編さん委員会編『高知県警察史 昭和編』高知県警察本部、1979年。
  • 『高知県史 近代編』高知県、1970年。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.