高田淳

高田 淳(たかた あつし、1925年5月28日 - 2010年4月9日)は、中国文学者中国思想学者、学習院大学名誉教授

朝鮮京城に生まれる。父は大分県出身で中国思想学者の高田眞治、母方の祖父は英文学者の皆川正禧。1945年第一高等学校休学中に入営、満州で敗戦を迎え、47年帰国。52年東京大学中国文学科卒、大学院進学。53年大倉山学院給費生。57年学習院高等科教諭。64年東京女子大学専任講師、助教授、72年東大文学部助教授、74年学習院大学教授、96年定年退任、名誉教授。

墨家名家など諸子百家から、グラネなど現代中国学魯迅など近代文学、章炳麟など近代思想、王船山など前近代の易学まで幅広く論じた。

著書

翻訳

参考文献

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.