高橋真理子 (ジャーナリスト)

高橋 真理子(たかはし まりこ、1956年 - )は、日本科学ジャーナリスト東京大学理学部物理学科を卒業後、朝日新聞社入社。一貫して科学(物理、医療、環境)分野のジャーナリズムを担当している。2011年4月から朝日新聞の編集委員。主なテーマ「科学と社会」。日本科学技術ジャーナリスト会議・副会長[1]

たかはし まりこ
高橋 真理子
生誕1956年
日本東京都
出身校東京大学理学部物理学科
職業科学ジャーナリスト

朝日新聞がウェブで展開する言説空間「WEBRONZA」の科学・環境ジャンルに随時寄稿しているほか、朝日グループのジャーナリズムTV「朝日ニュースター」(衛星チャンネル)のトーク番組「科学朝日」に案内役としてレギュラー出演している[2]

略歴

以下の情報の出典[2]

  • 東京都出身
  • 1979年3月 東京大学理学部物理学科 卒業
  • 1979年4月 朝日新聞社入社、
  • 1997年4月 朝日新聞、岐阜支局、東京本社科学部、出版局「科学朝日」編集部、大阪本社科学部次長を経て、論説委員(科学技術、医療担当)
  • 2004年9月 朝日新聞、東京本社科学医療部次長
  • 2006年12月 朝日新聞、科学エディター(科学部長)
  • 2011年4月 朝日新聞、編集局記者、経営企画室主査を経て、編集委員。主なテーマ「科学と社会」

著書

原著

  • 『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』(共著)朝日新聞出版 2014年8月 ISBN 978-4-02-273500-3
  • 『最新子宮頸がん予防 ワクチンと検診の正しい受け方』朝日新聞出版 2011年11月 ISBN 978-4-02-330939-5

訳書

  • 『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』1997年9月 ISBN 978-4535782532
  • 『ノーベル賞を獲った男』(共訳)1988年11月 ISBN 978-4022559296

脚注・文献

  1. JASTJ について”. 2014年9月28日閲覧。
  2. 2011 年度「研究・技術経営論」 - 九州経済連合会 詳細シラバス (2011年9月28日). 2014年9月28日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.